イメクラBerryz工房 part7
1 :名無し募集中。。。:2006/10/29(日) 22:09:28.62 0
仲良し7人そろってます
おつまみ大好き7人です

個性豊か、最高だね〜♪

みなさんの妄想のかなう当店にようこそ!!

前スレ
http://ex11.2ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1160488139/

2 :名無し募集中:2006/10/29(日) 22:13:51.54 O
りしゃまんペロペロ茉麻まんペロペロ ハムまんペロペロ 電柱まんペロペロ 桃まんペロペロ

3 :名無し募集中。。。:2006/10/29(日) 22:20:09.77 0
佐紀ちゃんをべっこうあめでコーティング
全身をペロンヌペロンヌするプレイでお願いします

4 :名無し募集中。。。:2006/10/29(日) 22:53:18.79 O
キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!
>>1

5 :名無し募集中。。。:2006/10/29(日) 23:03:04.91 O
前スレしっかり保全出来なくて落ちてしまったな…
職人の皆さんごめん!

6 :358148001605968:2006/10/29(日) 23:16:00.81 O
>>1
乙!

7 :名無し募集中。。。:2006/10/29(日) 23:24:52.35 O
待ってました!

8 :名無し募集中。。。:2006/10/29(日) 23:26:27.46 O
今日は桃子の誕生日。
しかし今僕は、電話も出てもらえず、メールも返事がこない。話しかけても聞いてもらえない。原因は、桃子の誕生日プレゼントを買うために雅と2人で出かけた。それを偶然見かけた桃子が二股と勘違いしているためだ。
残る連絡手段は手紙しかない。そう思った僕は、朝早く学校へ行くと、桃子の上靴に1枚のメモを入れる。
「放課後、話しがあるからいつもの公園で待ってる」
果たして桃子は来てくれるだろうか…
授業中。視線を感じ振り返ると、桃子と目が合う。不機嫌そうに視線をそらす桃子に落ち込む僕。
そして放課後…
授業が終わるとすぐに教室を飛び出し、公園へ向かう。用意したプレゼントを確認しながら、ベンチへと座る。
桃子は来てくれるだろうか…


9 :名無し募集中。。。:2006/10/29(日) 23:30:27.55 O
どれくらい待っただろうか。来てくれないのかなぁ…そう思いながら時計をみる。
最後にもう一度だけ電話してみよう。コール音が鳴る…1回2回………諦めて切ろうとした時。
「ハイ」電話の奥から聞こえる桃子の声。
「あっ…俺だけど…今どこにいる?もしこれるなら公園に来てほしいんだけど…」
返事がない…切れたかと思って確かめるが、通話中のままだ。
「桃子?」不安になって呼びかけると、後ろから「なによぉ」と聞こえる。驚いて振り返ると桃子がいた。
「来てくれないかと思った…」僕がそう言うと、
「ミヤから全部聞いたよ。もう…怒ってた私がバカみたいじゃない」困ったように桃子が言う。
「ハイ。誕生日プレゼント。お揃いの携帯ストラップ。ちゃんとつけろよな」照れながらプレゼントを渡す。
「ありがとう。大切にするね。」桃子は笑顔を見せる。
「あのぉ、私もお詫びっていうか…プレゼントあるから目つぶって?」
そう言われた僕は、戸惑いながら目をつぶる。
少しして、僕の唇に桃子の唇が重なる。
「私のファーストキス。あげたからね」そう言って照れる桃子。そして今度は僕からキスをする…



ていうカップルプレイがしたいです。

10 :名無し募集中。。。:2006/10/29(日) 23:32:11.85 O
新スレ記念ということで駄作です。読んでやってください。

11 :名無し募集中。。。:2006/10/30(月) 00:03:00.38 0
>>1
乙です!
携帯の職人さんも乙です、応援してます!

12 :名無し募集中。。。:2006/10/30(月) 00:25:13.71 O
雅ヲタだがこのスレの桃子はたまらなく好き

13 :名無し募集中。。。:2006/10/30(月) 00:33:28.48 0
326 名前:名無し募集中。。。[] 投稿日:2006/10/20(金) 19:14:39.57 0
過去ログ
イメクラ Berryz工房
http://saki.from.tv/morningcoffee/1156392544/
イメクラ Berryz工房 part2
http://saki.from.tv/morningcoffee/1157306445/
イメクラBerry-℃-ute
http://saki.from.tv/morningcoffee/1157732968/
イメクラハロープロジェクト
http://saki.from.tv/morningcoffee/1157830832/
イメクラ Berryz工房 part3
http://saki.from.tv/morningcoffee/1159101108/
イメクラ Berryz工房 part4
http://saki.from.tv/morningcoffee/1159628635/
イメクラ Berryz工房 part5
http://saki.from.tv/morningcoffee/1160140737/

14 :名無し募集中。。。:2006/10/30(月) 01:12:44.98 0
ほっほ

15 :名無し募集中。。。:2006/10/30(月) 01:47:30.07 0
自分は2等陸曹であります。
自分は中東派遣に備え、清水1尉殿とサウナで暑さに耐える特訓中であります。
「2曹、脱水症状にならないように、水分補給忘れないでね。」
1尉殿が持ち込んだペットボトルの水を飲みながら自分に注意なさいました。
でも、自分のペットボトルはもう空なのであります。
「1尉殿、失礼しますっ!」
「あっ!いやぁんっ!2曹だめぇっ!くすぐったいぃっ!」
自分は水分補給のため1尉殿の汗を、首筋から腋の下へと舐め下ったのであります。
あぁっ!1尉殿の汗は塩分まで補給出来て最高でありますっ!
「あっ!ねえ2曹・・・あっ!・・・中東で戦闘する時に・・・んあっ!やっちゃいけないことってなんだと思う?」
腋の下からおっぱい、おっぱいからおへそへ舐め下る自分に、1尉殿が質問されました。
自分は考えても分からないし、なにより今はそれどころではないので
1尉殿のお腹を舐めながら首を傾げたのであります。
「お祈りの時間に攻撃しちゃだめよ・・・んっ!・・・友好国からも批難されちゃうからぁっ!あっ!・・・
 それと・・・水源周辺も戦闘に巻き込んじゃだめぇっ!あっ!2曹だめぇっ!んあぁっ!」
「1尉殿っ!自分オアシスを発見したでありますっ!」
「やぁんっ!真面目にやってよぉっ!もう・・・2曹のえっちぃ・・・」
自分が1尉殿の両足を広げてオアシスの湧水を舐めて言うと、1尉殿は赤くなって自分の頭を小突かれたのであります。
「1尉殿ぉっ!1尉殿のオアシスに、自分の間欠泉を混ぜたいでありますっ!」
「もうっ!してもいいから、終わったら真面目に訓練するのよっ!・・・んっ!んんあぁっ!2曹ぉっ!あっ!」
「いっ、1尉殿ぉっ!中がいつもより熱いでありますぅっ!」
「んあぁっ!2曹が居れば、あっ!佐紀は砂漠でも日照らなくて済むわぁっ!あっ!んあぁっ!」
「じっ、自分は出しすぎで脱水するかもでありますぅっ!あぁっ!でっ、出るぅっ!」

でお願いしたいのであります!
自分熱いの苦手なので、1尉殿だけ汗をかいて頂けるようにサウナスーツを持参したであります!
スーツに染み込んだ分は、持ち帰って今夜のおかずにさせていただきます!

16 :名無し募集中。。。:2006/10/30(月) 02:05:13.56 0
2曹キテターーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!1

17 :名無し募集中。。。:2006/10/30(月) 02:17:08.05 0
規制中に落ちて_ト ̄|○だったぜ
新店舗おめ!!

18 :名無し募集中。。。:2006/10/30(月) 02:26:54.68 0
なんかこれはこれで仲良くやってるところに歴史を感じるw
最初はあんなに厳しかったのに今やノリノリの1尉殿カワユス

19 :名無し募集中。。。:2006/10/30(月) 02:35:59.58 0
1尉殿は2曹にバージン捧げたんだから

20 :名無し募集中。。。:2006/10/30(月) 03:10:30.48 0
ねるほ

21 :名無し募集中。。。:2006/10/30(月) 04:55:18.54 O
ももみや期待ほ

22 :名無し募集中。。。:2006/10/30(月) 04:58:17.88 O
キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!
いいねいいね

23 :名無し募集中。。。:2006/10/30(月) 06:26:01.61 0


24 :名無し募集中。。。:2006/10/30(月) 07:53:15.80 O


25 :名無し募集中。。。:2006/10/30(月) 08:57:59.70 O
キャプほ

26 :名無し募集中。。。:2006/10/30(月) 09:58:40.40 0
前スレ見たい

27 :名無し募集中。。。:2006/10/30(月) 10:25:08.18 0
>>26
http://makimo.to/2ch/index.html

28 :名無し募集中。。。:2006/10/30(月) 11:17:46.01 0
618 名前:名無し募集中。。。  投稿日:2006/10/29(日) 00:20:44.00 0
自分は2等陸曹であります。
清水1尉殿が研修で出かれられてもう5日、自分は1尉殿との約束でオナ禁中なのであります。
でももう限界なのでありますっ!1尉殿申し訳ありませんっ!自分は約束を守れない駄目な男でありますぅっ!
「2曹ただいまぁっ!あっ!あんたなにやってんのよぉっ!」
自分がオナニーしようと全裸になったところに、1尉の階級章が眩しい制服姿の1尉殿が帰って来られたのでありますっ!
いつもの迷彩戦闘服と違い、制服姿の1尉殿は凛々しくもあり、可愛くもあり・・・1尉殿ぉっ!
「あんっ!2曹どうしたのよぉっ!もう・・・」
「1尉殿ぉっ!自分もう少しで約束を破るとこだったでありますぅっ!」
全裸で縋りついて泣く自分を、1尉殿は優しく抱きしめて下さったのであります。
でもすぐに自分をきつい表情で見つめられたのであります。
「ほんとに約束守ってたのぉ?毎日おちんちんこすってたんでしょう?!」
「しっ、してないでありますっ!今日は本当に限界だったのでありますぅっ!」
1尉殿に問質され、自分は慌てて否定したのであります!
「いいわっ!いっぱい出たら信じてあげるっ!」
「いっ、1尉殿ぉっ!」
艶っぽく笑う1尉殿にがまん出来ず、自分は1尉殿を押し倒し、スカートに手を突っ込んでパンツに手を掛けたのであります!
「やぁんっ!がっついちゃだめぇっ!制服脱がせてよぉっ!」
「だめでありますぅっ!自分は制服姿の1尉殿を全裸で犯したいのでありますぅっ!それに1尉殿のここも、もう大洪水でありますっ!」
「あぁんっ!佐紀だってずっとがまんしてたんだもぉんっ!2曹、制服にかけちゃだめよ・・・あっ!んあっ!」
自分は1尉殿のパンツだけを脱がせ、5日ぶりの1尉殿の中にぃっ!
「かけるなんてもったいないっ!全部1尉殿の中に出すでありますよぉっ!」
「あっ!んあぁっ!2曹ごめんねぇっ!佐紀は研修中にボールペンでオナっちゃったのぉっ!ごめんねぇっ!」
「1尉殿ぉっ!ズルいでありますぅっ!あぁっ!自分のがまんの証がっ!でっ、出るぅっ!」

29 :名無し募集中。。。:2006/10/30(月) 11:17:56.37 0

という極限がまんプレーの後の大放出でお願いしたいのであります!
がまん中のオプションは1尉殿のボールペンオナニー鑑賞を希望であります!
使用するボールペンは、極太10色ボールペンでお願いしたいのであります!

30 :名無し募集中。。。:2006/10/30(月) 11:18:11.95 0
622 名前:名無し募集中。。。  投稿日:2006/10/29(日) 01:02:32.77 0
俺は世界を股にかけるプロのトップバンジージャンパー
世界中の高所から飛び降り、バンジージャンプ界でも不動の名声を得たものだ
だが俺は気付いたのだ
バンジージャンプの真髄は高さだと思いがちだがそうではないのだ
バンジージャンプの真髄、それはスリル、いわゆる恐怖だ
高いところから長いロープで飛び降りても空気を引き裂く爽快感こそ得られても恐怖は小さい小さい
ならば究極のスリルを得られる究極のバンジージャンプとは何か?と俺は問い続けた
自分自身に問い続けた
朝から晩まで問い続けた
小一時間問い続けた
そしてたどり着いたのがこの店だ
ってことで清水佐紀さんの頭のてっぺんからバンジージャンプさせてください
ノーロープノースキンのおしゃぶりゴックンありでおねがいします

31 :名無し募集中。。。:2006/10/30(月) 11:18:33.33 0
630 名前:名無し募集中。。。  投稿日:2006/10/29(日) 10:12:16.01 0
わたしちゅーこくちんあるよ。
わたし秦の始皇帝も欲しがったという不老不死の薬手に入れるためににぽんにきたね。
でも探しても探しても見つからないね。
やぱりそんな薬はないあるか・・・
あいやーっ!「不老不死の薬あります」書いてある薬局があたよーっ!
わたし薬局に飛び込んで店番の小さい女の子に注文したよ。
「あなたわたしに不老不死の薬売るよろし!」
「はい。ではこちらにどうぞ。」
女の子わたしを店の奥に案内したね。秘薬はやぱり隠してるあるね。
「あっあなたなにしてるあるかっ!たっためあるよっ!」
女の子店の奥に入るといきなり服脱ぎ始めたよ!
ちゅーこくちん基本的にろりよ!小さい子の裸見たら・・・わたしもうためあるよっ!
「お客さん、処女のおまんこって回春作用があるんだって・・・佐紀のおまんこ好きなだけ舐めていいよ・・・」
佐紀ちゃんわたしの服も脱がせて六十九のかっこになたよっ!
「お客さんのもしてあげるねっ!いっぱい出してねっ!んっ・・・」
「あっあいやーっ!佐紀ちゃんためあるよぉっ!舐めるのに集中てきないあるぅっ!あぁっ!」
わたしかんばて舐めたよ。でも佐紀ちゃんの笛的陰部舐うますぎるよっ!
「佐紀ちゃん出るっ!我肉棒白濁汁噴出っ!佐紀汁ハオツーっ!」

てお願いしたいあるよ。できればおしっこも飲みたいね。
たいじょうぶよ。ちゅーこくちんおしっこ飲んでも支那ないあるよ!

32 :名無し募集中。。。:2006/10/30(月) 11:44:26.00 0


33 :名無し募集中。。。:2006/10/30(月) 12:11:37.18 O


34 :名無し募集中。。。:2006/10/30(月) 12:59:59.04 O


35 :名無し募集中。。。:2006/10/30(月) 13:13:09.27 0


36 :名無し募集中。。。:2006/10/30(月) 14:08:11.39 0


37 :名無し募集中。。。:2006/10/30(月) 15:05:30.53 O


38 :名無し募集中。。。:2006/10/30(月) 15:47:49.61 0
( `.∀´)y-~~

39 :名無し募集中。。。:2006/10/30(月) 16:37:10.37 O
ヤススめ・・・

40 :名無し募集中。。。:2006/10/30(月) 16:40:16.81 0


41 :名無し募集中。。。:2006/10/30(月) 16:52:45.87 0


42 :名無し募集中。。。:2006/10/30(月) 17:37:23.51 O


43 :名無し募集中。。。:2006/10/30(月) 17:38:26.34 0


44 :名無し募集中。。。:2006/10/30(月) 17:42:29.97 0


45 :名無し募集中。。。:2006/10/30(月) 18:42:07.75 0
G

46 :名無し募集中。。。:2006/10/30(月) 18:47:31.56 0


47 :名無し募集中。。。:2006/10/30(月) 19:06:28.46 0


48 :名無し募集中。。。:2006/10/30(月) 19:07:28.70 O


49 :名無し募集中。。。:2006/10/30(月) 19:20:20.27 0


50 :名無し募集中。。。:2006/10/30(月) 19:28:04.39 0
( `.∀´)<すぽぽん!

51 :名無し募集中。。。:2006/10/30(月) 19:32:05.72 0
拙者 ふぐりちんこの助と申す。
今日も剣の腕を磨いて修行をしているのでござる。
「お待ちください!」
後ろから声を掛けられた。だれだろう?
そこにいたのは美しい少女だった。
「ふぐりちんこの助様とお見受けします。私は肉棒流柔術を使う佐紀と申します。」 
「どうか私と貝・・いゃ手合わせをお願いしたい!」
「いいだろう かかってきなさい!」
拙者は袴をまくり自慢の長刀を屹立させた。
「なるほど、見事な一物ね!しかしこれはどう?」
そう言うと佐紀は拙者の一物を握ると口いっぱいに頬張った。
ジャポッ!ジャポッ!ジャポッ!チロチロ!チロチロ!!
う〜むこれはいかん!反撃だ!
「ふぐり流秘技!卍の舞!!」
「あぁ!なにこの卍の腰使いィ!こうなったら奥の手よ!」
佐紀は拙者の一物を締め付けた!
「むむぅ〜!まずい!しかしこれでどうだ!」
一度一物を引き抜くと、佐紀の背後にまわり改めて長剣を突き立てた。
「あふぅ〜!もうだめぇ〜!堪忍してぇ〜!」



これでお願いします。 あっ今日は柔道着でお願いします。
あと髪型は一本しばりで。

52 :名無し募集中。。。:2006/10/30(月) 19:35:01.62 0
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!

53 :名無し募集中。。。:2006/10/30(月) 19:51:39.14 O
GJ

54 :名無し募集中。。。:2006/10/30(月) 19:58:44.37 0
あんたほんま天井知らずやで

55 :名無し募集中。。。:2006/10/30(月) 20:19:31.32 O
>>ふぐりちんこの助
gjだよw

56 :名無し募集中。。。:2006/10/30(月) 21:06:42.18 O


57 :名無し募集中。。。:2006/10/30(月) 21:59:16.01 O


58 :名無し募集中。。。:2006/10/30(月) 22:30:42.88 0
ももほ

59 :名無し募集中。。。:2006/10/30(月) 22:34:12.51 O
卍wwwwww

60 :名無し募集中。。。:2006/10/30(月) 23:37:19.65 0
ho

61 :名無し募集中。。。:2006/10/30(月) 23:42:49.11 0
キャプヲタになりたいな

62 :名無し募集中。。。:2006/10/30(月) 23:47:33.53 0
放課後の廊下にはびっしりと 写真が掲示されていて
何人かの女子が鉛筆片手に キャーキャーそれを選んでる
修学旅行で撮られた写真が ようやく貼り出されたんだ  
僕がひとりでカリカリと 用紙に番号を記入していたら
「おっまたせぇ〜 えへへぇ」 桃子が腕に抱きついてきた
おう、おつかれ、って 僕がそう声をかけるよりも早く
「なになにぃ〜?どんなの買ったのぉ?」 なんて
桃子は僕の用紙を奪って 順番にチェックいれてる
一番端まで見終えると いきなりクルッと振り向いて
「ねぇ〜 ちょっとぉ〜」 なんてブリブリ寄ってきた
ほっぺたふくらませて いかにも露骨にブーたれた顔で
え、なんだよ、ってそう聞く僕の 胸のあたりをペチペチ
軽く両手で叩きながら 「ももの写真買ってないじゃ〜ん!」
買うわけねーだろーが なんて僕の言葉をさえぎるように
「うちなんて…ホラぁ」 桃子がカバンから用紙を出す
そこには桃子の写真にまぎれて 何枚も何枚も 
僕の写真の番号が書かれていて 僕はドキッとしたんだけど
なんで僕の写真買うんだよ、なんて 照れ隠しに聞いたんだ
桃子はちょっと顔を赤くすると スカートのすそをいじりながら
「だってぇ… あの、逢えない時とかぁ… あと夜とかぁ…」
そーゆー時に見るんだもん、って そう言って笑った
「だからぁ〜 ももの写真も買ってくんなきゃヤだぁ!」
桃子は僕の用紙に 勝手に「108番」なんて書き込むと
「ハイ、これで両思い!」 うれしそうに用紙を差し出す
やれやれ、って感じで 僕はあきれたフリをしてたけど
ホントはさ、桃子 僕は内心めちゃめちゃよろこんでたんだよ
だってそれはさっき 僕が恥ずかしくて買えなかった
桃子がひとりで写ってる いちばんキレイな写真だったから


でお願いします 巨乳

63 :名無し募集中。。。:2006/10/30(月) 23:49:12.84 0
日本中が泣いた

64 :名無し募集中。。。:2006/10/30(月) 23:52:38.93 0
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!
やっぱあんたが来ないとはじまらないよw


65 :名無し募集中。。。:2006/10/30(月) 23:54:48.02 0
真打ちきたる!ありがとう!

66 :名無し募集中。。。:2006/10/31(火) 00:02:54.66 0
>>62
これは死ぬほど共感できる

67 :名無し募集中。。。:2006/10/31(火) 00:09:16.56 0
桃子の事を考えると胸が苦しくなる
http://ex11.2ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1162136658/

68 :名無し募集中。。。:2006/10/31(火) 00:14:36.82 0
毎回読むたびにあるはずのない桃子との思い出が色鮮やかに甦ってくる気がするよ

69 :名無し募集中。。。:2006/10/31(火) 00:16:06.29 0
寂しい秋の夜に一人で読むには甘酸っぱすぎるよ
切ない・・・

70 :名無し募集中。。。:2006/10/31(火) 00:17:21.65 O
>>62桃子を通り越してあんたが好きだ

71 :名無し募集中。。。:2006/10/31(火) 00:18:11.20 0
>>62
くそぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ
青春だなぁ…。・゚・(ノД`)・゚・。

72 :名無し募集中。。。:2006/10/31(火) 01:13:44.63 0
友達の話に一通り笑ってから 僕はふらっと廊下に出る
昼休みの騒がしさをバックに 見上げた窓の向こうには 
ずーっと空が広がってて ホントに今日はいい天気だ
次の授業は寝てやるぜ 帰りは公園で空を見よう 
なんてボンヤリ考えてたら 背中合わせにピタッと
急に誰かがくっついてきて 「えへへぇ…背ぇくらべぇ!」
甘えたような桃子の声 僕のたそがれも台無しだ
「おまえは教室戻れよ」 僕は振り払おうとしたんだけど
「やぁ〜ん」なんて言いながら ズボンをつかんで離さない 
桃子が動くそのたびに おしりがプリプリあたってるから
僕は恥ずかしくなって 振り払うのをあきらめた 
「どぉ?ど〜お? こないだよりおっきくなったぁ〜?」
背中ごしに桃子が聞いてくるけど はっきり言って成長なし
僕が正直に答えたら 桃子はウエ〜ッて顔をして
「もぉヤぁだ〜 なんか全然のびないよぉ〜」って
そう言ってしゃがみ込んだ 指で廊下をイジイジしたりして
ずっとグチグチ言いながら あからさまにうなだれてる
僕はなんだか気の毒で 「ちっちゃいのもカワイイんじゃん?」
なんて言ってしまった 桃子の目がキラリと光ったように見えた
次の瞬間ガバッと桃子が 凄い勢いで立ち上がる
「え え カワイイ? いまカワイイって言ったぁ?」
僕の腕にしがみついてきて うっれしそうにニヤニヤしてる
しまった、罠だったか なんてね ホントはわかってたんだよ
言わされたってわかってるけど こんな罠なら踏んでくぜ
こんな桃子を見てるのが 僕は楽しくてしょうがないんだよ
「うれしぃよぉ〜」なんて 抱きついてくる桃子を見ていたら
秋空が急に色あせた 空なんて見てる場合じゃないなぁ
帰りは公園で桃子を見よう そうしよう そうしたい


でお願いします 微乳

73 :名無し募集中。。。:2006/10/31(火) 01:15:47.50 0
新装開店という事で 勢いで2本持ってきました
あんまりお金無いんですけど なんとかお願いできませんか


あ、もちろん桃子ちゃんでお願いします 美乳

74 :名無し募集中。。。:2006/10/31(火) 01:18:03.48 0
ハァ━━━━━━ ;´Д` ━━━━━━ン!!!

75 :名無し募集中。。。:2006/10/31(火) 01:20:09.77 0
申し訳ございません
桃子さんは今日は学校行事とかでお休みです

まだお店に出る前の教育中の新人ですが
よろしければお相手願えませんでしょうか
いえいえもちろん研修ですので料金は頂戴いたしません

ありがとうございます
では 絢美さんです

76 :名無し募集中。。。:2006/10/31(火) 01:26:08.42 0


77 :名無し募集中。。。:2006/10/31(火) 02:03:04.04 0
ほほ

78 :名無し募集中。。。:2006/10/31(火) 02:19:51.36 O
どうしてこんなに弾数が多いのか最近では青春桃子の人の私生活が気になりだしてきた
これからも期待してます!

79 :名無し募集中。。。:2006/10/31(火) 02:22:46.28 0
>>75
えぇ…結構通いつめてるのに… 学校行事とかって…
だいたい「とか」ってなんだよ…  

マスター、絢美ちゃんってコには悪いけど 今日は帰ります…




80 :名無し募集中。。。:2006/10/31(火) 03:01:44.43 0
幼い頃
どこまでもどこまでも続く大空を見上げて思った
空を飛びたいと
鳥だけが君臨することを許された果てしなく広がる世界の住人になりたいと
だが
夢は結局幻のまま消えてしまった
サンタさんが実在しないことを知ったように
人間は空を飛べないことを俺は知ってしまった
でも
それはそんなに悲しいことじゃなかった
こんな風に夢を1ずつ諦めることが大人の階段を登ることだと気付いたからだ

大人の階段を登りきり
余裕のできた俺はある日、階段の下の方を振り返ってみた
そこには諦めたはずの夢
空を飛びたいという希望があの頃のままの輝きを放っていた


そんな俺の胸に蘇ったあの夢を現実にするために俺はこの店に来たんだ
さあ、須藤さん
俺をぶん投げてくれ!
あのどこまでも続く青空の果てまで!

81 :名無し募集中。。。:2006/10/31(火) 03:09:45.63 O
まぁーさーん━━━━━━ ;´Д` ━━━━━━!!!!

82 :名無し募集中。。。:2006/10/31(火) 03:57:55.11 0
成層圏で笑いながら燃え尽きる>>80

83 :名無し募集中。。。:2006/10/31(火) 04:44:59.77 O
GJ!!(*^-^)b

84 :名無し募集中。。。:2006/10/31(火) 06:26:21.31 O


85 :名無し募集中。。。:2006/10/31(火) 06:35:47.62 0
「ピンポーン!ピンポーン!」
チャイムにせかされながらドアを開けると隣の家の可愛い幼女が立っていた。
「おや、佐紀ちゃん。今日は可愛らしい洋服だね。どうしたんだい?」
派手な衣装をしたその少女は、その言葉に対して眉を吊り上げて突然怒り出した。
「今日は、佐紀じゃないもん!魔女なんだもん!菅谷さんから借りてきたんだもん!」
あぁ、なるほど、今日はハロウィンだったか。
世情から疎くなった自分を嘲笑していると、少女はセリフを思い出すようにゆっくりと言葉を発した。
「えっとーえとー、何だっけ。そだ。trick and treat! イタズラしてもてなして!」
自分が言ってる言葉の意味がわかってないだろうなと思いつつ、部屋に入れ、望みを叶えることにした。
「な、なにをするんでしゅかー!」
薄手の魔女衣装の隙間から手を入れ、膨らみと呼ぶにはあまりに品疎な幼乳を揉みしだく。
「や、ちょっと。くすぐったぁ〜、だめー、あーん」
自慢の魔女衣装ははだけたものの、その下から出てきた真っ白な肌は逆に魔女を想起させるものだった。
「可愛いよ、綺麗だよ、佐紀ちゃん」
少女の汗ばんだ肢体の全てを舐めまわす。
「はぅ、はぅ、そんな・・・、だめでしゅ、汚いから・・・。あ、ひ、うひゃぁ。はぁはぁ、佐紀初めてだから・・・」
「大丈夫だよ。おじさんが全部教えてあげるからね」
「ふぅふぅ、ひとつだけ教えてくだしゃい。マイケル・・・、Jフォックスは・・・、演技なの?はぅ」
少女の問いかけに対して、後ろから手を回し無言で少女の下のピスタチオを愛撫する。
「ああああああーん、はふーーー、バックから、バックから、痛っざふゅーちゃぁ〜〜〜!!」

という隣人の老人紳士でお願いします、ドク。

86 :名無し募集中。。。:2006/10/31(火) 06:40:08.77 0
朝っぱらからwwwwwwww

87 :名無し募集中。。。:2006/10/31(火) 07:29:14.74 0
ザ・パワー・オブ・ラブ!!

88 :名無し募集中。。。:2006/10/31(火) 07:31:53.98 O
早朝紳士おはようございますw

89 :名無し募集中。。。:2006/10/31(火) 08:29:28.74 O
紳士wwwwwwwww

90 :名無し募集中。。。:2006/10/31(火) 09:57:48.95 O
紳士保全

91 :名無し募集中。。。:2006/10/31(火) 10:43:51.72 O


92 :名無し募集中。。。:2006/10/31(火) 11:56:56.54 O
「お兄ちゃん!!梨沙子のとっておいたプリン食べたでしょ!!」
そう言いながら、妹の梨沙子が僕の部屋に入ってくる。
「なんか用か?」と空になったプリンの容器を置きながら僕が言う。
「プリン…楽しみにしてたのに…」梨沙子は落ち込んだ様子で言う。
わりぃわりぃ、と適当に謝りテレビを見ていると、その態度に怒ったのか梨沙子が文句を言ってくる。
反応せずにいると、梨沙子はテレビと僕の間に立ち、
「プリン買ってきてよ。今すぐ!!」と言う。
「ヤだよ。めんどい。だいたいプリンぐらいでガタガタ言うなよな。お子ちゃま」僕が言うと、
「梨沙子はお子ちゃまじゃないもん。大人だもん」と反論してくる。
「プリンぐらいでガタガタ言うんだからまだまだお子ちゃまだよ」僕が言う。
すると、梨沙子はじっと僕を見てきたかと思うと、不意にキスしてきた。驚いて梨沙子を見ると、「ほっ…ほら。りっ…梨沙子、子どもじゃないでしょ?」顔を真っ赤にしながら言ってくる。
「バカ」僕が言ってやると、「お兄ちゃんプリンの味がする〜」赤いままの梨沙子が言う。
今度は僕が真っ赤になってしまった。



でお願いします。
えっ!!プリンの持ち込みはだめですか…そうですか…



93 :名無し募集中。。。:2006/10/31(火) 12:04:52.64 O
またもや駄作です。昼休みの短い間に考えたからだめだめです。他の職人さんみたいにうまく書けるようにがんばります。

94 :名無し募集中。。。:2006/10/31(火) 12:14:16.52 0
ハァ━━━━━━━ ;´Д` ━━━━━━━━ン!!!!りしゃこおおおおおおおおおお!!!!

95 :名無し募集中。。。:2006/10/31(火) 12:26:33.70 O
いいよいいよ〜!

96 :名無し募集中。。。:2006/10/31(火) 12:48:39.27 O
妹梨沙子キタ━━━━(゚∀゚)━━━━

97 :名無し募集中。。。:2006/10/31(火) 13:46:55.94 0
>>92
イイ!

98 :名無し募集中。。。:2006/10/31(火) 13:47:15.98 O
りしゃほ

99 :名無し募集中。。。:2006/10/31(火) 14:14:43.95 0
ほっしゅ

100 :名無し募集中。。。:2006/10/31(火) 14:59:43.55 0
ほほ

101 :名無し募集中。。。:2006/10/31(火) 15:47:43.59 O
保全

102 :名無し募集中。。。:2006/10/31(火) 16:49:46.71 O


103 :名無し募集中。。。:2006/10/31(火) 17:50:29.66 O


104 :名無し募集中。。。:2006/10/31(火) 19:00:58.89 0


105 :名無し募集中。。。:2006/10/31(火) 19:01:52.16 0
拙者!ふぐりちんこの助と申す。
修行の旅から戻り小さいながらも道場を構え後進を育てる事に相成り申した。
皆様方には今後ともよろしくお願いいたす。
あぁ!この娘は拙者の弟子でしてな、佐紀といいます。これ!佐紀挨拶を!
「皆様方、お初にお目にかかります。佐紀と申します。」
え?こんないたいけな少女と二人きりで何をしているか?
とんでもない!!拙者これでも侍の端くれである!佐紀のような若い娘に手を出すなどありえん!

夜もふけて・・・
佐紀!風呂の準備は出来たか?
「はい。お師匠様。」よし!では入ろう!
「えっ?私もですか?」
なんだ?いやなのか?「いやじゃないですけど、恥ずかしいです。」
師匠である拙者と弟子の佐紀が一緒に風呂に入る、自然ではないか?
「わかりました。今参ります。」
そう言うと佐紀は着物を脱いで入ってきた。佐紀の体はまだ少女の幼さを充分に残している。
コレなら間違いを犯す事もあるまい。「あぁ〜!お師匠様!かたくなってますよ!」
むう〜、これはいかん佐紀の体に欲情してしまったようだ。
「お師匠様?触ってもいいですか?」そう言うと返事も聞かずにやさしく手の平に包み込んだ。
そして静かにであるが力強く上下させ始めた。これこれ!そんな事をされたらまずいぞ!
「そんなこと言って先っぽから我慢汁がどんどんでてきますよ!」
「ちゅぷ!ちゅぷ!あぁ〜おいしい!もっとのみた〜いぃ!」
あ〜だめだ!でるぅ〜!!ピチャッ!

こんな設定でお願い申す。
それと今度お代官様編で脚本持ってくるので予約できますかな?



106 :名無し募集中。。。:2006/10/31(火) 19:41:18.37 O
キャプヲタ

107 :名無し募集中。。。:2006/10/31(火) 20:02:29.48 O
またあの時代劇好きよ、とか言われてそうw

108 :名無し募集中。。。:2006/10/31(火) 20:16:24.16 0


109 :名無し募集中。。。:2006/10/31(火) 20:25:01.44 O
ちんこの助と二曹のキャプヲタ頂上決戦w

110 :名無し募集中。。。:2006/10/31(火) 21:25:06.81 0
:::::::::::::::::::::::::::::..
::::::\:☆ノノハ クゥ〜ン
::::::ミゝ从 ’w’)つ
::::::⊂__つノ
マイハマン巡回中!

111 :名無し募集中。。。:2006/10/31(火) 22:04:15.35 0
ほしゅだぜ

112 :名無し募集中。。。:2006/10/31(火) 22:59:18.47 0


113 :名無し募集中。。。:2006/10/31(火) 23:26:02.85 0
:::::::::::::::::::::::::::::..
::::::\:☆ノノハ クゥ〜ン
::::::ミゝ从 ’w’)つ
::::::⊂__つノ
マイハマン巡回中!

114 :名無し募集中。。。:2006/11/01(水) 00:09:57.81 0
イメほ

115 :名無し募集中。。。:2006/11/01(水) 00:24:19.06 0
自分は2等陸曹であります。
今日は駐屯地のお祭りであります。
自分は清水1尉殿といっしょにお祭りに行く約束をしたので、お誘いに来たのであります。
「1尉殿、準備出来たでありますか?・・・あっ!」
「どっ?2曹似合う?」
1尉殿の部屋に入ると、浴衣を来た1尉殿が・・・1尉殿ぉっ!
自分は1尉殿のあまりの可愛さに、1尉殿に飛びつき、ベッドに押し倒したのでありますっ!
「あんっ!お祭り行くんでしょうっ!あっ!2曹だめぇっ!いやぁんっ!」
「いっ、1尉殿っ!自分射的がしたくなったでありますぅっ!あっ!・・・1尉殿パっ、パンツは?・・・」
自分が浴衣に手を入れてまさぐると、1尉殿はノーパンだったのでありますっ!
「だってぇ・・・浴衣にパンツは邪道だもんっ!それより・・・」
1尉殿は赤くなりながらそう仰られ、動きが止まった自分の上に乗り、自分を裸に剥かれたのであります。
「佐紀はヨーヨー釣りするぅっ!」
1尉殿は自分の足を広げて、自分の水風船をっ!あっ!あぁっ!
「いっ、1尉殿ぉっ!その舐め方はヨーヨー釣りではなくあんず飴でありますぅっ!あっ!出るぅっ!」
「んんっ!・・・まだだめぇっ!」
1尉殿は自分の股間から顔を上げて、自分を見つめながら跨がれたのであります。
「佐紀、綿菓子食べたいなぁ・・・あっ!・・・んっ!んあっ!」
「あぁっ!いっ、1尉殿ぉっ!」
1尉殿が自分の割り箸を1尉殿の綿菓子製造機にぃっ!
「いっ、1尉殿ぉっ!綿菓子は割り箸の方を動かすもので、あぁっ!グラインドはだめでありますぅっ!」
「あぁんっ!奥で回すと気持ちいいよぉっ!あっ!いやぁんっ!いっちゃうぅっ!」
「1尉殿ぉっ!ザラメの替わりにザーメンがぁっ!あぁっ!でっ、出るぅっ!」

でお願いしたいのであります!
1尉殿神輿を自分が駅弁で突き上げる別バージョンで2回戦もお願いしたいのであります!

116 :名無し募集中。。。:2006/11/01(水) 00:25:27.97 0
桃子キテタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!
肌寒い夜に読むには酸っぱすぎるぜ

117 :名無し募集中。。。:2006/11/01(水) 00:26:01.06 0
>1尉殿が自分の割り箸を1尉殿の綿菓子製造機にぃっ!

>ザラメの替わりにザーメンがぁっ!あぁっ!でっ、出るぅっ!

どこまでバカなんだw

もっとたのむ

118 :名無し募集中。。。:2006/11/01(水) 00:27:03.86 0
2曹さんもキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!

>ザラメの替わりにザーメン
テラアホスwwwwwwwwww

119 :名無し募集中。。。:2006/11/01(水) 00:35:34.17 0
あんた最高に最低だよ

120 :名無し募集中。。。:2006/11/01(水) 00:39:25.16 0
http://inzei1.blog77.fc2.com/blog-entry-1.html
このブログの徳永に関するコメント欄がすごいw

121 :名無し募集中。。。:2006/11/01(水) 00:45:43.80 O
>>116
桃子どれ?

122 :名無し募集中。。。:2006/11/01(水) 01:32:49.07 0
放課後のてっぺんは屋上 だけどそれよりもっと上
屋上の入り口にかかった 錆びたハシゴをよじのぼり
給水タンクにもたれながら 暮れゆく街を僕らは見下ろす
友達がしてた勘違いの話 最近食べたおいしいお菓子の話
桃子の楽しいおしゃべりを 僕は笑って聞いているんだ
話のタネも尽きたころ 桃子はゆっくり寄りそってくる
いつも少しだけ笑いながら 肩にあたまをのっけてくる
ぐりぐり顔を押し付けてきて ちいさい声で「好きぃ…」
それからゆっくり僕の顔を 上目づかいでのぞいてくるんだ
恥ずかしそうな僕を見て いつも桃子は笑ってくれるけど
僕はいつも思っちゃうんだよ なんで僕なんだろう?
「好きだ」なんて恥ずかしくて 言ってあげる事もできない
頭だって別に良くないし 顔も普通だしノリも悪い
はやりの音楽も知らなくて カッコいい服も持ってない
桃子、僕はさぁ 僕を好きだと言ってくれるきみのことを
いつか傷つけてしまうんじゃないか、って そう思って
いつも怖くなるんだよ どうすればいいのかわからないんだ 
ごめんね、「好きだ」って そんな事も言えなくて
ごめんね、僕ばっかり 勝手に「幸せだ」なんて思ってしまって
本当に 本当にごめんね こんなにも好きになってしまって
桃子の体がとってもあったかいから 僕は少し泣きそうだ
ふいに桃子が立ち上がり 僕の目の前に座りなおす
僕の目を見つめる瞳が 夕日に溶けるように閉じてゆく
それから桃子はゆっくりと 僕の体にのしかかってきて
いつもと同じやわらかさで いつもと同じキスをくれた
暮れてゆく街の真上で 僕はとってもちっぽけで
くちびるを離したあとに 桃子が言った言葉が
僕の心を優しくなでた 「えへぇ〜 …しあわせぇ…」


でお願いします 睾丸

123 :名無し募集中。。。:2006/11/01(水) 01:48:39.62 0
2曹と青春桃子が並ぶ
この盆と正月感ときたら

124 :名無し募集中。。。:2006/11/01(水) 01:50:55.98 O
泣いた
これはマジで泣いた

125 :名無し募集中。。。:2006/11/01(水) 01:59:12.72 0
今夜もキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!

126 :名無し募集中。。。:2006/11/01(水) 02:01:53.13 0
あと20作ほど読んだら
「中学時代 桃子と付き合ってた」という捏造記憶が完全に刷り込まれそう

127 :名無し募集中。。。:2006/11/01(水) 02:24:01.24 0
ちょっと人生迷ってしまった俺は今後を占うためにここに来た
なんでもこの店はよく当たるおみくじの店だという話だ
特に指名は無いと受付で伝えると、茉麻という名の娘が俺についた
程よく肉がつき、重厚感と安心感を感じる丸顔の笑顔がチャーミングな女の子だ
小柄で細身な女の子が好みの俺はチェンジしようかと思ったが、これも運命と思い占いを頼んだ
「それでは、お客さんの運勢を占いますんで、失礼させていただきます」
彼女はそう言うと俺のズボンをおろし、俺の息子を大きくするために口に含んだ(もっとも、そんなことせずとも既に大きくなっていたのだが)
そして、唾液で息子をベトベトにすると彼女は俺に尻を向け、パンツをおろした
「さあ、入れてください。そして人生の壁を突き壊してください」
俺は彼女に導かれるまま息子を彼女の尻穴に生挿入した
「あふっ、ああ、いい!いいわぁ!もっと、もっと激しく突いてぇ!」
彼女の獣の雄叫びに似たあえぎ声にリズムをあわせながら腰を振ると、あっという間に俺は果ててしまった
「ああっ、熱い!でも、もっと!もっと注ぎ込んでぇ!」


128 : 【大吉】 :2006/11/01(水) 02:24:38.58 0
そんなこと言われてもいっぱい出るものでもない
「おしっこ、おしっこブチ撒けてぇ!あなたの熱いおしっこ!私の汚い下品な糞穴にぶちまけてぇ!!」
彼女の意図を理解した俺は膀胱括約筋を緩めた
尿意は感じてなかったので多量とは言えないが、決して少なくはない尿が彼女の腸内に広がる
「ああん、すごい、すごいわぁ!おなか、おなかが熱いいいいい!!!!」
彼女の絶叫とともに俺の息子はプルンと尻穴から排出された
「ああっ、はぁ、はぁ・・・・・・・ううっ!」
肩で息をして絶頂の余韻に浸っていた彼女は、突然立ち上がると傍らに置かれていたタライに駆け寄り、跨った
そして・・・・
ブリッ、バビビビ、ブブブッ、ボプボプ、ビュ〜プププププ
彼女の尻穴はものすごく下品な破裂音を絶え間なく奏でながら悪臭放つドロドロの黄金を放出し始めた
その量は俺の想像をはるかに超え、彼女の下半身の容積すら上回るようにすら感じられた
「はぁ、はぁ・・・・・・こ、こんなん出ましたけど」
彼女はニッコリ笑ってそう言いながら黄金の山がそびえるタライを俺に示した
「す、すごい量だね・・・・で、これは・・・・・・・どんな運勢?」
「ウンがこんなに出たんだから大吉だとゆいたいです」

彼女は大吉のお祝いだと言って「お店には内緒」と念を押して彼女の味噌まみれの俺の息子を生フェラしてくれた
その後のキスが苦かったのはご愛嬌だが


っていうのはOKですか?
えっ?大吉ならOKですって?

129 :名無し募集中。。。:2006/11/01(水) 02:33:09.67 0
おめw

130 :名無し募集中:2006/11/01(水) 03:05:13.34 0


131 :名無し募集中。。。:2006/11/01(水) 04:04:47.88 0


132 :名無し募集中。。。:2006/11/01(水) 05:58:25.50 0


133 :名無し募集中。。。:2006/11/01(水) 06:59:54.63 0


134 :名無し募集中。。。:2006/11/01(水) 08:00:30.65 0


135 : 【凶】 名無し募集中。。。:2006/11/01(水) 08:08:37.11 0
このスレ読んでると桃子と付き合ってるデジャヴに陥る
特に桃子の画像見ながらだと

136 :名無し募集中。。。:2006/11/01(水) 09:12:46.59 O
馬鹿っぽい茉麻もステキやん

137 :名無し募集中。。。:2006/11/01(水) 09:19:39.67 O
甘くて切なくて時には笑える
そんな素敵なスレに

ザーメン

138 :名無し募集中。。。:2006/11/01(水) 09:49:25.18 O
放課後。
今日も僕は生徒会室へと向かう。
ドアを開けて中を覗く。やっぱりいた。
机に伏せた状態で寝ている嗣永先輩。秋の夕日を浴びて、ものすごくきれいだ。
僕は一番よく寝顔が見える所に座りぼんやり眺める。
一時間ぐらいたっただろうか。僕は我慢できなくなり、嗣永先輩の寝顔を間近にみる。今ならキスしてもばれないだろう。
そう考えた僕はキスしようとするが、直前でためらってしまう。
何度かそれを繰り返しているうちに、自分の度胸のなさに嫌気がさして、机に倒れ込む。
しばらくして、
「意気地なし」僕の上からふりかけられる声。驚いてとび起きると、嗣永先輩がこっちを見つめていた。
「意気地なしってなにがですか?」ごまかすように言う。
「さっき桃にキスしようとしてたじゃん」
僕は冷や汗をかく。
いつから気づいてたのだろう。でも気づいてて止めなかったって事は…いやでもからかってただけかも…。
一瞬の内にいろいろな事が頭に浮かび、動けなくなった僕。
「待ってたのにいつになってもしないんだもん。じれったくなって起きちゃった」さらに追い打ちをかける一言。
たまらなくなって僕が聞く


139 :名無し募集中。。。:2006/11/01(水) 09:52:16.26 O
「いっ…いつから起きてたんですか?」
「ん〜わかんない…でも起きたらあなたがため息ついてて、こっそり観察しようとしたの。そしたら急に近づいてきてキスしようとしてくるんだもん」
逆光のせいで表情が見えない。
「ごめんなさい。あの…なんていうか、出来心で…ほんとすいませんでした」頭を下げる僕。
「じゃあ今から罰を与えるから、イスに座って目をつぶって歯くいしばって」
指示に従いイスに座る。ビンタか…そう思っていると、
「いくよ」嗣永先輩の声歯をくいしばる僕
嗣永先輩が動く音がした。両肩に手をおかれる。シャンプーのいい匂いが鼻をくすぐる。そして僕の唇になにかがぶつかる感触。しばらくして
「俺…今のファーストキスなんですけど」
「もっ…桃もだよ」
顔を真っ赤にして見つめあう二人。
「やっぱ先輩かわいい」
「へっ?」驚いた顔で僕をみる。
「寝顔、まじめな顔、はにかんだ笑顔。全部かわいい」
「バカ」また顔を赤くしながらコツンと僕の頭をたたく。
「かえろ」そう言って僕の手を取り最高の笑顔と浮かべる嗣永先輩。
この笑顔を見るために明日もここにくるんだろうな。また明日も会えるといいな。



これで。制服はYシャツにセーターをちょっとルーズに着た感じで。

140 :名無し募集中。。。:2006/11/01(水) 09:53:42.79 O
Berryzを先輩に見立ててみましたが、無理がありましたw
なんで結構つまらないですm(_ _)m

141 :名無し募集中。。。:2006/11/01(水) 10:04:38.61 0
いやいやイイヨイイヨー


142 :名無し募集中。。。:2006/11/01(水) 10:06:35.51 O
胸元がちょっと開いてて鎖骨ラインとか見えちゃってたりするんだよな
GJ

143 :名無し募集中。。。:2006/11/01(水) 10:43:39.94 O
いい感じ!ありがとう!

144 :名無し募集中。。。:2006/11/01(水) 11:08:38.97 0
今日はクラスの仲間たちと町外れの森の中にある廃墟で肝試しをする事になった。
もう秋も深まっているというのに誰が言い出したのか、自然といつものメンバーが
そろった。メンバーはオレ(布栗陳平)親友のY、B、そして女子の夏焼雅、清水佐紀、嗣永桃子だ。
Yは将来、自衛隊志望、Bは青春小説を書くんだとがんばっている。
夕方6時、森の入口に集合した俺たちは二人ずつに分かれる事にした。
勿論 男女ペアだ。ちなみに3人のなかでは俺が雅、Yが佐紀、Bが桃子というように好みが
うまい具合の分かれている。しかし運命のいたずらか俺と佐紀が一緒になってしまった。
勿論 Yは不満げな顔をしていたが、くじできまったのだからしょうがない。
こうして3組に分かれた俺たちは早速肝試しをはじめる事にした。
まず俺と佐紀が最初に入ることになった。その廃墟は幽霊が出るという噂もある所だ。
「ねぇ!あたしこういうの苦手なんだけど?」
「大丈夫だよ。さっさと入って帰ろうぜ!」
「えぇ!それじゃつまんないよ!それに布栗君は私のこと嫌い?」
「いや!嫌いとかはないけど・・・」
「ないけど何? 布栗君は雅の事好きなんでしょう?」
「な、なんでそれを?」「Y君に聞いちゃった!」
「あいつ余計なことを!」
「私は布栗君の事好きだよ!」
「ほ、本当か?嘘だろう?信じないよ!」
「もう!だったらほら!!」
そういって佐紀はおれに近づき背伸びをすると唇をかさねてきた。
あっけにとられる俺を横目でみながら佐紀はこう言った。
「これで信じてくれる?」


これでお願いしたい。
えっ?左様 拙者イメクラ界のラストサムライ ふぐりちんこの助でござる!

145 :名無し募集中。。。:2006/11/01(水) 11:19:44.54 O
自衛隊と青春小説ねwww

146 :名無し募集中。。。:2006/11/01(水) 11:56:03.04 0
布栗wwwwwwwww

147 :名無し募集中。。。:2006/11/01(水) 12:44:04.26 0
三大巨頭集うw

148 :名無し募集中。。。:2006/11/01(水) 13:25:34.91 O
ナンカキテル━━━━(゜∀゜)━━━━ッ!!

149 :名無し募集中。。。:2006/11/01(水) 13:46:52.89 0
これがスリートップか!!!wwwww

150 :名無し募集中。。。:2006/11/01(水) 14:54:03.73 0
スリーアミーゴスと名付けよう

151 :名無し募集中。。。:2006/11/01(水) 15:24:27.12 0
ごっつあんです!自分はまだ駆け出しのマゲも結えない力士の卵ッス!
今日も今日とて必死の稽古ッス!
いつも自分を可愛がってくれる茉麻海関と今日も申しあいッス!
「馬鹿野郎!顎を引いて頭からぶつかれ!」
わ、わかってるんスけど茉麻海関の胸板に頭を当てると
自分変な気分になるッス!
そうこうするうちに稽古も終わり砂まみれの自分に
茉麻海関は「お前、素質はいいもの持ってんだから頑張れ」と
優しい言葉をかけてくれたッス!
ポワワ・・・としてしまう自分はおかしいのでありましょうか?
「じゃあこれ洗っておいてくれよな」と手渡されたのは茉麻海関の締め込み!!!
おおお落ち着け自分!!!!
あああでも嗅ぐぐらいなら罰はあたらないよなうへへへへへグヒャラヒョエラペー
いいいいいかん、いかんとか言っているうちに股間の立派なマゲがあああああああ

これでお願いします
締め込みは自分持参するッス!!

152 :名無し募集中。。。:2006/11/01(水) 15:29:12.01 0
よくわからんがキタww

153 :名無し募集中。。。:2006/11/01(水) 15:36:56.09 O
月島スレのおじさん入ってるなw

154 :名無し募集中。。。:2006/11/01(水) 15:41:37.61 0
>>140
いや、すげーいいしw

155 :名無し募集中。。。:2006/11/01(水) 16:29:51.29 0
ごっつあんです!自分はまだ駆け出しのマゲも結えない力士の卵ッス!
一人前の関取を夢見て必死の稽古ッス!
今日は鉄砲している茉麻海関を見て参考にするッス!
ドスン!ドスン!
さすが茉麻海関の鉄砲は迫力があるッスねえ!
惚れ惚れするッス!
そういえばひと突きごとに揺れる茉麻海関の胸を見ているうちに
なんだか変な気分になってきたッス!
あわわわわおかしいッス!
そう言えば他の関取勢と違って小ぶりで可愛い乳首だし・・・
って何を言ってるんスか自分は!!!!
とかなんとか言ってるうちに自分の鉄砲が元気になってきたッス!!!!
ここここれは困った!どどどどうしよう!!!
そんな自分に茉麻海関が声をかけてくれたッス!
「よし、次お前鉄砲やれ。見てやるよ」

ってな感じの鉄砲プレイをお願いするッス!
柱は自分持参するッス!!

え?そんな大きいもの持ってこられたら困るって?

156 :名無し募集中。。。:2006/11/01(水) 16:51:28.11 0
将来有望な作家さんキタ━━━━━━(゜∀゜)━━━━━━ !!

157 :名無し募集中。。。:2006/11/01(水) 17:30:12.30 0
>>151>>155
ようこそw

158 :名無し募集中。。。:2006/11/01(水) 18:06:28.31 0
緊急ほ

159 :名無し募集中。。。:2006/11/01(水) 18:23:11.31 0
落ちませんように

160 :名無し募集中。。。:2006/11/01(水) 18:48:32.07 O
糞事務所ほ

161 :名無し募集中。。。:2006/11/01(水) 19:19:02.99 0
めーぐる・・・

162 :名無し募集中。。。:2006/11/01(水) 19:40:14.35 O


163 :名無し募集中。。。:2006/11/01(水) 19:40:25.15 0


164 :名無し募集中。。。:2006/11/01(水) 19:55:27.42 0


165 :名無し募集中。。。:2006/11/01(水) 19:58:39.38 0
いたたましい事件が起こってしまった
それは確かだが



死んでもこのスレを落とすわけにはいかない

166 :名無し募集中。。。:2006/11/01(水) 20:00:23.60 0
ちんこの助の妄想日記〜放課後編

放課後、雅が声を掛けてきた。雅とは友達異常・恋人未満といったところだ。
「今日、家に来ない?佐紀も来るんだけど、布栗君も呼ぼうって。」
隣で佐紀が微笑んでいる。
俺(布栗陳平 童貞 雅好き)はあいまいにうなずきながらも了解した。
雅の家に着くまで3人で昨夜の肝試しの話題で盛り上がったが、俺は内心、心臓が高鳴っていた。
昨夜、佐紀はいきなり俺にキスして来たのだ!その後は何も話さず、みんなの所に戻ると佐紀は
いつものように明るく振舞っていた。
雅の家に着いた。早速部屋に入ると「何か飲み物持ってくるから適当に座ってて。」
雅はそう言って出て行った。気まずい空気が流れる中、俺は雅のベッドに腰を下ろした。
「ねぇ〜布栗君なんか元気ないけどどうかしたの?」そう言って俺の隣に座った。
また胸がドキドキしてきた。「別に。何でもないよ・・・」
「もしかして昨日の事気にしてんの?いやだった?」
「そんな事無いけど、突然だったし。でも何であんな事?」
「だから言ったでしょう?布栗君のことが好きだって!」
「でも、ごめんね。布栗君の気持ちも考えずに・・・」
佐紀の頬に涙がこぼれた。
俺は胸が熱くなり佐紀を抱きしめた。佐紀は目を閉じている。
俺はためらうことなく唇を重ねた。

ガチャッ!!「・・・・・」

これでお願いしたい。
あ〜そうそう店長後で佐紀ちゃんに聞いといて!変態・さわやか路線どっちがいいか?

167 :名無し募集中。。。:2006/11/01(水) 20:08:56.56 0
>>166
続編クルー??

168 :名無し募集中。。。:2006/11/01(水) 20:27:08.02 0
ワッフルワッフル

169 :名無し募集中。。。:2006/11/01(水) 20:41:04.36 O
落とさないよ

170 :名無し募集中。。。:2006/11/01(水) 20:46:15.08 0
保全しないと落ちるぞ!
この落ちやすい状況下ではまめに保全だ

171 :名無し募集中。。。:2006/11/01(水) 20:46:32.06 O
ここにきて布栗氏の加速がw

172 :名無し募集中。。。:2006/11/01(水) 20:51:57.19 0
ほっしゅ

173 :名無し募集中。。。:2006/11/01(水) 20:59:55.16 0


174 :名無し募集中。。。:2006/11/01(水) 21:13:03.70 0
落とさねーぜ

175 :名無し募集中。。。:2006/11/01(水) 21:15:22.17 0
やばいなめーぐる関係でスレ乱立して
圧縮が頻繁に発生してるこのまま深夜を迎えると
落ちるかも・・・今日は寝ずに番するか

176 :>>144へ感謝を込めて:2006/11/01(水) 21:16:15.32 0
僕らは木々をくぐり抜け 朽ちかけた廃墟へたどり着く
いつもの6人で肝試し いつもとおんなじゆるい時間
たまに桃子と目が合って 僕らはこっそり笑いあう
桃子とつき合ってることは まだこいつらに言えてない
なんだか気恥ずかしくってさ 女子はもう知ってるのかな
なんて考えてるうちに ついに来ました運命のペア分け
「クジに細工をしたであります!」 友達は息巻いてたけど
作戦は失敗に終わったようで 思惑とは違う組み合わせ
抜け殻みたいになった友達の横で 桃子も残念そうな顔をする
一番手に選ばれた友達が いちばんちっちゃい女子と一緒に 
廃墟の中に消えていって そのあとで二番手の僕らも出発
僕のペアの女の子は ひとりだけ学年いっこ下なんだけど
昔から僕らのグループにいる イマドキって感じの子なんだ
「ヤバい かなり怖いですね」 お、ビビってるビビってる
可愛いとこあんじゃん、なんて 僕がニヤついてたら
「先輩は桃とつき合ってるんですよね?」 ぎゃー!!
で、出たー!! 「桃、いつも先輩の話ばっかしてますよ」
あ、へー、そうなんだ 「え え 先輩はどうなんです?」
好きなんですか?ラブラブですか? なんて興味しんしん
「そりゃ す 好きだけど…」 彼女はウハハ、なんて笑うと
僕をバシバシ叩きやがる 「ひゃー!ラブラブですねっ!!」
それから彼女は質問攻めで 僕が冷や汗ぬぐってるうちに
いつの間にか出口を抜けてた 「遅かったでござるなァーッ!」
友達が妙にテンション高い 中でなんかあったのかな?
座って桃子を待ってたら 「怖いであります!怖いであります!」
中から響いてくる友達の声に 外のみんなは大笑い
肝試しが台無しになるほど 秋晴れの空は澄みきっていて
僕は待ち遠しくてたまらない 桃子に話したい事があるんだ
ラブラブだって言われたんだよ 僕らはやっぱりラブラブなんだ

  
でお願いします ふぐり

177 :ふぐりちんこの助:2006/11/01(水) 21:28:31.83 0
キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!
あんた最高!!
〜遅かったでござるなァーッ!てなんてしゃべりかただよwww


178 :名無し募集中。。。::2006/11/01(水) 21:32:40.66 0
なにこの青春さん、二曹殿、ちんこの助の夢の共演wwwww
これどんどん話がひろがるなwww

179 :名無し募集中。。。:2006/11/01(水) 21:40:19.89 0
こんな体験してぇ〜よwww

180 :名無し募集中。。。:2006/11/01(水) 21:54:13.05 0
いつか桃子も俺たちの前からいなくなるんだろうから
このスレの桃子をあんまり好きになり過ぎないようにしようと思う

181 :名無し募集中。。。:2006/11/01(水) 21:56:19.57 0
2曹だけボロカスじゃねぇかww

182 :名無し募集中。。。:2006/11/01(水) 22:02:02.91 O
桃子とキャプテンと茉麻の話しは作者がいるようだから僕はこれから、雅と梨沙子中心に書いていこうと計画中です

183 :名無し募集中。。。:2006/11/01(水) 22:02:47.61 0
>>180
もう遅いよw
このスレの桃子はまさに女神だよw

184 :名無し募集中。。。:2006/11/01(水) 22:04:17.44 0
作戦失敗した2曹カワイソスww抜け殻www

185 :名無し募集中。。。:2006/11/01(水) 22:07:16.56 0
このあたりで2曹さんの華麗な戦術を駆使した復讐を
見たいなwww

186 :名無し募集中。。。:2006/11/01(水) 22:11:07.34 0
>>182
楽しみにしてますよ〜(>艸<*)

187 :名無し募集中。。。:2006/11/01(水) 22:16:25.14 0
そろそろ圧縮くるよ

188 :名無し募集中。。。:2006/11/01(水) 22:20:21.93 0
リアルでもこのスレでも人気の無い熊井ちゃんをなんとか活かしてくれ

189 :名無し募集中。。。:2006/11/01(水) 22:23:42.09 0
熊井ちゃんは汚したくないっていうか熊井ちゃんでそんな妄想したくない

190 :名無し募集中。。。:2006/11/01(水) 22:23:48.42 0
熊井ちゃんは2曹が別の所で出演させまくってるからおk

191 :名無し募集中。。。:2006/11/01(水) 22:25:32.97 0
しかし数年後にはキャプと2曹君は自衛隊に入隊するんだなww
防大に入って士官になるキャプとそれを追いかける2曹君ww
これで一本話ができるなw

192 :名無し募集中。。。:2006/11/01(水) 22:28:29.84 O
圧縮対策保全
三大巨頭をはじめとする職人各位に幸あれ!

193 :名無し募集中。。。:2006/11/01(水) 22:32:36.62 0
スリーアミーゴスの競演ワロタ

194 :名無し募集中。。。:2006/11/01(水) 22:34:16.79 0
圧縮に耐えたな

195 :名無し募集中。。。:2006/11/01(水) 22:49:25.11 0
>>199
別ってどこ?

196 :名無し募集中。。。:2006/11/01(水) 22:54:53.01 O
誤爆?アンカ間違い?

197 :名無し募集中。。。:2006/11/01(水) 22:56:49.72 0
素晴らしいコラボだ

198 :名無し募集中。。。:2006/11/01(水) 23:05:10.83 0
アンカー間違えた_| ̄|○
改めてどこ?

199 :名無し募集中。。。:2006/11/01(水) 23:05:32.75 0
ほっしゅる

200 :名無し募集中。。。:2006/11/01(水) 23:06:47.93 0
二人のイニシャルってB=BOYS BE…だよね?Y=やらしい?野外プレイ?Y談?

201 :名無し募集中。。。:2006/11/01(水) 23:14:41.61 0
>>176
コラボすげーーー

202 :名無し募集中。。。:2006/11/01(水) 23:33:12.89 0
コラボって…
初めて見たよスゲー

203 :名無し募集中。。。:2006/11/01(水) 23:50:43.55 0
落とさせねぇぜ

204 :名無し募集中。。。:2006/11/01(水) 23:50:44.72 0
自分は2等陸曹であります。
今日自分は久しぶりに清水1尉殿に夜の特訓をして頂いているのであります。
「2曹、今日は要塞攻略よ!」
「1尉殿、自衛隊の他国へ侵攻できません!日本に要塞がない以上、その模擬戦は意味がありません!
 ということで1尉殿、特訓止めて普通にえっちするでありますぅっ!」
1尉殿は飛びついた自分をきつく抱きしめ、頬を膨らませて自分を見つめられたのであります。
「篭城したテロ組織や、建物に立て篭もった侵攻軍との戦闘に応用できるのっ!真面目にやらないとさせてあげないからっ!」
「はっ!自分真面目に考えるでありますっ!」
1尉殿に叱られて自分が答えると、1尉殿は表情を緩めて自分を放して下さいました。
「2曹は対要塞戦闘どうやって攻める?」
「はっ!自分は正面から間断なく攻撃し、敵を消耗させますっ!」
「あんっ!そんな野木式玉砕戦法はだめっ!」
自分が1尉殿の足を広げて1尉殿の203高地を攻めようとすると、1尉殿はそれを止められたのであります。
「敵を消耗させるのは合ってるのよ。でもそれじゃ自軍も消耗しちゃうでしょう。先ずは敵の補給路を叩くの。
 その後は給排水施設を潰しちゃうの。水は飲めないし汚水は流れないし 戦わなくても勝手に消耗していくわ。
 あとは頃合をみて攻撃、突入するのよ!」
自分は1尉殿に頷き、もう1度203高地に戻ったのであります。
1尉殿の203高地に目を奪われ見落としていたのでありますが、203高地の下にピンクでしわしわの下水口がっ!
「1尉殿っ!自分下水処理施設を発見したでありますっ!早速攻撃するでありますっ!」
「あっ!2曹やだっ!あっ!おしっこの穴に来ると思ったのにぃっ!あっ!んあぁっ!おしりだめぇっ!」
さすが1尉殿っ!仰る通り下水施設への攻撃は効いてるでありますっ!こっ、このまま一気にっ!
「いっ、1尉殿ぉっ!自分下水処理施設を破壊するでありますぅっ!」
「あっ!いやっ!いっ、痛ぁっ!いやぁっ!2曹のばかぁっ!あっ!んあぁっ!」
「いっ、1尉殿ぉっ!施設の奥に爆薬を・・・あっ!でっ、出るぅっ!」

でお願いしたいのであります!
1尉殿が自分のを見て「これ位なら入りそうだよっ!」って笑顔で仰っていたので・・・
どうせ自分のはお尻でも安心サイズでありますぅ・・・

205 :名無し募集中。。。:2006/11/01(水) 23:58:29.90 0
2曹!キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!
もうネタに安心感があるよさすがだw

206 :名無し募集中。。。:2006/11/02(木) 00:07:13.08 0
また圧縮が来るな保全すっか

207 :名無し募集中。。。:2006/11/02(木) 00:09:59.94 0
ここだけのはなし、
青春桃子は毎回コピペして携帯に送信、寝る前に読んでる。

208 :名無し募集中。。。:2006/11/02(木) 00:12:41.49 0
それで夢の中で青春するんだな

209 :名無し募集中。。。:2006/11/02(木) 00:13:24.51 O
二曹氏の文は面白いと思いながら正直少し勃起している

210 :名無し募集中。。。:2006/11/02(木) 00:26:28.83 O
ただいま制作中ほ。
明日の朝あたりにはUPできると思います。

211 :名無し募集中:2006/11/02(木) 00:35:29.87 0
:::::::::::::::::::::::::::::.     
::::::\:☆ノノハ メーグルグル
::::::ミゝリ|*‘ヮ‘)|つ  <よろしくね!
::::::⊂__つノ 
メーグルマン巡回中!


212 :名無し募集中。。。:2006/11/02(木) 00:53:53.27 O
こんな夜には書くしかないのに アク禁に巻き込まれたみたい
泣きそうだぁ〜 よりによってこんな夜に…

213 :名無し募集中。。。:2006/11/02(木) 02:08:22.39 O
ho

214 :名無し募集中:2006/11/02(木) 02:59:37.38 0
::::::::::::::::::::::::::::.
::::::.\:★ノノハ のにゅ
::::::.ミゝ从*´∇`)つ<私の出演作もよろしくね!
::::::⊂__つノ
のにゅのにゅマン巡回中!


215 :名無し募集中。。。:2006/11/02(木) 04:06:07.76 0
 

216 :名無し募集中。。。:2006/11/02(木) 06:01:05.20 O


217 :名無し募集中。。。:2006/11/02(木) 07:48:13.14 O
おはほ

218 :名無し募集中。。。:2006/11/02(木) 08:49:20.32 0
さ仕事いっか

219 :名無し募集中。。。:2006/11/02(木) 08:49:34.04 0
前スレをhtmlであげてくれんか

220 :名無し募集中。。。:2006/11/02(木) 08:52:03.96 0
>>219
http://makimo.to/2ch/index.html

ここで探すと良いかも

221 :名無し募集中。。。:2006/11/02(木) 09:56:45.60 O


222 :名無し募集中。。。:2006/11/02(木) 11:00:30.51 O
タケワカ

223 :名無し募集中。。。:2006/11/02(木) 11:21:32.98 0
この2〜3日俺の頭の中から佐紀のことが離れない。
そこで佐紀を夜の公園に呼び出した。
「どうしたの?こんな時間に。」
そういう佐紀の腕をつかむと公衆トイレの中に引っ張っていった。
「ちょっと!どうしたのよ?もう!引っ張らないでよ!」
「佐紀!俺もう我慢出来ない!」そういって佐紀のブラウスに手をかけた。
「やめて!何すんのよ!だめっ!だめだったら!!」
しかしそんな声は俺の耳には入らない。嫌がる佐紀の服のボタンをはずした。
ブラウスの下から淡いブルーのブラが現れた。まだ成長途中と思われる胸は小ぶりだが、
体全体から立ち昇るフェロモンは間違いなく女の体だ。
俺はその胸に顔をうずめた。うっすらと石鹸の匂いがする。
気がつくと佐紀は抵抗をやめていた。
「もう! どうしてもしたい?」そう聞いてきた。
俺は胸に顔をうずめたままうなずいた。
すると佐紀の腕が俺の股間に伸びズボンのボタンをはずし、中に細い指の感触がきた。
そしてゆっくりとさすりはじめた。やはり佐紀ははじめてじゃないんだと思った。
その手の動きの快感に思わず声を出しそうになるが、俺は佐紀の乳首を舐めまわした。
その瞬間佐紀はうめき声のような声を発したが気にせずに行為を続けた。
佐紀はあいている方の手で自分のスカートと下着を下ろし始めた。
そしてゆっくりと体の向きを変えると後ろから入れるように誘導してきた。
もう俺は無我夢中で佐紀の白い尻をつかみ腰を振った。
公衆トイレの鏡に映る佐紀は歯をくいしばるような表情で声を出さないようにしている。しかし
「布栗君!もうだめ!佐紀いっちゃうぅ〜!!」
「俺もだぁ〜!」


この設定でお願いします。たまにはこういうノーマルな設定もいいかなと!


224 :名無し募集中。。。:2006/11/02(木) 12:30:15.89 0
こんな形で登場させちゃあっちの作者に悪いよ

225 :名無し募集中。。。:2006/11/02(木) 12:46:07.95 O
?キャプテン出すのはマズいってこと?

226 :名無し募集中。。。:2006/11/02(木) 12:50:10.47 0
誰がどのキャラを出すのは・・・・・自由だ!!!

227 :名無し募集中。。。:2006/11/02(木) 13:18:58.20 O
犬井ヒロシ乙

228 :名無し募集中。。。:2006/11/02(木) 14:10:07.24 0
>>176
今読んだ
感動的なコラボだったよ、それにしてもみやびちゃんが可愛い

229 :名無し募集中。。。:2006/11/02(木) 15:01:23.71 0


230 :名無し募集中。。。:2006/11/02(木) 15:25:59.02 0
http://makimo.to/2ch/index.html
ここを見ても前スレないね…
俺の探し方が悪いのかも知れんが

231 :名無し募集中。。。:2006/11/02(木) 15:29:30.43 0
>>166
変態系でも爽やか系でもどちらでも楽しみにしてます!

232 :>>176へ返礼:2006/11/02(木) 15:37:18.61 0
妄想日記〜バーベキュー編〜

今日はいつものメンバーでバーベキューをすることになった。
友人Yがサバイバルとかに凝ってて道具類は全て揃えているらしい。
会場となる川原までは桃子のお姉さんに車で連れて行ってもらった。
お姉さんはちょっと色黒だが声が高くてとてもきれいだ。
ただ常に説教口調なのには驚いたが。
佐紀と雅は食材の準備、俺とYは釜場を作り始めた。
桃子のお姉さんは携帯で誰かと話しているが
なんだかずっと仕事や同僚の愚痴をこぼしているようだ。
ふと見ると桃子と友人Bの姿が無い。奥の森の中にでも入ったのだろうか?
釜場作りが落ち着くと俺は釣竿を取り出した。
川は澄みきった空の下できらきらと輝いている。
すると横に雅が来て川を眺めていた。
後ろを見ると佐紀がYを小突いたりしていい雰囲気だ。
雅はおもむろに小さな石をつかむと川に投げた。
「おい!釣りやってんのにやめろよ!」
「・・・」
すると雅は横を向いて離れていった。あ〜しまったいいすぎたか?
後を追い雅の肩をつかもうと
手を伸ばした、突然、雅は振り返り手が雅の顎に当たってしまった。
「ごめん!言い過ぎたよ。」
すると雅はにっこりと微笑んだ。そして二人でまた釣竿のところに戻った。
なんだか今日はいい日になりそうだ。
その瞬間、こちらを向いている佐紀と目があってしまった。



この設定で野外プレーはOKですか?   青い春。

233 :名無し募集中。。。:2006/11/02(木) 15:37:48.29 0

  ∋8ノ゛゛ヾ
  川´;・_・;リ  ひぃ
   (、⊂,ノ⌒ヽ、
  ⊂ゝー(_(_,つ

イメクラBerryz工房 part7
http://saki.from.tv/morningcoffee/1162127368/
イメクラBerryz工房 part6
http://saki.from.tv/morningcoffee/1160488139/
イメクラ Berryz工房 part5
http://saki.from.tv/morningcoffee/1160140737/
イメクラ Berryz工房 part4
http://saki.from.tv/morningcoffee/1159628635/
イメクラ Berryz工房 part3
http://saki.from.tv/morningcoffee/1159101108/
イメクラハロープロジェクト
http://saki.from.tv/morningcoffee/1157830832/
イメクラBerry-℃-ute
http://saki.from.tv/morningcoffee/1157732968/
イメクラ Berryz工房 part2
http://saki.from.tv/morningcoffee/1157306445/
イメクラ Berryz工房
http://saki.from.tv/morningcoffee/1156392544/

234 :名無し募集中。。。:2006/11/02(木) 16:20:33.71 0
>>233
ありがとう!

235 :名無し募集中。。。:2006/11/02(木) 17:17:32.05 0
>>225
布栗君

236 :名無し募集中。。。:2006/11/02(木) 18:36:36.26 0


237 :名無し募集中。。。:2006/11/02(木) 19:10:43.79 0
:::::::::::::::::::::::::::::.     
::::::\:☆ノノハ メーグルグル
::::::ミゝリ|*‘ヮ‘)|つ
::::::⊂__つノ 
メーグルマン巡回中!

238 :名無し募集中。。。:2006/11/02(木) 19:40:12.83 O
中学校卒業の日。
予行演習の時は平気だったが、やっぱり本番となるとこみ上げてくるものがある。たくさんの思いでと一つの心残り。
式が終わり、まわりでは、卒業アルバムの中に寄せ書きをしてる奴、記念撮影をしている奴もいる。
僕も友達と話しをしていたが、いまいち心がすっきりしない。しばらくして、思いを振り切るために荷物を持ち椅子から立ち上がる。
「じゃぁな」そう言うと一人教室を出る。
「待って!!!」廊下をパタパタと走ってくる音。少し息を切らしながら「もう帰っちゃうの?」そう言って僕をみる。僕の心残りの種。夏焼雅。「うん。もう話すこともないし。腹も減ったし」少しぶっきらぼうの口調で答える。
「はい。これ。君で最後なの。書いて?」そう言って卒業アルバムとペンを僕に差し出す。クラス全員に書いてもらったのか、スペースが少ししかない。
さんざん迷ったあげく、心残りをなくすために本音を書くことにした。小さなスペースにとても小さな字でこう書いた。
『夏焼さんへ
 僕は三年間ずっと君のことが好きでした。高校に行ってもがんばってください。応援してます。     〇〇   』アルバムを閉じペンと一緒に返す。
「ありがと。ねぇこれからみんなで遊びに行こうかとか話してたんだけど」少し寂しそうな顔で雅が言う。
「俺は行かなくていいや。じゃあまたね」
そう言って学校をでる。心残りのないすっきりした気持ちで。


239 :名無し募集中。。。:2006/11/02(木) 19:42:32.75 O
翌日。夕方部屋でゴロゴロしていた僕に電話がかかってきた。
「もしもし」
「あっ…私…夏焼です」「へっ!?」一瞬頭がフリーズした。その後はなにをしゃべったのか覚えていない。ただ一つ覚えているのは、今から近くのコンビニに来てほしいと言われたことだけ。
急いで用意をし、コンビニに行くと雅がいた。
コンビニの近くの公園に行き、並んでブランコに座る。
「話しって…なに?」僕がそう聞くと
「わかってるくせに。アルバムに書いてたことでね」少し笑って雅は続ける。
「ああいう言葉はさ、直接言ってもらったほうが嬉しいのよね」
「言える勇気があったならとっくの昔に言ってるよ」投げやりに言うと
「じゃあ、今言って」
「えっ!?」驚いて雅をみると、僕を見つめていた。
「僕は君のことが好きです」迷った末に言うと
「私も」雅が空を見上げながら言う。
雅が言った言葉が理解できない。からかわれたのかと思って雅を見ると、「キスしよっか」
雅はそう言って僕にキスしてくる。
「これからさ、高校は別々になっちゃうけどさ、いっぱい二人の思い出作ろうね」雅が言う。
そして僕らは誓いのキスを交わした…






みたいな卒業イベントが…あっアルバムは雅ちゃんのやつがいいです!
えっ。だめ。やっぱりそうですよね…

240 :名無し募集中。。。:2006/11/02(木) 19:44:46.39 O
昼間あげようとしたら布栗さんがあげてたので夕方に。他の人のようなユーモアがないので、ワンパターンです。

241 :名無し募集中。。。:2006/11/02(木) 19:56:12.81 0
イイヨーイイヨー。
僕がこんな事したら晒し者にされて人生あぼーんw

242 :名無し募集中。。。:2006/11/02(木) 20:30:17.55 0
。・゚・(ノД`)・゚・。
卒アル告白かぁ…それでもやっておくべきだったなぁ…

243 :名無し募集中。。。:2006/11/02(木) 20:37:31.78 O
>>238>>239
ほんわか萌え萌えできました
ありがとう!

244 :名無し募集中。。。:2006/11/02(木) 21:06:12.07 0
自分は2等陸曹であります。
自分は寝坊して教練に遅刻してしまったので、教練が終わった現在、罰として腕立て伏せ中であります。
「49・・・50・・・1尉殿ぉっ!まだでありますかぁっ?!」
「まだ50回でしょうっ!佐紀は200回って言ったのよっ!」
1尉殿の怒った顔はなんとも可愛く、自分実は好きなのでありますが・・・あぁっ!もうだめでありますっ!
自分は98回で伏せた体を持ち上げられずへたり込んでしまったであります。
「もうっ!自衛官のくせに体力ないんだからぁ・・・2曹、ちょっと来てっ!」
1尉殿は自分を引き起こすと、自分の手を引いて倉庫の中に入られたのであります。
「緻密な作戦行動は、時間を守ることが大前提なんだからねっ!」
1尉殿は自分にお説教しながら服を脱がせ、ご自分も脱がれたのであります。
「あ、あの1尉殿こんなところですると、人に見られちゃうであります・・・」
「大丈夫っ!それにえっちじゃなくて2曹の罰の続きなんだから・・・んっ!・・・あっ!」
「あぁっ!1尉殿ぉっ!」
「んっ!・・・2曹起きて・・・佐紀の上になって・・・」
1尉殿は自分を跨いで入れると、座位、正常位と体勢を入れ替え、自分を上にされたのであります。
「2曹、腰立て伏せでいいからねっ!そのかわり200回動くまで出しちゃだめよっ!」
「いっ、1尉殿ぉ・・・せめて100回にして下さいぃ・・・」
「だめっ!200回以内で出したら1からやり直しだからねっ!よーい・・・はじめっ!あっ!んあっ!」
「あぁっ!いっ、1尉殿ぉっ!締めたらだめでありますぅっ!でっ、出るぅっ!あぁっ!・・・」
20回持たずに出してしまった自分を1尉殿が嬉しそうに見つめてるのでありますぅ・・・
「じゃあもう1回ねっ!あっ!2曹ぉっ!何回出してもいいから、あっ!がんばってねっ!んっ!・・・あっ!」
「自分が早いの知ってるくせにぃっ!今日はエンドレスになるでありますよぉっ!あぁっ!また出るぅっ!」
「やぁんっ!これじゃ明日は佐紀まで遅刻しちゃうぅっ!あぁんっ!また出てるぅっ!あっ!んあぁっ!」

でお願いしたいのであります!
1発当たりのコストパフォーマンスは、自分この店の客の中で1番でありますよっ!
・・・空しい自慢でありますよ・・・

245 :名無し募集中。。。:2006/11/02(木) 21:55:53.77 0
ワロスwwwwwwwww

246 :名無し募集中:2006/11/02(木) 22:12:31.17 0
二曹殿キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!

247 :名無し募集中。。。:2006/11/02(木) 22:27:06.97 O
コストパフォーマンスってw

248 :名無し募集中。。。:2006/11/02(木) 23:10:44.52 0
学旅行の出発の前日、しばらく会えなくなるから、放課後の誰もいない教室で後輩の雅ちゃんと何でもないおしゃべりをしていた。
お互いに意識してか、修学旅行の話題は出ない。修学旅行から帰ってきた後にどこに行こうか、そんな話ばかりだ。
ふと話題が途切れ、僕らは席をはさんで向かい合ったまま黙り込む。
校庭からは部活をやっている生徒の声がかすかに聞こえてくる。
教室には僕ら二人だけ、こんな風に話をできるようになるなんて、ちょっと前までは想像もしていなかった。
だから、明日からの修学旅行も、今は前ほどは楽しみじゃない。

会話が無くて黙ったままでも、お互い顔を見合わせているだけでドキドキするしなんだか楽しい。
明日から会えないんだなぁ、何となくそんな事を考えていると、雅ちゃんが「浮気とかしたら、だめですからね?」と真剣な顔で言ってくる。
僕は笑いながら「誰とだよ、俺そんなに人気ないよ?」と言って、雅ちゃんの不安をかき消そうとするけど、雅ちゃんは真剣な顔で
「でも、修学旅行はカップルが出来上がるきっかけだって雑誌に書いてありました。」
子供っぽい不安に思わず笑ってしまう僕を、雅ちゃんは顔を赤くしながら「何で笑うかなぁ…。」といって照れた笑顔で見る。
その照れてはにかんだ顔が可愛いくて、自然と
「大丈夫だよ、雅が一番好きだよ。」
なんていう恥ずかしい言葉が出てしまう。
言ってしまってから急に恥ずかしくなって、僕は雅ちゃんの顔が見れず、横を向いてしまった。

雅ちゃんがずっと黙っているので、おそるおそる雅ちゃんの顔を見てみると、雅ちゃんは目をぱちくりとさせて、口元を手で押さえている。
「なんだよ、何とか言えよ」照れ隠しで雅ちゃんをつつくけど、そのままだんだんと赤くなっていって「あの…えっと」といって固まっている。
「お願い、もう一回、さっきの…」と言って真剣な顔で僕を見てくる雅ちゃん。
「えっと、名前で、呼び捨てしてくれたの初めてで、ずっとちゃん付けで…あの、だから…もう一回…」
雅ちゃんは耳まで赤く染めた顔で僕をじっと見て、こう続けた。
「もう一回名前で呼んでくれたら、そうしたら、明日から会えなくても、さみしくても我慢できると思うから…だから、もう一回…」


249 :名無し募集中。。。:2006/11/02(木) 23:11:27.82 0
僕は恥ずかしくてしょうがなくて、立ち上がって帰り支度をはじめる。
「ほら、帰るぞ。」そう言って立ち上がろうとするけど、雅ちゃんが袖をつかんで放してくれない。
僕は恥ずかしくて恥ずかしくて、言ってあげたいけど言えなくて、
けど、じっと僕の袖をつかんでこっちを見る雅ちゃんの顔がすごく愛しくて、
それと、教室に二人だけしかいないっていうシチュエーションが僕の背中を押して、
だから、僕は体中の勇気を振り絞って、「…ほら…帰るよ…………雅。」と言っていた。

とてもじゃないけど、雅の顔を見ていられない僕。
雅に負けないくらい顔が赤くなっているだろうな、そんな事を考えていたら、「大好きです、……さん」という雅の声が背中で聞こえた。
その声はとても小さかったけど、いつもの「先輩」という呼び方でも「苗字+さん」でもなく、確かに僕のことを「名前+さん」って呼んだんだ。
僕は慌てて振り向いて、雅の顔を見る。
「今…名前で…」そう言いかけると、雅は僕の腕に抱きついてきて、顔を二の腕に押し付けたまま
「帰りますよ!ね、ほら、早くっ!」
と言って顔を上げてくれない。
ちょっと意地悪な気持ちになった僕は、こんなお願いをしてみた。
「…ねえ、今の、もう一回言ってくれないかなぁ」
「だめです!絶対だめ!」
そう言って、僕の腕に抱きついたまま「いやいや」をする雅は、耳まで真っ赤に染めて学校を出るまでずっと僕の腕にしがみつきっぱなしだった。
僕がもうちょっと意地悪をしたくなって、「どうしてもだめ?」と聞いてみると、
「だめです!……恥ずかしくてほんと死んじゃう…」
吹き出しそうになったのをこらえて、僕は雅の頭をぽんぽんと撫でながら、「じゃあ、また今度ね」と言って許してあげた。
修学旅行から帰ってきたときは、また下の名前で呼んでくれるかな?ちょっと楽しみにしておこう。

っていう、「名前で呼んで名前で呼ばれて」イベントはいかがですか?

250 :名無し募集中。。。:2006/11/02(木) 23:13:40.10 0
いかがですかの人キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!




251 :名無し募集中。。。:2006/11/02(木) 23:17:19.60 0
いぃねぇ〜

252 :名無し募集中。。。:2006/11/02(木) 23:36:30.60 0
ハァ━━━━━━━ ;´Д` ━━━━━━━━ン!!!!アンタを待ってたよおお!!

253 :名無し募集中。。。:2006/11/02(木) 23:45:22.41 O
雅ヲタの俺は>>248>>249あなたを待っていた

254 :名無し募集中。。。:2006/11/02(木) 23:54:15.78 0
変態紳士な佐紀ヲタな俺だがこんなシュチュの佐紀タンが読みてえ

255 :名無し募集中。。。:2006/11/03(金) 00:07:01.83 0
やっぱ雅ちゃんはこんなイメージだな
それに比べてキャプヲタはww

256 :名無し募集中。。。:2006/11/03(金) 00:29:02.67 0
.>>248>>249
できれば桃子でも、、、

257 :名無し募集中。。。:2006/11/03(金) 00:54:39.31 0
このスレもpart7まできたせいか職人もある程度固定化され
ネタも洗練されてきた感があるなw
こういう良スレは残さないとな。

258 :名無し募集中。。。:2006/11/03(金) 00:56:45.12 0
暮れゆく街のざわめきが やけにうるさく響いてる
ちょっと黙ってくれないか 桃子が泣いているんだよ
部屋の電気もつけないで 頭から布団をかぶったまま
学校からの帰り道もずっと 桃子は泣いていたんだよ
「友達が学校辞めた」って 「明日からもう来ない」って  
自分の部屋に戻ってもずっと 桃子は泣いていたんだよ
「おなじ小学校だった」って 「一緒にがんばってた」って  
僕はその子をよく知らない でも でも桃子は泣いているんだ
泣きながら僕に聞いてくる 布団の中でハナをすすって
「やっぱ夢ってさぁ… …いつか終わっちゃうのかなぁ…?」
何でそんなことを聞くのか 僕にはわからなかったけど
きっと大事なことなんだと思う 桃子の声は震えていたから
だけど僕には答えられない 何も言えずに黙っていたら
「…いるぅ?」不安そうな桃子の声 いるよ ここに、いるよ
薄暗い部屋でモゾモゾと 桃子はベッドから腕を出すと
「ん… ね〜え、手ぇ…」 そう言ってちっちゃい手を
悲しそうにフラフラ揺らした 僕はゆっくり手をのばし
小指と小指をからませて その手をそっと握りしめる
このくらいしか僕にはできない それはとても悲しいことだ
「グスッ… 泣き虫でぇ… ゴメンねぇ…?」 なんて
布団の中から桃子は言うけど 謝りたいのは僕のほうだよ 
だって僕にできることは こうして桃子の手を握って
できれば桃子や 桃子の友達や 僕や 僕の友達の
明日が楽しい一日ですように、って そう願うことだけ
だって桃子がいつか言ってくれた あの言葉は本当だと思うから
「楽しければいいと思うよぉ〜?」 それがすべてなはずだから 


でお願いします 亀甲しばり

259 :名無し募集中。。。:2006/11/03(金) 01:01:29.70 0
ネタとかでなくてリアルに涙でた
これは全面的に共感できる

260 :名無し募集中。。。:2006/11/03(金) 01:02:24.78 0
やられた!
キャプで似たようなネタを考えていたんだがw


261 :名無し募集中。。。:2006/11/03(金) 01:10:45.20 0
ホントに桃子がこう言ってくれてたらいいな
泣いて悲しんででも桃子は俺たちの前からいなくなったりしませんように

262 :名無し募集中。。。:2006/11/03(金) 01:11:57.81 0
こんな経験したことなんて微塵もないのに共感できる!
しかし何か変態物が書きづらい雰囲気になってきたなw
キャプヲタの面目にかけて強力なのを考えるかw

263 :名無し募集中。。。:2006/11/03(金) 01:15:45.95 0
この二人は青春をこじらせすぎw

264 :名無し募集中。。。:2006/11/03(金) 01:16:25.16 0
キャプヲタから変態をとったら何が残るのかとゆいたいです

265 :名無し募集中。。。:2006/11/03(金) 01:20:19.72 0
>>258
超絶泣いた
いやマジで

266 :名無し募集中。。。:2006/11/03(金) 01:34:23.59 0
>>260
ぜひ読みたいです
>>262
二曹さんや変態キャプヲタのみなさんあってこその僕です
ここはイメクラだってのに 僕のはエロくないし笑えないし
「振り幅」ってことで許してもらってるようなもんですから

267 :名無し募集中。。。:2006/11/03(金) 01:45:53.75 O
>>258めぐヲタの俺は号泣した
今も涙が止まらない

268 :名無し募集中。。。:2006/11/03(金) 01:51:50.01 0
>>248
続編きてたああああ
>>258
やっぱ泣いた

269 :名無し募集中。。。:2006/11/03(金) 02:12:51.90 0
俺は一体いつからこんなにも雅の事を思うようになったのだろう。
雅はいつも明るくて優しくて・・・みんなが憧れてるのも納得できる。
だけど俺と雅はただのクラスメートでしかなく、
口をきくことさえあまり無かった。
ましてや二人きりになるなど想像すら出来なかった。
あの瞬間までは・・・
放課後、雨が降りそうな黒い雲が空を覆っている。
忘れ物に気づいた俺は教室に戻った。そこには、雅が一人で席に座って何かを書いていた。
突然現れた俺にとても驚いたようだ。「どうしたの?」
「あぁ忘れ物だよ、家の鍵をわすれてな。そっちこそ何やってんだ?」
「えっ!別に何でもないよ!もう帰るとこ!」
雅は机のものを急いでしまうと教室を出て行った。「じゃあね!」
俺も帰ろうとした時、雅の机の下に一枚の紙が落ちていた。
見てみると、誰かへの告白の手紙みたいだ。勿論相手の名前はわからない。
一瞬迷ったが雅に渡さないとと思い、急いで後を追った。
いつの間にか外は雨が降り始めていた。
雅は傘を持ってないため、校舎の庇の下でぼんやり立っていた。
「これ、雅のだろう?落ちてたよ。」そういって手紙を渡した。
「えっ!読んだ?これ。」「ちょっとだけな。別に誰にも言わないよ。」
「ねえ〇〇君の家、2丁目じゃなかった?」
「そう!あたしの家はその手前だから傘入れてくれない?」

270 :名無し募集中。。。:2006/11/03(金) 02:13:22.50 0
勿論断る理由も無く二人で帰ることにしたが、俺にとって女の子と一緒に
しかもみんなが憧れる雅と二人きりなんてことは考えたこともないため、
急に胸がどきどきしてきた。雨に濡れないように体を寄せ合って歩き、
クラスの友達のこと、趣味、将来の夢などを話しながらこのままずっと
一緒に歩いていたいな、だけど次の角を曲がれば雅の家はすぐそばだ。
ここで別れたら次にこうやって話せるのはいつだろう・・・
せつない思いが胸を締め付ける。
やはり幸せな時間はそう長くは続かないな・・・
そう思った時、雅がこちらを向いて言った。
「さっきの手紙もし〇〇君がもらったとしたらどう思う?」



こんな感じで駆け引きを楽しみたいのだが
あさってが雨のようだから予約しておいてくれたまえ!   布




271 :名無し募集中。。。:2006/11/03(金) 02:37:17.17 O
最後は上目遣いだったら更に素敵だな

272 :名無し募集中。。。:2006/11/03(金) 03:01:05.25 O


273 :名無し募集中。。。:2006/11/03(金) 03:55:35.08 0
:::::::::::::::::::::::::::::.     
::::::\:☆ノノハ メーグルグル
::::::ミゝリ|*;‘ヮ‘;)|つ
::::::⊂__つノ 
メーグルマン巡回中!

274 :名無し募集中。。。:2006/11/03(金) 05:20:38.33 0
>>233
遅レスだがありがとう!!

275 :名無し募集中。。。:2006/11/03(金) 05:24:31.08 0
>>258
桃子の声が脳内で聞こえて来るな

276 :名無し募集中。。。:2006/11/03(金) 06:51:06.72 O


277 :名無し募集中。。。:2006/11/03(金) 07:22:21.28 O
ド変態もあり爽やかもあり色々楽しめるのがイメクラberryz工房だと思います
いちファンとして職人の皆さんに御礼を言いたいです
いつもありがとう!

278 :名無し募集中。。。:2006/11/03(金) 07:58:41.18 0
>>233
サンクス 連休中にじっくり読みたいと思う

279 :名無し募集中。。。:2006/11/03(金) 08:37:23.25 0
ここはオアシスですね

280 :名無し募集中。。。:2006/11/03(金) 09:55:22.63 O
紳士達が集います

281 :名無し募集中。。。:2006/11/03(金) 10:44:08.12 O
wktk

282 :名無し募集中。。。:2006/11/03(金) 11:48:44.59 O


283 :名無し募集中。。。:2006/11/03(金) 11:55:43.09 0
清水一尉
http://siontakes.ddo.jp/img/00kids/03photo/saki/20060331-saki.jpg


284 :名無し募集中。。。:2006/11/03(金) 12:35:39.92 O


285 :名無し募集中。。。:2006/11/03(金) 13:42:15.66 0


286 :名無し募集中。。。:2006/11/03(金) 14:30:25.35 O


287 :名無し募集中。。。:2006/11/03(金) 14:45:50.62 O
のにゅ

288 :名無し募集中。。。:2006/11/03(金) 15:38:02.87 O
保全なの

289 :名無し募集中。。。:2006/11/03(金) 16:23:29.59 O
職人さん降臨まで ほ

290 :名無し募集中。。。:2006/11/03(金) 17:04:14.90 0


291 :名無し募集中。。。:2006/11/03(金) 18:27:46.68 O


292 :名無し募集中。。。:2006/11/03(金) 19:33:14.23 O
保全

293 :名無し募集中。。。:2006/11/03(金) 19:46:10.70 0
中川翔子のブログが本になるご時世だから
このスレッドの内容を本にすれば軽くミリオン

294 :名無し募集中。。。:2006/11/03(金) 20:25:38.10 O
ほす

295 :名無し募集中。。。:2006/11/03(金) 21:18:48.63 O


296 :名無し募集中。。。:2006/11/03(金) 22:02:35.72 0
「おい!あそこに小屋がある!」
俺は雨の中、小屋に向かって、佐紀を背負うと走り出した。
幼馴染でひとつ年上の佐紀との楽しいはずのハイキングがまさかこんなことになるなんて・・・
佐紀と二人で散歩に出たのだが道に迷ってしまい、しかも佐紀が足を
痛めたところに雨までふりだした。
小屋の中は真っ暗でだがしょうがない。だがすみの方に一枚の毛布を見つけた。
「佐紀、濡れた服を脱いでこの毛布にくるまっていろ!」
「うん。わかった。ちょっと向こうを向いててくれる?」
いつもの佐紀は俺に対して年上ぶっているのだが、今はとても素直だ。
俺が横を向くと服を脱ぎ始めた。
二人で腰を下ろすと自然に肩を寄せ合った。
「ねぇ?寒くない?こっちに来ない?その方が暖かいよ。」
俺はその言葉に一瞬迷ったが、雨に濡れて震えていたので従うことにした。
毛布に入ろうとすると佐紀が止めた。
「濡れたままじゃだめだよ!脱いで!」
「いや!それは・・・」
「いいから!風邪引いちゃうよ!」
俺はゆっくりと服を脱ぎパンツ一枚になり佐紀の毛布に入った。
もちろん佐紀も同じ姿だ。
そして佐紀は俺の腰に腕をまわすようにして体をつけてきた。
俺は佐紀の肩に手を伸ばして抱き寄せた。
そのとき聞こえているのは雨の音だけだ・・・


こんな感じで時間までお願い!

297 :名無し募集中。。。:2006/11/03(金) 22:38:25.92 0
おちちゃう! あぁ・・・

298 :名無し募集中。。。:2006/11/03(金) 23:11:03.14 O
キャプネタでまともなのが来ると戸惑ってしまうwww

299 :296:2006/11/03(金) 23:21:17.15 0
>>298
いや最初はこの流れで変態物を書こうとしてたんだが、
スレの空気にながされてしまった・・・
キャプヲタ変態紳士諸氏のためにも出直してくる!


300 :名無し募集中。。。:2006/11/03(金) 23:26:29.11 O
たまには良いんじゃない、とマジスレ

301 :名無し募集中。。。:2006/11/03(金) 23:28:38.79 O
ふつうに勃起

302 :名無し募集中。。。:2006/11/03(金) 23:40:38.45 0
またきてほしーの

303 :名無し募集中。。。:2006/11/04(土) 00:29:40.25 O


304 :名無し募集中。。。:2006/11/04(土) 01:03:42.52 O
保全

305 :名無し募集中:2006/11/04(土) 01:06:46.31 0
:::::::::::::::::::::::::::::.
::::::.\:☆ノノハ クゥ〜ン 
::::::.ミゝ从 ’w’)つ
::::::⊂__つノ 
::::::\☆ノノノハ スアマスアマ
::::::.ミ从o゜ー゜从つ 
::::::⊂__つノ 
:::::::.\:☆ノノハ ピ〜チッチ    
:::::::.ミゝル ’ー’リつ
::::::⊂__つノ 
::::::\: ノノハヽ オードン オードン
::::::ミゝ从´∇`从
::::::⊂__つノ 
:::::::.\:☆ノノハ ヒハホ〜イ 
:::::::.ミゝ川´・_・リつ 
::::::⊂__つノ 
::::::\:☆ノノハ エンジョ〜イ 
::::::ミゝ川*^∇^)つ 
::::::⊂__つノ 
::::::\: ☆ノノハ ドーシヨードーシヨー
::::::ミゝ州*‘ -‘リつ 
::::::⊂__つノ 
::::::::.\:☆ノノハ ミヤビガイクヨ!
::::::::.ミノノl∂_∂'ルつ
::::::⊂__つノ 
Berryz巡回中!


306 :名無し募集中。。。:2006/11/04(土) 01:07:25.13 O
今夜は静かだな、ここ何日か凄かったから余計に

307 :名無し募集中。。。:2006/11/04(土) 01:46:00.99 0
待 侍

308 :名無し募集中。。。:2006/11/04(土) 02:57:04.24 O
ねるほ!

309 :名無し募集中。。。:2006/11/04(土) 03:46:50.96 O
保全

310 :名無し募集中。。。:2006/11/04(土) 04:11:28.55 0
俺は人類最強の男というコピーに引かれ、人類最強になるためにはどうすればよいのか考えた
人類最強なのだからどんなこともできる
手始めに全裸で姉の部屋にアンゲロ、アンゲロとつぶやきながら飛び込む
タンスをこじ開けブラジャーを腰に巻きパンティーを頭にかぶる
姉が呆然としながら見てくるが人類最強なので気にしない
姉のベッドに潜りこみ「幸せだから!幸せだから!」と絶叫、姉は無言で部屋から立ち去る
だがまだ最強には不十分、次は妹の部屋にムッシュムッシュと叫びながら飛び込む
妹は着がえをしている最中だったが人類最強なので無視
半裸で逆立ちをしながら「俺に充電しろ!!俺に充電しろ!!」と絶叫
妹は大泣きで退散、確実に人類最強に近づく
開脚後転でトイレに飛び込み便座を外し首に掛ける
ゾンビの真似をしながら母の部屋に突撃、タンスを開けると一枚の写真発見
死んだ親父が俺を抱いている写真だった
俺は泣いた



これをお姉ちゃんが熊井ちゃん、妹がりぃたんでお願いします

311 :名無し募集中。。。:2006/11/04(土) 04:29:53.14 0
wwwwwwwwwwきちゃってるなwww

312 :名無し募集中。。。:2006/11/04(土) 06:08:16.17 O


313 :名無し募集中。。。:2006/11/04(土) 07:59:14.74 O
ももみや期待ほ

314 :名無し募集中。。。:2006/11/04(土) 08:44:50.10 0
自分は2等陸曹であります。
今日は清水1尉殿と格闘訓練中であります。
普通は戦闘服でやるのでありますが、1尉殿がプロレス好きのため2人共水着なのであります!
「1尉殿っ!行くでありますっ!あっ!あれ?・・・あぁっ!いっ、痛いでありますぅっ!」
「もうっ!2曹隙だらけよっ!ほらっ!抵抗しないと落としちゃうからっ!」
1尉殿は自分を倒すと、自分の左腕を取って三角締めで自分の頚動脈をっ!
自分は痛いの半分、1尉殿の股間に挟まれて幸せ半分なのでありますっ!
あぁっ!でもなんとかしないと意識が・・・反則技を使うでありますっ!


315 :名無し募集中。。。:2006/11/04(土) 08:45:51.72 0
「あっ!2曹だめっ!ちょ、ちょっとぉっ!あっ!いやぁんっ!」
自分が空いてる右手で1尉殿の急所を水着の上からいじると、1尉殿の足の締める力が弛んだのであります!
チャンスでありますっ!自分は1尉殿の足の間から抜け出し、1尉殿の水着をずらしたのであります!
「1尉殿っ!反撃するでありますよぉっ!」
「あぁんっ!訓練中なのにぃっ!あっ!だめっ!剥いちゃだめぇっ!お尻もだめぇっ!んあぁっ!」
自分の三所攻めに、1尉殿の体の力がどんどん抜けていくのであります!
自分は1尉殿の急所3ヶ所を指で攻めながら、1尉殿の体を舐め上がったのであります!
「1尉殿、乳首が硬くなって水着にポッチり浮き上がってるでありますよぉっ!」
「あぁんっ!2曹のばかぁっ!こんなことだけ上手くなってぇ・・・あっ!佐紀もうだめぇっ!あっ!」
自分が水着の上から乳首を舐めはじめると、4ヶ所攻めに耐えかねた1尉殿がピクピクしはじめたのでありますっ!
「1尉殿ぉっ!今日は自分が1尉殿を落とすでありますっ!」
自分は素早く水着を脱ぐと、落ちそうな1尉殿に恥かし固めをかけたのであります!
「あっ!んあぁっ!2曹ぉっ!」
「1尉殿っ!自分1尉殿の弱いところは知ってるでありますよっ!どうでありますか?・・・あっ!あぁっ!」
得意気に攻めていた自分に・・・1尉殿の反撃がぁっ!
「佐紀だって2曹が早いの知ってるもんっ!ねえ2曹・・・締めちゃうけどがんばって佐紀を落としてね・・・んっ!」
「いっ、1尉殿ぉっ!そんなに締めたら自分・・・あぁっ!でっ、出るぅっ!」
「あぁんっ!なんで出しちゃうのよぉっ!佐紀もうちょっとだったのにぃっ!」

60分3本勝負でお願いしたいのであります!
2本目は1尉殿のフランケンシュタイナーからお願いしたいのであります!

316 :名無し募集中。。。:2006/11/04(土) 08:50:48.19 0
>>310
どっかで見たな

317 :名無し募集中。。。:2006/11/04(土) 08:55:36.20 0
土曜の朝っぱらからwww
ワロタ

318 :名無し募集中。。。:2006/11/04(土) 09:38:30.35 0
最高!!

319 :名無し募集中。。。:2006/11/04(土) 09:58:05.57 0
>恥かし固め
バロスwwwwwwwwwwwwwwww

320 :名無し募集中。。。:2006/11/04(土) 10:34:23.95 0
妄想日記〜実況編〜

今日はイメクラBerryz工房へやって来た。
今、ネットなどで大評判の店だ。女の子によってそれぞれ得意なシチュエーションがあるという。
そのため完全予約制だ。脚本をメールまたはFAXで先に送るというシステムだ。
受付で名前を告げると奥の待合室へ案内された。先客が二人、共に自作の脚本をチェックしている。
自分の番になり部屋に案内される。先にシャワーを浴びプレイルームに入ると、
そこは教室だった。「布栗君おはよう!今朝は教室一番乗りだね!」
すごい役になりきってる!
佐紀はそう言うと俺に近づき股間をさすりはじめた。
「佐紀ちゃん!だめだよ!こんなところで・・」
「そんなこと言っても、ここはこんなだよぉ?」
佐紀はおれを机の上に座らせると、ズボンを脱がしちんこを出した。
「えへへへ!おいしそう!いただきま〜すぅ!」パクッ!!ジュバッ!ジュバッ!
俺のちんこをおいしそうにほおばる佐紀はとてもご機嫌だ。
「うわっ!もうだめっ!出る!」
「顔にちょうだい!!」佐紀の希望通り、いや俺の希望だが顔にぶちまけた。
数分後着替えているとすぐ後ろで佐紀が別の衣装に着替えている。
しかもなんと軍服だ!次の客はどんなストーリーを作ったのだろう?
あっいけない、こんな時間だ仕事いかなきゃ!




321 :名無し募集中。。。:2006/11/04(土) 11:42:15.85 0
プロフェッショナルすぎるw

322 :名無し募集中。。。:2006/11/04(土) 12:23:53.41 O
2曹さんのレスで勃起してます

323 :名無し募集中。。。:2006/11/04(土) 13:15:32.40 0
キャブヲタw

324 :名無し募集中。。。:2006/11/04(土) 14:51:37.54 O


325 :名無し募集中。。。:2006/11/04(土) 15:46:39.64 O


326 :名無し募集中。。。:2006/11/04(土) 16:51:45.39 O


327 :名無し募集中。。。:2006/11/04(土) 17:45:54.75 0


328 :名無し募集中。。。:2006/11/04(土) 17:45:55.32 O
しゅ

329 :名無し募集中。。。:2006/11/04(土) 18:38:56.48 O


330 :221x249x224x82.ap221.ftth.ucom.ne.jp:2006/11/04(土) 19:02:14.49 0
:::::::::::::::::::::::::::::..
::::::\:☆ノノハ クゥ〜ン
::::::ミゝ从 ’w’)つ
::::::⊂__つノ
マイハマン巡回中!

331 :名無し募集中。。。:2006/11/04(土) 19:30:54.48 0
待つほ

332 :名無し募集中。。。:2006/11/04(土) 19:45:56.31 O
ただいま制作中保

333 :名無し募集中。。。:2006/11/04(土) 20:28:19.73 0


334 :名無し募集中。。。:2006/11/04(土) 20:53:55.80 O
tkwk

335 :名無し募集中。。。:2006/11/04(土) 20:59:00.63 0
自分は2等陸曹であります。
自分は今、清水1尉殿の部屋を物色中なのであります。
清水1尉殿は現在入浴中。しばらく帰って来ないのであります。
おおっ!クローゼットの中に目的の物を発見したのでありますっ!
洗濯かごに入った1尉殿の洗濯物がっ!よっ、選り取り見取りでありますっ!
「女の子がこんなに洗濯物溜めちゃだめでありますよぉっ!おおっ!1尉殿の形のおしっこ染みっ!今日はこれで・・・」
「それでなにするのかしら?」
「あっ!あぁっ!いっ、1尉殿ぉっ!・・・お早いお戻りで・・・」
クローゼットに頭を突っ込んで物色する自分の後ろに、いつの間にか1尉殿が仁王立ちでっ!
恐る恐る振り向いた自分を床に転がすと、1尉殿は馬乗りになられたのであります!
「いつもいっぱいさせてあげてるのにぃっ!パンツ盗んでオナニーしようだなんてぇっ!」
あっ!あうっ!1尉殿がマウントポジションで自分をボコ殴りにぃっ!
「いっ、1尉殿ぉっ!許してくださいぃっ!あうっ!つい出来心でぇっ!はうっ!」
鼻血を垂らして謝る自分に、1尉殿が顔を寄せられたのであります。
「佐紀のパンツとパンツの中身、2曹はどっちがいいの?」
「中身でありますぅ・・・」
自分が泣きながら答えると、1尉殿は嬉しそうに自分を裸にし、ご自分もパジャマを脱がれたのであります!
「2曹ほらっ!佐紀はいつだって2曹のために準備OKなんだからぁっ!あっ!んあっ!」
「あぁっ!1尉殿ぉっ!湯上りなのにこんなにヌルヌルでっ!それなのに自分はぁっ!あぁっ!」
「反省したみたいだからぁっ!あっ!今日は特別よぉっ!」
1尉殿はそう仰ると、自分が盗もうとしたパンツを自分の顔に被せて下さったのでありますぅっ!
「1尉殿のおしっこマン拓の刺激的な匂いでっ!自分もう・・・あっ!出るぅっ!」
「あぁんっ!いっぱい出てるぅ・・・またお風呂に入りなおさなきゃぁ・・・」
チャッ、チャーンス!このパンツはいただきでありますっ!

で明日お願いしたいのであります!
パンツ持参したんで、1尉殿には明日までにたっぷりおしっこマン拓をお願いしたいのであります!

336 :名無し募集中。。。:2006/11/04(土) 21:01:14.54 0
しみハムのしみパン

337 :名無し募集中。。。:2006/11/04(土) 21:06:12.02 0
結局パンツwww

338 :名無し募集中。。。:2006/11/04(土) 21:29:25.65 0
こりゃエロい

339 :名無し募集中。。。:2006/11/04(土) 21:51:10.66 O
エロおもろいw

340 :名無し募集中。。。:2006/11/04(土) 22:42:50.69 O


341 :名無し募集中。。。:2006/11/04(土) 23:14:10.25 O


342 :名無し募集中。。。:2006/11/04(土) 23:51:16.34 O
ほっしゅる

343 :名無し募集中。。。:2006/11/05(日) 00:03:58.30 0
妄想日記〜実況編その2〜

今日もイメクラBerryz工房へやって来た。
事前にFAXで設定・脚本を送ったのだが、予約を取るのに時間がかかった。
いつものようにシャワーを済ませプレイルームの扉を開けるとチャイムが鳴った。
教壇に立つと学級委員役の清水佐紀が号令を発した。
「起立!礼!着席!」
うむいい感じだ。しかし7人が相手だと緊張してしまう。
後ろの席の雅とまあさが、話をしている何だか俺の方を見て笑っているようだ。
「夏焼!須藤!何を笑っているんだ!」
二人はさらに声を出して笑っている。頭にきた俺は二人の方に向かったとき、
前の席に座る嗣永桃子が俺の腕をつかんだ、ふと見ると桃子が俺の股間を見つめている。
スーツにネクタイの服装だが下半身は裸だったのだ。菅谷は興味津々で見つめ、
俺の目の前にいた熊井などは「ちんこロボット!ちんこロボット!」とちんこを握り、
振り回している。当然俺のちんこは瞬く間に硬直し天を仰いだ。
そこに佐紀が声を出した。「布栗先生!早く授業を始めてください!」
「しかし清水!ちんこがこんな状態では教卓にぶつけてしまって集中できないよ!」
「そうだ!雅!お前は保健委員だから何とかしてくれ!」
「えぇ!どうすればいいの?」
「ここが凍りついたようにかたくなってるから、口の中で暖めてくれ!」
そういった瞬間、全員俺を嘲るような目をしたがかまわずに言った。
「うまくやってくれたものには今度のテストでプラス30点だ!」
すると全員が俺のちんこに殺到してきた!
それからは入れかわりたちかわり竿・袋・肛門などを舐めつくした!
さすがに慣れているのか桃子は嬉しそうに咥え、まあさはその大きな口で喉の奥まで、
咥え込む。雅は細い指を駆使し、徳永は乳首を吸い、熊井は横目で俺を見ながら舐めている。
菅谷はみんなにはかなわないとみたのか自分で乳首をいじって感じている・・・
最後に佐紀はちんこを口に含んで上下に動かしながら上目遣いで俺を見た。
まさに軽蔑しきった目だ・・・その瞳を見た瞬間俺は昇天した!
「菅谷!お前は放課後残れ補習授業をやる!」
チャイムが鳴った・・・


344 :名無し募集中。。。:2006/11/05(日) 00:12:39.09 0
GREAT!

345 :名無し募集中。。。:2006/11/05(日) 00:23:03.83 0
乱交w

346 :名無し募集中。。。:2006/11/05(日) 00:23:41.10 0
セレブすぎるプレイだ

347 :名無し募集中。。。:2006/11/05(日) 00:31:22.75 O
男の夢!

348 :343:2006/11/05(日) 00:36:09.75 0
>>347
そのとおり!
男の夢を具現化した作品だ、じっくり堪能したまえ!


349 :名無し募集中。。。:2006/11/05(日) 01:15:10.94 O
OCNまた規制中ほ・・・

350 :名無し募集中。。。:2006/11/05(日) 01:48:22.41 0
狙いをつけた銀行で金を頂き、人質を連れて隠れ家に戻ったのが数十分前。
金の勘定を終えて人質を見ると、怒りと恐怖の入り混じった視線で俺を睨んだ。
無論、手足は縛ってあるので逃げることも出来ない。
人質である小娘の名は、所持品を取り上げることで確認した。
夏焼雅と言うらしい。
ご大層な名前と睨んでくる視線にムカついて、その夜、縛ったまま犯してやった。
事が済んだ後、毛布だけ放り投げて背中を向けると、小娘は声を殺して泣いた。

全ては計画通りだった。
金を頂く前に隠れ家を用意し、食糧を蓄えた。
金を奪ったら一時的に身を隠し、騒ぎが沈静化したら海外に飛ぶ。
その間、暇潰しとして小娘を犯した。
初めの内は泣き喚いていたが、諦めたのか歯を食い縛るだけになった。

そして、金を頂いてから八日目。
終わりはあっけなくやってきた。
早朝に突入した警官隊に、俺は抵抗する間もなく捕えられた。
羽交い締めにされ振り向いた先で、小娘が驚きに目を見開いていた。

刑務所にぶちこまれてからは、うんざりするような毎日が待っていた。
だが、やっと窮屈な日常に慣れ始めた頃、俺は転機を迎える。
「お前・・・」
面会だと言われて行ったその場所には、あの人質の小娘がいた。
「あ、あの・・・」
怯えるように俯いて、小娘は紙を取り出した。
「ここを出たら、考えて欲しいんです・・・」
透明な板の向こう側、震える手が持っていたのは、一枚の婚姻届だった。



こんなのやりたいんですけどダメですか(´・ω・`)

351 :名無し募集中。。。:2006/11/05(日) 02:57:19.99 O
落ちるわけにはいかんのだよ!

352 :名無し募集中。。。:2006/11/05(日) 04:02:00.06 O
ももほ

353 :名無し募集中。。。:2006/11/05(日) 04:03:31.79 O
ほ ぜ ん

354 :名無し募集中。。。:2006/11/05(日) 05:39:12.40 O


355 :名無し募集中。。。:2006/11/05(日) 07:04:50.03 O


356 :名無し募集中。。。:2006/11/05(日) 08:41:44.00 O


357 :名無し募集中。。。:2006/11/05(日) 09:49:36.79 0
自分は2等陸曹であります。
自分は今、清水1尉殿と地雷撤去作業の訓練中であります。
「いきなり現物でやると危険だから、先ずは座学からやるわよっ!」
1尉殿はそう仰られると、自分を連れて宿舎の1尉殿の部屋へ入られたのであります。
「あの1尉殿、なぜ1尉殿のお部屋に?・・・いっ、1尉殿ぉっ!まだ勤務中でありますっ!」
部屋に入ると1尉殿が突然全裸になられたので、自分焦ってしまったのであります!
「いいから2曹も脱いで・・・こっち来て・・・」
「いいのでありますか?では遠慮なくっ!・・・1尉殿ぉっ!」
自分は素早く全裸になり、ベッドで待っておられる1尉殿に飛びついたのでありますっ!
「あんっ!キスはだめっ!体だけにしてっ!」
「おっぱいはくすぐったいからだめっ!」
「ねえ、いつまで舐めてんの?さっさと入れてっ!」
「まだ出ないの?早くしてよっ!」
1尉殿が自分のやる事なす事全てに文句を言われるのでありますっ!しかもご自分はただ寝たまま・・・
「1尉殿ぉ・・・自分楽しくないでありますぅ・・・」
「ねっ!地雷って性質悪いでしょう!」
「いっ、1尉殿ぉっ!それはちがう地雷でありますぅっ!」
自分がむきになって動くと、1尉殿がいつもの優しい1尉殿に戻って自分を抱きしめて下さったのであります!
「こんな対応だとぉっ!あっ!2曹長持ちするんだねっ!はぁっ!佐紀地雷になっちゃおうかなぁ・・・んあっ!」
「勘弁して下さい1尉殿ぉっ!地雷撤去の散弾がっ・・・出るぅっ!んあぁっ!」

でお願いしたいのであります!
えっ?1尉殿お休み?いえ、帰らないでありますが・・・地雷嬢は勘弁であります!

358 :名無し募集中。。。:2006/11/05(日) 09:51:30.24 0
何やってんだ朝っぱらからワロス

359 :名無し募集中。。。:2006/11/05(日) 09:59:35.69 0
从o゚ー゚从 < 地雷ゆうな
         とゆいたい

360 :名無し募集中。。。:2006/11/05(日) 10:12:41.55 0
从o゚ー゚从 <ほら、見せてあげるから自分でしろとゆいたい

361 :名無し募集中。。。:2006/11/05(日) 10:31:29.75 O
2曹おはようございますw

362 :名無し募集中。。。:2006/11/05(日) 10:38:39.41 0
地雷嬢とのプレイも見てみたいなwww

363 :名無し募集中:2006/11/05(日) 11:22:52.75 0
さすが軍人2曹殿は早起きでありますな

364 :名無し募集中。。。:2006/11/05(日) 12:17:52.07 O
マーサは地雷かよw

365 :名無し募集中。。。:2006/11/05(日) 13:32:36.44 O
::::::::::::::::::::::::::::.
::::::.\:★ノノハ ちーはまだぁ?
::::::.ミゝ从*´∇`)つ  
::::::⊂__つノ
ナガシマおーどん巡回中!

366 :名無し募集中。。。:2006/11/05(日) 14:25:35.89 0


367 :名無し募集中。。。:2006/11/05(日) 14:51:52.46 0
妄想日記〜保健室編〜

窓から差し込む夕日の光で目が覚めた。
ここは保健室のベッド、時計を見ると午後4時を過ぎている。
そういえば部活の掛け声が聞こえている。頭が痛い、そうだ体育の授業で
サッカーをやっていてヘディングした時にキーパーと交錯し打ったのだ。
「大丈夫?起きて平気?」白衣をきた清水先生がベッドに腰を下ろした。
白衣の下はタイトスカートにTシャツ姿だ。頭のキズを見ようと、前かがみに
なった先生の胸元が見える。爽やかな香水の香りに俺のちんこが起動した。
シーツの上からでもわかるほど盛り上がっていたため、すぐに先生も気づいた。
「何?どうしたのこれww」そう言ってシーツの上からちんこをつかむと、
やさしくさすりはじめた。
「ちょっと!先生!なにを・・」
「だって先生のせいでこうなったんでしょう?」そしてシーツをはぎ、短パンの中に
手を入れると今度は激しく上下させた。俺はたまらず先生に抱きつきTシャツをめくると
白いブラをずらして乳房に顔をうずめた。
夕日に照らされ、先生は上気した顔で
「誰にもいっちゃだめよ・・」言うなり白衣を脱いだ。俺のちんこを口に含んだ先生は
ゆっくりとだが粘りつくような絶妙な舌使いでねぶる。その際何度か目が合う。
もちろんこんな先生の表情を見るのは初めてだ。
「先生!」「佐紀ってよんで!!」
「だめだよ!佐紀先生いきそうだよ!」
「いいよ!口の中に出して!!」
俺は佐紀先生の口いっぱいに白濁液を注ぎ込んだ・・・


こんな感じでお願いします。
あと佐紀ちゃんのヒールはなるべく高いやつで。



368 :名無し募集中。。。:2006/11/05(日) 15:51:01.13 O
ちんこが起動
ワロスw

369 :名無し募集中。。。:2006/11/05(日) 16:50:05.35 O
ほしゅ

370 :名無し募集中。。。:2006/11/05(日) 17:42:45.76 O
ほもも

371 :名無し募集中。。。:2006/11/05(日) 18:56:51.53 0
:::::::::::::::::::::::::::::.
::::::.\:☆ノノハ クゥ〜ン 
::::::.ミゝ从 ’w’)つ
::::::⊂__つノ 
::::::\☆ノノノハ スアマスアマ
::::::.ミ从o゜ー゜从つ 
::::::⊂__つノ 
:::::::.\:☆ノノハ ピ〜チッチ    
:::::::.ミゝル ’ー’リつ
::::::⊂__つノ 
::::::\: ノノハヽ オードン オードン
::::::ミゝ从´∇`从
::::::⊂__つノ 
:::::::.\:☆ノノハ ヒハホ〜イ 
:::::::.ミゝ川´・_・リつ 
::::::⊂__つノ 
::::::\:☆ノノハ エンジョ〜イ 
::::::ミゝ川*^∇^)つ 
::::::⊂__つノ 
::::::\: ☆ノノハ ドーシヨードーシヨー
::::::ミゝ州*‘ -‘リつ 
::::::⊂__つノ 
::::::::.\:☆ノノハ ミヤビガイクヨ!
::::::::.ミノノl∂_∂'ルつ
::::::⊂__つノ 
Berryz巡回中!


372 :名無し募集中。。。:2006/11/05(日) 19:56:50.67 0


373 :名無し募集中。。。:2006/11/05(日) 19:57:05.46 0
从o゚ー゚从 <はやくいっちゃってよとゆいたいです

374 :名無し募集中。。。:2006/11/05(日) 20:00:42.61 O
やっぱり握力凄いの?
それとも意外とふっくらした手のひらで優しくやってくれるの?

375 :名無し募集中。。。:2006/11/05(日) 20:09:17.34 0
緩急のつけかたが中学生とは思えないってばっちゃが言ってた

376 :名無し募集中。。。:2006/11/05(日) 21:01:23.78 O


377 :名無し募集中。。。:2006/11/05(日) 22:08:44.64 O
保全

378 :名無し募集中。。。:2006/11/05(日) 22:47:47.09 O


379 :名無し募集中。。。:2006/11/05(日) 22:51:14.43 0


380 :名無し募集中。。。:2006/11/05(日) 23:31:26.24 0
もっかい青春したいよおおお

381 :名無し募集中。。。:2006/11/05(日) 23:34:49.31 0
佐紀ちゃんが1985年の俺の住む街にタイムスリップして来てくんねえかな
そしたら俺リアル中学3年生なのにな・・・

382 :名無し募集中。。。:2006/11/05(日) 23:36:23.65 0
いま悲しい現実をみた

383 :名無し募集中。。。:2006/11/05(日) 23:40:17.58 0
四捨五入で不惑?

384 :名無し募集中。。。:2006/11/05(日) 23:45:23.88 0
このスレの住人って、やっぱり社会人が多い?

385 :名無し募集中。。。:2006/11/05(日) 23:46:53.03 0
そうだよ
まっとうな青春を歩んでさえいれば今頃佐紀ちゃんと同じ年頃の娘が居てもおかしくないはずだったんだよ・・・

386 :名無し募集中。。。:2006/11/05(日) 23:47:22.41 0
イメクラの業態を理解していないと笑えないネタがあるのは事実

387 :名無し募集中。。。:2006/11/05(日) 23:48:52.57 0
>>381
俺と同い年だw

388 :名無し募集中。。。:2006/11/05(日) 23:53:49.11 0
>>381
俺もだ
この年齢に共通して惹かれるものでもあるのか

389 :名無し募集中。。。:2006/11/05(日) 23:57:20.41 0
1985年とか俺が生まれる3年前なんだが

390 :名無し募集中。。。:2006/11/05(日) 23:59:49.41 0
佐紀ちゃんといっしょにつくば万博行きたかったよ

391 :名無し募集中。。。:2006/11/06(月) 00:12:35.44 0
佐紀ちゃんといっしょに沖縄海洋博行きたかったな

392 :名無し募集中。。。:2006/11/06(月) 00:14:59.27 0
'75年だろそれ
とか言いつつ記念硬貨持ってるけどな俺・・・

393 :名無し募集中。。。:2006/11/06(月) 00:15:50.84 0
1985年とかもう働いてた

394 :名無し募集中。。。:2006/11/06(月) 00:16:39.34 0
おれは浪人中

395 :名無し募集中。。。:2006/11/06(月) 00:16:42.37 0
佐紀ちゃんといっしょに防空壕に入りたかった

396 :名無し募集中。。。:2006/11/06(月) 00:31:12.65 0
頭が割れるように痛いのでいっそのこと須藤さんに割っていただきたい

397 :名無し募集中。。。:2006/11/06(月) 00:45:55.77 0
>>381
早生まれなら、俺と同じ学年だw

398 :名無し募集中。。。:2006/11/06(月) 00:59:19.30 0
>>387
>>388
>>397
over35結構居んだな・・・ところでおまえら誰推し?

399 :名無し募集中。。。:2006/11/06(月) 01:30:39.77 0
若い奴なんて風俗行けないから必然的にこのスレ避けるだろ

400 :名無し募集中。。。:2006/11/06(月) 01:36:44.37 0
イメクラいったことないな
実際はどんな感じなの?

401 :名無し募集中。。。:2006/11/06(月) 03:11:35.66 0
::::::::::::::::::::::::::::.
::::::.\:★ノノハ のにゅ
::::::.ミゝ从*´∇`)つ<私の出演作もよろしくね!
::::::⊂__つノ
のにゅのにゅマン巡回中!


402 :名無し募集中。。。:2006/11/06(月) 03:15:20.26 0


403 :名無し募集中。。。:2006/11/06(月) 04:45:49.20 O
保守

404 :名無し募集中。。。:2006/11/06(月) 04:46:06.69 O


405 :名無し募集中。。。:2006/11/06(月) 06:04:58.52 0


406 :名無し募集中。。。:2006/11/06(月) 07:03:36.00 O


407 :名無し募集中。。。:2006/11/06(月) 08:48:58.74 0
>>400
北関東でイメクラと言えば1発屋のことだったが今はどうだか

408 :名無し募集中。。。:2006/11/06(月) 08:49:36.05 0
1985年とか俺が生まれた年なんだが

409 :名無し募集中。。。:2006/11/06(月) 09:33:14.06 0
このスレのだいぶ前のやつなんだけどずっと気になって思い出せないセリフがある
「どこがいきたいとこある?」
「あなたとなら月の裏側だって構わないわ」
みたいなやつだったと思うんだけど正確に思い出せないんだあああああ
誰か心当たりある人は教えて下さいいいい

410 :名無し募集中。。。:2006/11/06(月) 10:14:35.51 0
自分は2等陸曹であります。
自分今日は久しぶりに清水1尉殿に夜這いをかけるのでありますっ!
自分は1尉殿の部屋に忍び込むと、全裸になって1尉殿の布団に潜りこんだのであります!
「1尉殿ぉっ!身長伸びたでありますね1尉殿ぉっ!でもこのおっぱいの小ささは変らないでありますねっ!」
「キャーっ!あっ!きっ、貴様は佐紀ちゃんとこの変態2曹っ!」
「えっ!あっ!くっ、熊井1尉殿ぉっ?な、なぜこちらに?・・・」
「ばかもんっ!佐紀ちゃんの部屋は隣だっ!」
「しっ、失礼しましたぁっ!」
慌てて出て行こうとする自分の腕を、熊井1尉殿が掴んで止められたのであります。
熊井1尉殿は携帯を取り出し、自分を見つめながら電話をかけはじめられたのであります。
「あ、佐紀ちゃん。夜遅くにごめんね。うん、佐紀ちゃんの変態2曹があたしの部屋に間違って夜這いに来たの・・・
 それでね・・・うん・・・うんっ!ありがとっ!佐紀ちゃんっ!おやすみぃっ!」
「あの熊井1尉殿・・・清水1尉殿は何と?・・・」
「疲れててその気にならないから好きに使ってって!さあおいで、変態2曹っ!」
「1尉殿ぉっ!酷いでありますぅっ!あっ!あぁっ!」
自分が壁の向こうに居る清水1尉殿に文句を言っていると、熊井1尉殿が自分を寝かせて押さえ込まれたのであります!


411 :名無し募集中。。。:2006/11/06(月) 10:15:36.14 0
「あんた達が毎晩するもんだから、友理奈寝れなくて困ってたのよぉ・・・」
「もっ、申し訳ありませんっ!あの、熊井1尉殿・・・自分帰りますんで、ゆっくりお休みになってください・・・」
「なに言ってんのよぉっ、もう諦めなさいっ!それじゃあ早速いただいちゃうっ!んっ!・・・」
「あぁっ!くっ、熊井1尉殿ぉっ!」
警務対の熊井1尉殿はさすがに警棒の扱いが上手くっ!・・・あぁっ!自分もうっ!あっ!出るぅっ!・・・
「んっ!・・・んん・・・」
「熊井1尉殿ぉ・・・んっ!んんっ!・・・」
熊井1尉殿が自分の体を這い上がって来られ、自分にいきなりキスして来られたのであります!
熊井1尉殿は口に含んだ自分の精液を、自分の口に流し込まれっ!・・・自分びっくりして飲んじゃったであります・・・
「自分の精液はどんな味だった?」
「に、苦いでありますぅ・・・」
「1回分2曹に返したんだから、今のはノーカウントよっ!はいっ!今度は友理奈のもっ!」
熊井1尉殿が自分の顔を跨いで、もう1度自分のを口に含まれたのでありますっ!
あぁっ!こうなったら自分も楽しむでありますよぉっ!
自分は清水1尉殿と違って身長が近く、舐めるのに苦労しない熊井1尉に食らいついたのでありますっ!
「あっ!2曹ぉっ!そこは舐めなくていいのっ!あっ!だめぇっ!いやぁんっ!」
自分が勢い余って熊井1尉殿の菊の御紋を舐めると、熊井1尉の体から一気に力が抜けたのであります!
自分ちょっと嬉しくなって、熊井1尉殿の股間全体をベロンベロン舐めまわしたのであります!

412 :名無し募集中。。。:2006/11/06(月) 10:16:38.90 0
「んっ!んんっ!あっ!もっ、もうだめっ!」
熊井1尉殿は自分の股間から顔を上げ、四つん這いでフラつきながら体勢を変え、自分を見つめられました。
「2曹・・・クンニと回復力すごいね・・・いいなぁ・・・佐紀ちゃんにはこんな部下が居て・・・」
「あの熊井1尉殿・・・清水1尉殿のお許しさえあれば、自分いつでも出動致しますが・・・」
「うんっ!明日佐紀ちゃんに聞いてみるねっ!ねえ2曹・・・そろそろ入れていい?・・・」
「熊井1尉殿っ!自分早いのでお手柔らかにお願いしますっ!・・・あっ!あぁっ!」
くっ、熊井1尉殿が自分の上にしゃがみ込まれ、あぁっ!あったかくて柔らかいのでありますぅっ!
「あぁんっ!早くなんてないじゃないっ!あっ!いやっ!いっちゃいそぉっ!あっ!」
清水1尉殿の子供サイズに慣れてるせいか、自分いつもより長持ちしてるでありますっ!
あぁっ!でももう・・・
「あぁっ!2曹ぉっ!すごいよぉっ!いっちゃうよぉっ!イクっ!イクぅっ!・・・んあぁっ!」
「くっ、熊井1尉殿ぉっ!自分もだめでありますぅっ!あぁっ!でっ、出るぅっ!」
「あんた達うるさくて寝れないわよぉっ!」
自分と熊井1尉殿が絶頂でピクピクしていると、全裸で太腿までを濡れ光らせた清水1尉殿がっ!

で、最近指名が少ないようなので、熊井1尉殿にお願いしたいのであります!
内容がお姉さんズ?きっ、気のせいでありますよぉっ!やだなぁ・・・

413 :名無し募集中。。。:2006/11/06(月) 10:31:32.91 0
2曹さんあっちの方もお願いしますよ

414 :名無し募集中。。。:2006/11/06(月) 10:34:07.96 O
fusianamanさんなにやったはるんですかwwwwww

415 :名無し募集中。。。:2006/11/06(月) 10:44:09.95 O
(*゚∀゚)=3

416 :名無し募集中。。。:2006/11/06(月) 10:49:08.56 0
2曹さん新展開か!www

417 :名無し募集中。。。:2006/11/06(月) 10:50:38.28 0
熊井1尉キタ━━(゚∀゚)━━ !!

418 :名無し募集中。。。:2006/11/06(月) 11:58:47.16 O
2曹さん羨ましい…

419 :名無し募集中。。。:2006/11/06(月) 12:00:42.86 0
教育隊の夏焼1曹の登場まだ〜?

420 :名無し募集中。。。:2006/11/06(月) 12:02:59.23 0
最後の一行で大爆笑wwww

421 :名無し募集中。。。:2006/11/06(月) 12:23:58.98 O
不覚にも(ry

422 :名無し募集中。。。:2006/11/06(月) 13:15:32.25 0
>自分いつでも出動致しますが・・・
流石二曹さんだ、鍛え方が違うぜwwww

423 :名無し募集中。。。:2006/11/06(月) 13:28:14.75 0
妄想日記〜営業会議編〜

私はイメクラの店長をしている。今朝は定例ミーティングの日だ。
私の前には当店に所属する7人の娘が並んでいる。
挨拶の後、恒例の成績発表だ。このときばかりは全員そわそわして落ち着きが無い。
当然だ、これが給料に結びつくのだから・・
「まずは先週の指名第一位は・・・おっと順位が入れ替わったな、一位は佐紀だ。」
拍手が起こる中、常に一位をとり続けてきた桃子が一瞬顔色を変えたのを見逃さなかった。
彼女のプライドが傷ついたに違いない。
「最下位は千奈美!もうちょっとプレイの質を変えたほうがいいかもな・・がんばれ!」
終了後、私は佐紀と桃子を店長室に呼んだ。二人は当店の2枚看板であるから今後の営業展開に
ついて相談しようと思ったのだ。
「とうとう佐紀ちゃんに負けちゃった!」「あのねぇ!桃子、この仕事は勝ち負けじゃないよ!」
「じゃあ店長にきめてもらおうよ!」そう言うなり桃子は私のズボンを脱がしちんこを咥えた。
「こら!桃子〜あっいや・・その・・ちょっ!」さすがトップクラスの桃子の口技だ!
「店長さん、気持ちい〜い?」桃子はおいしそうにちんこを舐める。
「桃子!どきなさい!」佐紀が突然、桃子を突き飛ばし私のちんこを握り締めた。
「店長さんはねぇ!そんな子供だましのやり方じゃだめなのよ!見てなさい!」
桃子はそう言って小さな口を大きく開きのどの奥までちんこを咥え込む。
そしてゆっくりと上下させながら舌をまとわりつかせる、右手はアナルを刺激し、左手は玉袋を弄ぶ。
佐紀のプレイにはまるで無駄が無い。
これにはさすがの私も声をあげざるをえなかった。それを見て興奮したらしい桃子は、横になった私に、
跨り股間を顔に押し付けてきた。夢中で桃子の股間を舐めまわす。
「あぁ〜ん!ん!ん!あぁ〜!」
そのすきに佐紀が私の上に乗りいれる。「んあぁ〜!ひ〜!あんっ!」
二人の奏でるハーモニーを聞きながら、昇天した。

来週の会議は雅もいれるか・・・

424 :名無し募集中。。。:2006/11/06(月) 13:46:18.61 O
店長ウラヤマスイ(;´Д`)

425 :名無し募集中。。。:2006/11/06(月) 13:51:32.34 0
なんで店長が一番イイ思いしてんだか

426 :名無し募集中。。。:2006/11/06(月) 14:07:06.86 0
熊井1尉殿キタ━━━(゚∀゚)━━━ !!!
この調子で変態1個師団を編成してください

427 :名無し募集中。。。:2006/11/06(月) 15:03:19.44 0
1個分隊で大隊と渡り合うってラグナロック・ガイ?

428 :名無し募集中。。。:2006/11/06(月) 15:09:07.65 0

>>427
S.Aのメンバーはだれ?

429 :名無し募集中。。。:2006/11/06(月) 15:28:17.01 0
第1果実中隊

430 :名無し募集中。。。:2006/11/06(月) 15:41:56.36 O
雅ちゃんの青春プレイがみたいです

431 :名無し募集中。。。:2006/11/06(月) 15:43:04.18 0
同意さざるをえない

432 :名無し募集中。。。:2006/11/06(月) 15:48:09.65 0
>>430

希望のシチュは?

433 :名無し募集中。。。:2006/11/06(月) 15:49:56.23 0
-Murakami Megumi leaves H!P, and focuses on studies-
http://www.mm-bbs.org/index.php?showtopic=393

http://img.photobucket.com/albums/v303/shiroihana03/dc3a4d51-1.jpg
http://img.photobucket.com/albums/v303/shiroihana03/dc3a4d51.jpg

ヲタ共はCDとか割りはじめてるぜ
二枚目の絵には「死ね売春婦」って書かれてある

思ってたより(cd割ったりするのに)時間かかったな 負け犬のモヲタは死んだほうがいいな

なんてこったこいつらキメエェ ほんとヲタって嫌いだわ

mixiや2chでのコメント見るとヲタ共はマジで怒ってるな
メグミが本当に辞めたかったかどうかで議論してるみたい


-Mo-wota, Powerful group or reduced ghetto?-
http://www.mm-bbs.org/index.php?showtopic=395

ヲタってのは負け犬で何の価値も無い
UFAはこの負け犬共の意見を俺達外人達の意見より大事にしてるみたい。
まるで子供の頃から訓練された羊みたいに。。

なんてこった、、ハロプロがヲタとものせいで影響受けるなんて。。
事務所も怖がってるんだろうな、いつもと違った対応してハードコアな男性が台無しにしちゃうのをさ
事務所の社長はこんなヲタ共と縁を切るように決断すべきだ

モーヲタってのは社会的スキルも無く、人生のない童貞の負け犬達で、彼らはアイドルと結婚するという不可能な夢を見る為に金をつぎ込んでいるのさ。 
当のアイドルたちは彼らのそばに5分でもいるくらいなら死を選ぶだろに


434 :名無し募集中。。。:2006/11/06(月) 15:52:04.07 0
いろんなスレに貼りまくってる馬鹿がいるな

435 :名無し募集中。。。:2006/11/06(月) 16:43:00.80 O
気まずい。さっきから視線を感じる。
数合わせということで合コンに呼ばれ、のこのこと参加した。そこで中学時代の、高校に入って自然消滅した元カノ、夏焼雅に再会したのだ。
カラオケの最中、飯を食ってるとき、ずっと見られていた気がする。
幸い桃子ちゃんと言う女の子がずっと話しかけてくれていたので、話しはしないですんだ。
お開きになったら速攻逃げよう。そう考えて時間を待つ。しかし意気投合した彼らはなかなか解散しようとしない。
「ちょっと俺一服してくるわ」そう言って席を立つ。
店の外に出て、一服しながら友達にこのまま帰るからとメールを打っていると
「またそうやって私の前からいなくなるわけ?」
ドキッとして振り返ると雅が立っていた。なにも言わずに立っていると
「なんか言いなさいよ。未成年のくせに煙草なんて吸って」
ふつうな態度で話しかけてくる雅を不思議に思い
「お前、俺のこと怒ってねぇの?」そう聞くと、こちらを睨みながら言う
「怒ってるに決まってるでしょ!!突然連絡取れなくなるし。別れたいならそう言えばいいじゃない。逃げるなんて卑怯よ」
その後も強い口調で僕に対する不満をぶちまけていた。最後のほうは少し泣きながら。女の涙に弱い男は僕だけではないだろう。
泣いている雅の向かい側でうろたえる僕。
「帰る」そう言って歩きだした雅の腕を慌ててつかむ。
「ちょっと待てよ。送っていくから。それにもう少し話しがしたいし」
無言で歩き駅へと向かう。

436 :名無し募集中。。。:2006/11/06(月) 16:45:10.57 O
駅のホームで電車を待っていると雅が話しかけてくる
「ねぇ。いいの?友達置いてきて。それに桃も置き去りにして」
「あぁ。帰るってメールしたし。それに俺ああいう女の子苦手なんだ」
「私みたいタイプも嫌いで桃みたいなタイプも嫌いなんだ」
投げやりに言う雅。なにも言えなくなった僕。二人してやってきた電車に乗る。
駅につき改札を抜け、雅の家に歩きながら僕は雅に言った
「さっきの話しさ、俺おまえみたいなタイプ嫌いじゃないよ。ていうかむしろ好き…」
足を止めた雅がその場で泣き出す。僕は電車の中で決心した言葉を言う
「あのさっ…前は俺が逃げたのが悪かった。でも今日お前と再会して話しして…俺やっぱりお前じゃないとダメみたいだ。もし…もしお前が許してくれるなら、俺ともう一度付き合ってくれないか?」
涙をいっぱい溜めた目で雅は僕を見る。次の瞬間雅は僕の胸に飛び込んできた。
「私もずっとやり直したいと思ってた。でも私のこと嫌いになったんだと思ったから、ずっと我慢してたの」
そう言いながら、僕のTシャツで涙を拭う。
雅の顔を両手で挟み少し上を向かせるとそっと唇も重ねていった。




ていう再会プレイで。服装は大人っぽい服がいいなぁ

437 :名無し募集中。。。:2006/11/06(月) 16:46:26.79 O
駄作ワッショイというわけで駄作ですorz
読んでやってください

438 :名無し募集中。。。:2006/11/06(月) 16:46:37.48 0
キタワァ.*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*!!!!!☆

439 :名無し募集中。。。:2006/11/06(月) 16:47:44.24 0
>>437
イイヨ、イイヨ〜♪

440 :名無し募集中。。。:2006/11/06(月) 16:48:06.99 0
読んでやりましたGJ

441 :名無し募集中。。。:2006/11/06(月) 17:24:19.60 0
新妄想日記〜佐紀の一日〜

私の名前は性義の味方 サキレンジャー
日々困った人達のために、この身を捧げている。
今日もパトロール中、早速迷える子羊を見つけた!
その男は公園のすみで盗んできたと思しい下着を見てにやけている。
「そこのキモ男!その下着は返してきなさい!」
「じゃあ、あんたのパンティおくれよぉ!ねぇ〜おくれよぉ!」
「あたしのパンティあげたらそれは帰すのよ!」
私はこの哀れなキモ男の前でパンティを脱ぎ渡してやった。
「ねぇ〜?女の人のあそこってどうなってるの?ちょっと見せて?」
キモ男は私の股間に指を入れてきた!
「ちょっと!やめなさい!こら!・・・あっ!ん!・・・」
「あ〜なんか汁があふれているよ!どうしたの?」
私としたことがこんなキモ男に感じさせられるとは!しかしキモ男は自分のズボンを下ろすと
ちんぽを私の口に押し付けてきた。「ちょっとぉ〜!イカ臭いよぉ〜!」
「でも世のため人のためだろう?しっかり奉仕しろよぉ〜!」
そう言ったのもつかの間、キモはすぐに発射してしまった。
しかも私の顔に!!「ちょっとぉ〜!うえぇ〜ん!にがいよぉ!目にしみるよぉ〜!」
性義の味方も大変だ・・・


442 :名無し募集中。。。:2006/11/06(月) 18:08:31.39 0
性技の味方とあえてしないところが変態紳士のキャプヲタか?w

443 :名無し募集中。。。:2006/11/06(月) 18:23:16.73 0
いいじゃないかいいじゃないか

444 :名無し募集中。。。:2006/11/06(月) 19:11:13.60 O


445 :名無し募集中。。。:2006/11/06(月) 19:23:08.55 0
リアル同い年の自分が来ましたよ
(佐紀と桃子と同じ歳)

446 :名無し募集中。。。:2006/11/06(月) 19:25:00.76 0
おまえその若さでこんなとこに居ちゃ駄目だよ!!

447 :名無し募集中。。。:2006/11/06(月) 19:35:31.40 0
まだ間に合うから有意義な青春を1秒たりとも無駄に過ごすなよ
青春をそこで間違うとおじさんたちみたいに人生に取り返しのつかない深手を負ってしまうぞ

448 :名無し募集中。。。:2006/11/06(月) 19:36:01.84 O
今ならまだ間に合う引き返しなさい

449 :名無し募集中。。。:2006/11/06(月) 19:42:50.18 0
おじさま達がキミに同じ轍を歩ませまいと必死だよ
人の話は聞くもんだ

450 :名無し募集中。。。:2006/11/06(月) 19:44:41.84 0
そんなこと言われても・・・
だってここの小説があまりにも良すぎるんだもん

451 :名無し募集中。。。:2006/11/06(月) 19:48:54.87 O
それは言えた

452 :名無し募集中。。。:2006/11/06(月) 19:52:43.59 0
それに充分青春してるから
今日は彼氏と歩いてるのを危なくお母さんに見られるところだった

453 :名無し募集中。。。:2006/11/06(月) 19:54:00.08 0
え?もーほー?

454 :名無し募集中。。。:2006/11/06(月) 19:54:38.67 0
うほっ

455 :名無し募集中。。。:2006/11/06(月) 19:56:04.73 0
5年以上前、高校生のとき2ちゃんで年齢いったら人生考え直せと言われたな。
高校時代はネット入り浸りの時期もあったが
忠告してくれる大人達のおかげで3年間入り浸りってのは避けられたよ。
やっぱ人と直に接していた時間の方が貴重だったし楽しかったと今でも思う
10代のうちの2、3年っていろんな経験できるしな
あの時のおっさん達にはいまでは感謝している

456 :名無し募集中。。。:2006/11/06(月) 20:01:07.63 0
大丈夫
夜とかしか来てないから

457 :名無し募集中。。。:2006/11/06(月) 20:05:18.95 0
ごめんね
当てつけで書いたわけじゃなくて、申し訳ないがこの場をかりてただ言いたくなっただけなんです。

廃人化しなければいいと思うよ
こんなスレで真面目な顔して言えることじゃないしなw

458 :名無し募集中。。。:2006/11/06(月) 20:07:02.88 0
>>455
そのおっさん達はまだここにいるけどね

459 :名無し募集中。。。:2006/11/06(月) 20:09:34.73 0
ル ’ー’リ<楽しければいいと思うんですけど

460 :名無し募集中。。。:2006/11/06(月) 21:07:48.48 0
エンジョーイ

461 :名無し募集中。。。:2006/11/06(月) 21:27:13.39 0
しかしみんなすごいなw
このスレ文庫化してくれよ電車の中でよむからw

462 :名無し募集中。。。:2006/11/06(月) 21:38:52.23 0
青空文庫に並べるべきである

463 :名無し募集中。。。:2006/11/06(月) 22:01:15.89 0
まったく次から次へといったいこのスレには何人職人がいるんだw

464 :名無し募集中。。。:2006/11/06(月) 22:10:03.99 0
現時点では青春桃子氏と2曹氏のトップ争い

465 :名無し募集中。。。:2006/11/06(月) 22:16:07.42 0
俺は宇宙最強のカリスマバンジージャンパー
地球上のありとあらゆる高所低所を飛び降りつくしたさ
つまり俺はバンジージャンプ界の頂点に立ったというかそこから飛び降りたようなものだ
あるいは俺がバンジーであり俺様がジャンプであるといっても過言ではないだろう
そんな俺が今になって気付いたのだがバンジージャンプの真髄は道具なんだ
つまりロープ
これこそがバンジージャンプの全てだということだ
そりゃロープがなければバンジージャンプじゃなくてただの飛び降り自殺だもんな
そこで俺は究極のロープを探す旅に出た
そしてやっと出会った究極のロープがこの店の徳さんだ
程よい手足の長さ
太からず細からずのしなやかな腕
黒光りするボディ
これこそまさに海原雄山が美バン倶楽部の人なら至高のロープに認定するような逸品だ
というわけで俺に試し飛びをさせてくれ
徳さんロープに俺の勃起ジュニアをしかと握らせてマウント須藤のてっぺんからジャンプ!

466 :名無し募集中。。。:2006/11/06(月) 22:18:14.97 0
ふぐりちんこの助も良いよね

467 :名無し募集中。。。:2006/11/06(月) 22:19:47.55 0
最近いかがですかの人はどうしたんだろう?

468 :名無し募集中。。。:2006/11/06(月) 22:24:04.00 0
4日前に書いてるぞ

469 :名無し募集中。。。:2006/11/06(月) 22:28:03.44 0
本当だwやっぱり最高だw

470 :名無し募集中。。。:2006/11/06(月) 22:39:28.75 O
熊井ちゃんのてっぺんから飛び降りたりキャプに完登したりしてた人だw
久しぶりwww

471 :名無し募集中。。。:2006/11/06(月) 22:42:49.90 0
職人さんみんなそれぞれ個性があっていいなw
ずっと続いてほしいよw

472 :名無し募集中。。。:2006/11/06(月) 23:38:43.66 0
::::::::::::::::::::::::::::.
::::::.\:★ノノハ のにゅ
::::::.ミゝ从*´∇`)つ<職人さんたちのためにスレ落ち防止!
::::::⊂__つノ
のにゅのにゅマン巡回中!



473 :名無し募集中。。。:2006/11/07(火) 00:04:23.92 O
>>435>>436
いいね〜みやびちゃんにて次回作お待ちしてます!

474 :名無し募集中。。。:2006/11/07(火) 01:07:05.43 O


475 :名無し募集中。。。:2006/11/07(火) 01:41:58.49 0
■腐女子がBerryz工房7人をかわいい順番に並べた
http://ex11.2ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1162830929/

476 :名無し募集中。。。:2006/11/07(火) 02:41:59.14 O
ほしゅだお

477 :名無し募集中。。。:2006/11/07(火) 03:45:17.62 O
保全

478 :名無し募集中。。。:2006/11/07(火) 03:53:54.24 0
自分は2等陸曹であります。
自分したくてたまらなかったので清水1尉殿のお部屋に来たのでありますが・・・
1尉殿が録画しておいた実写版ちびまる子ちゃんをご覧になっていて、自分の相手をして下さらないのでありますぅ・・・
こうなったら1尉殿がドラマよりも好きなもので興味を引くでありますっ!
「1尉殿ぉっ!ほらっ!ち○こちゃんでありますよっ!ほらほらっ!タマちゃんもっ!
 しかもこっちのタマちゃんは双子でありますよっ!お尻を広げると・・・ほらっ!花輪くんもっ!」
自分が全裸になってテレビの前に立ち、股間のハウス名作劇場を見せると、1尉殿が自分のタマちゃんに手を伸ばされたのであります!
「もうっ!あと30分くらい待てないのっ!」
1尉殿が自分のタマちゃんを力一杯握られたのでありますっ!
「いっ、痛いでありますぅっ!1尉殿ぉっ!タマちゃんをいじめるのは藤木くん並に卑怯でありますぅっ!」
「もうっ!ほんとうにどうしようもないんだからぁ・・・いいわ、2曹早いから先にさせてあげる。」
「いっ、1尉殿ぉっ!」
1尉殿がビデオを止められたので、自分は1尉殿に飛びついたのであります!
「1尉殿ぉ、もうヌルヌルでありますよっ!ほんとは1尉殿もしたかったんでありますね!ズバリそうでしょうっ!」
「あぁんっ!ばかぁっ!一々言わなくていいから入れてぇっ!あっ!んあぁっ!」
自分は1尉殿のちびま○こちゃんに自分のち○こちゃんをぉっ!
あぁっ!1尉殿のちびま○こちゃんは気持ちよすぎでありますぅっ!自分もっ、もう・・・
「1尉殿ぉっ!どっ、ドピュり出るでしょうっ!あっ!出るぅっ!」

でお願いしたいのであります!
自分風邪で体調最悪なので、今かなりバカでありますよぉっ!

479 :名無し募集中。。。:2006/11/07(火) 03:55:59.90 0
まよなかにきたw

480 :名無し募集中。。。:2006/11/07(火) 04:05:17.99 0
かなりの名作だwww馬鹿すぎるww

481 :名無し募集中。。。:2006/11/07(火) 04:07:02.36 0
たまちゃんw

482 :名無し募集中。。。:2006/11/07(火) 04:10:59.72 0
奇遇だな俺も実写まる子今見てたブー

483 :名無し募集中。。。:2006/11/07(火) 05:20:22.33 0


484 :名無し募集中。。。:2006/11/07(火) 06:26:09.82 0
同人小説として名を馳せるな

485 :名無し募集中。。。:2006/11/07(火) 06:37:47.12 0
>お尻を広げると・・・ほらっ!花輪くんもっ!

腹がねじ切れるwww


486 :名無し募集中。。。:2006/11/07(火) 07:40:50.15 O


487 :名無し募集中。。。:2006/11/07(火) 08:22:19.05 0
アンタには悪いけどずっと体調最悪なままでいて欲しいwww

488 :名無し募集中。。。:2006/11/07(火) 08:23:22.22 0
2曹さんあんた本当に期待を裏切らない人だなw
言葉選びのセンス一貫した登場人物もはやネタというより一つの物語だなw


489 :名無し募集中。。。:2006/11/07(火) 08:24:29.79 0
>>ズバリそうでしょうっ!
ワロスwwwwwww

490 :名無し募集中。。。:2006/11/07(火) 10:12:47.65 O
ほしゅ

491 :名無し募集中。。。:2006/11/07(火) 10:39:32.09 O
携帯でアイモナでこのスレ見るのがたまらない32歳女ヲタです

492 :名無し募集中。。。:2006/11/07(火) 11:44:04.64 0
【イメクラ】
「イメクラBrryz工房」
10代から50代という幅広い顧客に愛され、抜群のリピーター率を誇る超人気店。

493 :名無し募集中。。。:2006/11/07(火) 12:07:38.21 0
「イメクラBrryz工房」〜あなたの欲求を解消します!

嗣永桃子 指名率ナンバー1を誇る人気嬢!幅広い年齢層のファンが揃います。 
       プロ根性であらゆるシチュエーションに対応可能!
       ときおり見られる上目遣いは一級品!あなたのハートを虜に!

清水佐紀 桃子嬢と共に当店の双璧を成す佐紀嬢は、中高年の憧れ!
       特に変態物に特化したそのプレー内容は他の追随を許さない!
       現在もコアなファン層を開拓中!


人物紹介編〜続きをよろしく!      



494 :名無し募集中。。。:2006/11/07(火) 12:08:35.12 0
情報誌かよw

495 :名無し募集中。。。:2006/11/07(火) 12:48:05.51 0
>>493
今更そんなもん必要ないだろ

496 :名無し募集中。。。:2006/11/07(火) 13:40:39.53 0
りぃ〜タンで「ついてきちゃった♪」というプレイをお願いします   orz

497 :名無し募集中。。。:2006/11/07(火) 14:36:35.61 O
>>496
作ってみます

498 :名無し募集中。。。:2006/11/07(火) 15:22:57.12 0
妄想日記〜見参!ふぐりちんこの助編〜

拙者、ふぐりちんこの助と申す。
しがない浪人でござる。
今日は城の佐紀姫様に招待されて登城したのでござる。
さていったい何の用で拙者が呼ばれたのだろう?すると一人の女中らしき女性が出迎えてくれた。
「ちんこの助様、よく御出でくださいました。私は姫の乳母を務めております茉麻と申します。」
「今日御出でいただいたのは佐紀姫様は男狂いの呪いに掛けられてしまい男とみたら誰でもいいから部屋に引っ張り込もうと
されるのです。この呪いを解けるのちんこの助様をおいてありません。どうか姫様を助けてください。」
成功の暁には私をはじめ侍女5名がお相手させていただきます・・・」
拙者には呪いを解くなんて全くわからないが妖艶な熟女の匂いを放つ茉麻に見つめられて思わず了承したのでござる。
佐紀姫は自室で自慰をしていた・・・こんな真昼間からどうやら強力な呪いのようだ・・
「そなたは誰じゃ?佐紀の相手をしてくれるのか?」
「拙者、ふぐりちんこの助 ご指名により推参!!」
拙者はそういうやいなや佐紀姫に近づき着物の帯を解いた。そしてそこに現れた若い、そして眩しい裸体に
拙者の愛刀 ふぐり丸は天を仰いだ!
「ちんこの助とやらそちはなかなかのものをお持ちじゃのう、佐紀がためしてくれるわ!」
愛らしい顔からは想像も出来ないほど乱暴な口調でいうとあっという間に拙者に跨りふぐり丸をすっぽりと秘部へ
挿し込んだ。「あぁあ〜!ふぅ〜!あんっ!あぁ〜!ちんこの助よいぞ!う〜ん!」
拙者はあっという間に果ててしまったのでござる。
佐紀姫は自分の秘所から垂落ちる液体を指で掬い取り愛おしそうに舐めている。
そしてこう囁いた。「ちんこの助わらわの?、いかがであった?まだ出来るか?」
今度は拙者が佐紀姫の呪いに掛けられたようでござる・・・


この設定でお願いしたい。
えっ?オプションの帯回しプレー?そんな子供だましのプレーは結構!
その代わりプレー後の膝枕で耳掃除をお願い!

499 :名無し募集中。。。:2006/11/07(火) 16:02:34.06 0
読み辛いしツマンネ

500 :名無し募集中。。。:2006/11/07(火) 16:15:02.61 0
侍女5名のお相手シーンキボンヌ

501 :名無し募集中。。。:2006/11/07(火) 17:21:16.10 O


502 :名無し募集中。。。:2006/11/07(火) 18:25:32.75 0
しゅ

503 :名無し募集中。。。:2006/11/07(火) 18:29:56.39 0


504 :名無し募集中。。。:2006/11/07(火) 19:29:37.65 0
:::::::::::::::::::::::::::::.     
::::::\:☆ノノハ メーグルグル
::::::ミゝリ|*‘ヮ‘)|つ
::::::⊂__つノ 
メーグルマン巡回中!

505 :名無し募集中。。。:2006/11/07(火) 19:30:36.71 0


506 :名無し募集中。。。:2006/11/07(火) 20:18:54.94 0


507 :名無し募集中。。。:2006/11/07(火) 20:22:13.12 O


508 :名無し募集中。。。:2006/11/07(火) 21:02:28.72 0
屋上でゴロッと横になる 昼休みだけ、のつもりが
気付いた時にはもう放課後 あーあ、たっぷり寝過ごした
僕は頭をボリボリかいて とりあえずカバンを取りにゆく
校舎はとても静かだった 3年生はほとんど残ってない
校庭の部活をながめてるうちに 僕らの教室へ到着
引き戸に手をかけ ガラッと開けよう、ってところで
僕はふと動きを止める あれ?おかしいな
教室の電気は消えているのに 中から人の気配がするんだ
誰かいるのかな?そう思って ドアの小窓から中をのぞくと
薄暗い教室の中でひとり 誰かが席に座っていた
窓際の列、うしろから3番目の席 あれ、そこは…
そこは僕の席じゃないか 誰だ?何してるんだ…?
ここからじゃ顔は見えないけど 僕はよくよく目を凝らす 
座っていたのは女子だった ふたつ結びのキレイな黒髪 
「ん、嗣永か…?」 その髪型には見覚えがあった  
僕の席に座っていたのは 同じクラスの嗣永だった 
いつもキャピキャピうるさくて ガキっぽい嗣永桃子だ
でもまぁ面白いキャラで 僕はいっつもからかってるんだ
で、そんな嗣永が… 僕の席で何やってるんだ?
嗣永は左腕を枕がわりに 僕の机に突っ伏して
右手を太ももの間 スカートの中につっこんで
なんかモゾモゾ動いてる なんだ?あいつ寝てんのか?
たまにビクビクッて震えてる なんだ?あいつ寒いのか?
あれ、いま僕の名前呼ばなかった? なんだ?寝言か?
あいかわらず変なヤツだなぁ 僕はかまわずドアを開ける
ガラッ、という大きな音が 教室の中に響きわたった
嗣永はその音で目が覚めたのか すごい勢いで跳ね起きたんだ
制服のスカート その裾を なぜか慌てたように直しながら    


でお願いします ビニ本

509 :名無し募集中。。。:2006/11/07(火) 21:03:17.46 0
窓から冷たい風が吹き込む カーテンが静かにそよいで
どこからだろう? 甘酸っぱい匂いがただよう
「おいっーす、嗣永」 なんて僕が声をかけたら
嗣永はまるでオモチャみたいに ギギギとこっちを振り返る
その顔は少し汗ばんでいた あんなに震えてたのに変だな?
僕と目が合った瞬間 嗣永は慌てたように立ち上がって
「あの、んと えと、別に変なコトぉ…してたんじゃないよぉ?」
右手を背中のうしろに隠して 左手をムネの前でブンブン振った
あの、ちがう、ちがくてぇ、なんて 嗣永が目を泳がせてるから
僕は笑ってしまったんだ 「嗣永、おまえ寝ボケすぎだろ〜」
だいたい僕の席で寝んなよ、なんて 腹をかかえてる僕を見て
嗣永はなんだかホッとしたような そんな顔をした
「…そ、そう!寝てたのぉ! 寝ボケちゃったよぉ〜」
うち席もまちがえてたぁ、って 嗣永はそう言って笑った
ふと嗣永の腕に目が行く 左腕のブレザーのソデんとこ
枕がわりにしてたとこが ヨダレでガビガビになってる
僕を笑い死にさせる気か? 歯形まで付いてるじゃん
「お前ソデ噛みながら寝てたのかよ!」 僕が思わずツッこむと
嗣永は自分のソデに目をやって パッと顔を赤くした
「え え コレはホラぁ… ホラ…寝てた、寝てたからさぁ!」
僕はゲラゲラ笑いながら カバンを取ろうとイスに手をつく
手のひらにヌルッとした感触 うわ、なんか濡れてるぞ
「嗣永、お前イスにまで…」って 僕はそう言いかけたんだけど   
その口は嗣永の右手にふさがれた その手は少し濡れていた
「あの えとぉ た、たぶん…それもヨダレかなぁ、うんうん」 
嗣永はそう繰り返していたけど 僕はなんだか変な気分
あれ、これ さっきの匂いだ そうか、嗣永の匂いだったんだな
ガキっぽいヤツだと思ってたのに その手は大人の匂いがしていた  


でお願いします ウラ本

510 :名無し募集中。。。:2006/11/07(火) 21:03:52.42 0
プロバイダ規制に巻き込まれてここ何日か書けなかったもんで
悶々としちゃって「エロいの書いてやる」といきり立ったんですが
全然1レスに収まりませんでした 慣れない事はしない方がいいっすね

511 :名無し募集中。。。:2006/11/07(火) 21:04:01.11 O
保全

512 :名無し募集中。。。:2006/11/07(火) 21:06:00.93 0
規制解除おめ
エロも良かったよ

513 :名無し募集中。。。:2006/11/07(火) 21:41:49.12 0
>>510
規制(・∀・)人(・∀・)
熊井一尉キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!ってリアルで書けなくて悔しかったぜ

そして嗣永の匂いにオッキ

514 :名無し募集中。。。:2006/11/07(火) 22:11:45.53 O
青春桃子さんこんばんは!
いや〜最近見ないからどうしたんだろうと思ってたよ
復帰おめ!

515 :名無し募集中。。。:2006/11/07(火) 22:12:19.64 O
どこまでニブいんだww

516 :名無し募集中。。。:2006/11/07(火) 22:17:29.70 O
ちんこの助氏乙です!
出ててきたまぁさとの絡み希望w

517 :名無し募集中。。。:2006/11/07(火) 22:40:25.75 0
ももちの淫水・・・ハァハァ・・

518 :名無し募集中。。。:2006/11/07(火) 22:54:37.49 0
絶妙なエロス!
さいこー

519 :名無し募集中。。。:2006/11/07(火) 22:55:43.46 0
ももちにオカズにされるなんて幸せすぎる(*´Д`)ハァハァ

520 :名無し募集中。。。:2006/11/07(火) 23:29:21.14 0
久しぶりの青春が青春じゃない〜
でも性春もまたよし!
とりあえず桃子ヲタとしてはあんたの復帰をどれだけ望んでいたか

521 :名無し募集中。。。:2006/11/08(水) 00:14:18.09 0
落とさないぜ!!

522 :名無し募集中。。。:2006/11/08(水) 00:14:26.85 0
なるほど性春ワールド

これはこれでいいな

523 :名無し募集中。。。:2006/11/08(水) 01:08:10.02 0
>>508-509
超絶抜いた
いやマジで

524 :名無し募集中。。。:2006/11/08(水) 01:10:57.23 0
いや気持ちはわかる
いやマジで

525 :名無し募集中。。。:2006/11/08(水) 01:17:57.78 0
>>510
規制解除おめ!!
てかocnの予感w

526 :名無し募集中。。。:2006/11/08(水) 02:38:02.04 0
:::::::::::::::::::::::::::::..
::::::\:☆ノノハ クゥ〜ン
::::::ミゝ从 ’w’)つ
::::::⊂__つノ
マイハマン巡回中!

527 :名無し募集中。。。:2006/11/08(水) 03:09:44.43 0
みやびちゃんみやびちゃん

528 :名無し募集中。。。:2006/11/08(水) 03:54:17.31 0


529 :名無し募集中。。。:2006/11/08(水) 04:21:40.65 0


530 :名無し募集中。。。:2006/11/08(水) 05:13:39.83 0


531 :名無し募集中。。。:2006/11/08(水) 05:21:34.51 0
>>496
  りぃ〜タンで「ついてきちゃった♪」というプレイをお願いします
では私は
  茉麻で「甘えてもいいかしら〜」と背中に指をグリグリされるプレーでお願いします


532 :名無し募集中。。。:2006/11/08(水) 06:57:03.21 0
 

533 :名無し募集中。。。:2006/11/08(水) 07:56:42.12 O


534 :名無し募集中。。。:2006/11/08(水) 09:01:36.51 O


535 :名無し募集中。。。:2006/11/08(水) 09:04:09.53 O
青春桃子でおっき
電車の中でw

536 :名無し募集中。。。:2006/11/08(水) 09:48:32.49 0
俺様は姓はバンジー、名はジャンパー
練馬から銀河に羽ばたく究極のバンジージャンパーだ
世界中の高所低所を制し、至高のロープをも手に入れた俺様だが更なる高みを目指す気持ちは日々大きくなるばかりだ
だが俺は宇宙中のあらゆるポイントからバンジってしまったのだ
もう俺が目指すべき高みなどこの世には残っていないのだ
そこで俺は禁断のバンジーに挑むことにした
いや、それはもはやバンジージャンプとは呼べないのかも知れない
バンジージャンプがバンジージャンプたり得るのはそこに安全があるからだ
つまり生還が保証されているからバンジージャンプなのだ
だが俺が今度挑むのは命の保証のないジャンプだ
そう、それはこの店の雅嬢だ
彼女のあの禍々しい顎、あれはバンジージャンパーにとって恐怖であり脅威であり俺にはこの上ない誘惑だ
俺は彼女の頭のてっぺんからジャンプする
このとき股間を顎に打ち付けておまけに顎の先端が俺のバージンアナルにズボっと刺さってドピュっ!!!


で頼むぜ

537 :名無し募集中。。。:2006/11/08(水) 09:57:10.47 0
漢だなww
しかし最近ジャンパーすごいなw
もっと頼む!

538 :名無し募集中。。。:2006/11/08(水) 10:14:00.98 O
名前が書いていないのに分かってしまうw

539 :名無し募集中。。。:2006/11/08(水) 10:40:42.17 0
だれ?

540 :名無し募集中。。。:2006/11/08(水) 11:07:45.62 O
有原栞菜と岡井千聖スレも降臨してくれ

541 :名無し募集中。。。:2006/11/08(水) 11:08:40.44 0
>>540
お前もいたのかw

542 :名無し募集中。。。:2006/11/08(水) 11:27:00.93 0
>>539
ちんこのすけ

543 :名無し募集中。。。:2006/11/08(水) 12:09:24.02 0


544 :名無し募集中。。。:2006/11/08(水) 13:13:34.37 O
良スレ保全

545 :名無し募集中。。。:2006/11/08(水) 14:07:37.25 O


546 :名無し募集中。。。:2006/11/08(水) 15:26:34.98 O


547 :名無し募集中。。。:2006/11/08(水) 15:33:27.16 0
熊井ちゃん熊井ちゃん

548 :名無し募集中。。。:2006/11/08(水) 16:44:00.83 0


549 :名無し募集中。。。:2006/11/08(水) 17:42:18.99 0


550 :名無し募集中。。。:2006/11/08(水) 18:36:41.47 O


551 :名無し募集中。。。:2006/11/08(水) 19:42:49.06 0


552 :名無し募集中。。。:2006/11/08(水) 20:23:41.76 0


553 :名無し募集中。。。:2006/11/08(水) 21:09:49.94 0


554 :名無し募集中。。。:2006/11/08(水) 21:56:33.08 0
妄想日記〜奥様は茉麻〜

今朝も体がだるいな・・今日は会社さぼろうかな・・重い足取りで玄関を出た俺はふと隣の家を見た。
隣の須藤さん夫婦だ。奥さんの茉麻さんが旦那を笑顔で送り出している。うらやましいなあ、それに比べてうちの・・・
つい茉麻さんと目が合い軽く頭を下げると、彼女もにっこりと微笑んでくれた。
俺はその笑顔に引き込まれしばらく呆然としていたが、ふとわれに返ると玄関の前に来てしまっていた。
おそるおそるチャイムを押す。
「はあい!あら!〇〇さん!どうしたんですか?」
「いや!その体調が悪いので少し休ませてもらおうと思って!」
「でもお宅は隣ですよ?」
「ううっ!」俺は倒れる振りをしたすると、「まあ大変!早くあがって下さい!」
疑うことを知らない素直で心優しい茉麻さんの後についてリビングに向かった。
部屋に入ると茉麻さんに後ろから抱きついた。「ちょっと!どうしたんですか?」
白いTシャツごしに胸をもむ、茉麻さんは腕をばたつかせて「〇〇さん!やめてください!だめっ!あっん!」
スカートの中に手を入れ下着の上からあそこをなぞると硬直していた身体が一瞬ビクンッとなり抵抗をやめた
「そんなことしたら!あぁ!ん!佐紀さんに!あっ〜!」
突然、妻の名前を出されて躊躇したがもう止まらない。茉麻さんをソファーに押し倒してパンティーを脱がす。
茉麻さんの秘部に顔をうずめ舌を入れると溢れんばかりに蜜がわいてくる。
「んん!ふぁ〜!あ〜ん!」もういつものおしとやかな茉麻さんではない。
茉麻さんは俺を床に寝かせると俺の服を脱がしてをまたがりそびえたつ肉棒に手を添えて、ゆっくりと体をしずめる。
「あぁっ!あぁっ!あぁっ!いい!もっと!」
髪を振り乱しほとばしる汗を撒き散らしながら腰を振っている。もう俺も限界だ!

「  ガチャ! 」

「り〜ちゃん!あぁっ!だめよ!あん!部屋に!んん!戻って!」
「あ〜イク〜!」おれは部屋に入ってきた一人娘のりさこちゃんのおびえた様な顔を見た瞬間果てた!

この設定でお願いする
あ〜、り〜ちゃんは最後だけでいいですから。



555 :名無し募集中。。。:2006/11/08(水) 22:06:03.03 0
カミさんが佐紀ちゃんでこれ以上何を望むというのか

556 :名無し募集中。。。:2006/11/08(水) 22:06:48.85 0
・・・・胸じゃないかな?

557 :名無し募集中。。。:2006/11/08(水) 22:14:51.51 O
人妻まぁさイイ!
でもりーちゃんカワイソスw

558 :名無し募集中。。。:2006/11/08(水) 22:20:32.74 0
ついにまあさ来たw

559 :名無し募集中。。。:2006/11/08(水) 23:03:51.23 0
>>554
では母親のいけない情事を見て心を閉ざしたりーちゃんの看病をするコースキボン

560 :名無し募集中。。。:2006/11/08(水) 23:32:14.41 0


561 :名無し募集中。。。:2006/11/08(水) 23:53:31.50 0
::::::::::::::::::::::::::::.
::::::.\:★ノノハ のにゅ?
::::::.ミゝ从*´∇`)つ  
::::::⊂__つノ
のにゅのにゅマン巡回中!

562 :名無し募集中。。。:2006/11/09(木) 00:15:03.01 O
夜10時
いつものように梨沙子と電話をしている。
今日の出来事やテレビの話し。
「ねぇ梨沙子のこと好き?」突然こんなことを聞いてくる。
「好きだよ」面と向かっては恥ずかしくて言ったことがないこの台詞。どうして電話だとすんなり言えるのかと思う。
「今すぐ梨沙子に会いたい?」
うん、そう答えるとすぐに
「じゃあ窓の外を見てごらん」梨沙子が言う。
まさか、と思って外を見る。梨沙子がこっちを見て立っていた。玄関を飛び出し梨沙子の元へいく。
「来ちゃった♪」寒さに震えながら言う梨沙子にたまらなくなりギュッと抱きしめる。
「ねぇ梨沙子のこと好き?」また聞いてくる。
今度は梨沙子の目を見て言う。
「好き…好きだよ。梨沙子のことが一番好き」
「やっと梨沙子を見ながら言ってくれた」満足そうな笑顔を浮かべた梨沙子にキスをする。
顔を赤くした梨沙子が言った。
「ねぇお家まで送ってってくれる?」さっきまでの少し大人びた表情から子供のような表情に代わり僕を見つめる。
チクショウ、なんでこんなにかわいいんだ。そう思いながら手を取り歩き出す。
「お前は、俺だけのものだからな」顔を赤くしながら言った僕に、
「は〜い」そう言って軽くキスをする。何回も何回も…

563 :名無し募集中。。。:2006/11/09(木) 00:16:06.14 O
前に誰かが言ってた気がした梨沙子のパターンです。最後のほう手抜き気味なので、つまらないと思われます

564 :名無し募集中。。。:2006/11/09(木) 00:30:24.51 0
いいじゃないの

565 :名無し募集中。。。:2006/11/09(木) 01:25:02.11 0
::::::::::::::::::::::::::::.
::::::.\:★ノノハ のにゅ♥
::::::.ミゝ从*´∇`)つ  
::::::⊂__つノ
のにゅのにゅマン巡回中!

566 :名無し募集中。。。:2006/11/09(木) 02:46:27.45 0
みやびちゃんまだー

567 :名無し募集中。。。:2006/11/09(木) 03:46:00.37 O
保全

568 :名無し募集中。。。:2006/11/09(木) 03:48:33.78 0
>>562
鳥肌が立った、勿論性的な意味で

569 :名無し募集中。。。:2006/11/09(木) 04:30:50.73 0


570 :名無し募集中。。。:2006/11/09(木) 05:43:38.20 0


571 :名無し募集中。。。:2006/11/09(木) 06:59:37.31 O


572 :名無し募集中。。。:2006/11/09(木) 07:46:22.57 0
パチスロでボロ勝ちしたんで姉妹店も合わせて全員指名したいです
そして全員並べて靴下を脱がせて生あんよの香りを一人ずつクンクン
誰が一番臭いかを判定してみんなの輪の中でくさくさチャンピオンの足をクンカクンカするんです
それでみんなが見てる前で「おまえの足は臭いぞ!鼻が曲がるぞ!ああ臭い!臭い臭い臭い!おまえらが毛嫌いするヲタクの体臭よりも臭いぞ!」
って言って苛めるんです
そして熊井ちゃんが恥ずかしさと悔しさで泣き出したら「ああ臭い臭い!おまえの足が臭いからこんなになっちゃったじゃないか!」
って言いながらカチンカチンになった俺の股間のにょきにょきチャンピオンを取り出して自分でしこります
「こんなに臭くちゃアイドル失格!いや、女の子失格!いやいや人間失格だ!ああ臭い臭い!」
って言いながら熊井ちゃんのくさい足をしゃぶり、みんなに見られながら激しくオナニー
フィニッシュは熊井ちゃんの臭い足です
「ほら、熊井ちゃんの足がもっともっと臭くなったよ」
って言いながら熊井ちゃんの足に俺の白い汁を塗り伸ばして最後には臭い足におしっこをぶっかけて時間です

573 :名無し募集中。。。:2006/11/09(木) 07:54:08.14 0
爽やかに澄み切った大気が気持ちいいこんな朝から…GJ!

574 :名無し募集中。。。:2006/11/09(木) 08:16:15.63 0
>>573
なんとなくあんたも素質ありそうだな
いっちょ書いてみないか

575 :名無し募集中。。。:2006/11/09(木) 08:16:24.38 0
途中から熊井ちゃんが一番臭いって決め付けてるな

576 :358148001605968:2006/11/09(木) 08:20:01.72 O
でも、読んでて、オッキした

577 :名無し募集中。。。:2006/11/09(木) 08:22:51.42 O
>>572
爽やか路線もいいけどやっぱこういうのもいい!
次回策を期待してます!

578 :名無し募集中。。。:2006/11/09(木) 08:24:17.12 O
>>562
俺はよかったと思う
りしゃこかわいいよりしゃこ

579 :名無し募集中。。。:2006/11/09(木) 09:07:16.67 0
>>574
そうだ!思いついたら長かろうが短かろうがまずはかいてみることだよ
このスレはかなり読解力のある人たちばかりだからw


580 :名無し募集中。。。:2006/11/09(木) 10:21:34.79 0
妄想日記〜午後のまあさ〜

「あ〜あ!今日は天気もいいし外に出て若い男でもつかまえようかしら・・」
ある晩秋の昼下がり私は家事も済ませソファーでテレビを見ていたの。すると玄関のチャイムが鳴る。
「こんにちは!町内会の回覧板を持ってきました!」
ドアを開けると一人の制服を着た男の子がたってた。
「あら!ありがとう!あなた中学生?今日学校は?」そう尋ねると今日はさぼったという。
「それじゃあがってく?お茶でものんでったら?」
男の子は小さく頷くと私について部屋に入ってきたわ。
彼をソファーに座らせた私はキッチンでグラスにジュースを淹れながら考えてみる。
いくら若い男の子といっても中学生じゃね〜でもまだ経験なさそうだなぁ〜
あたしが教えてあげようかなぁ〜
リビングにコーヒーを持って戻り男の子の正面に座った。
何度か脚を組みかえると着ているミニのワンピースから太ももがあらわになる。
彼は顔を真っ赤にしてうつむいている。かわいい!よし!いただいちゃおぅ!
あたしははグラスを持ったまま彼に近づきつまづいたふりをしてジュースを股間に掛けた!
「あ〜!ごめんね!すぐ洗濯するから脱いで!」やっぱ!これが定番よねぇ!
彼は大丈夫だと拒否したけど無理やりズボンを脱がすとなんとかれのちんぽは勃起しているの!
「す、すいません!まぁささんみてたらなんか変な気分になって!」
「いいのよ。さぁ、あたしに見せて!」
わたしは彼のちんぽを出すと静かに優しく舌で筒先を舐めたわ。
彼は目を閉じてじっとしている。
それを見てあたしはとても嬉しくなり今度は激しくしゃぶったの!
「まぁささん!もう僕ダメです!出そうです!」
「いいわ!ちょうだい!」
ちんぽから大量の白い液体がほとばしる。
あぁ〜やっぱ若い男の子は勢いがあるわ〜

こんな午後のけだるい人妻プレイをお願いします。




581 :名無し募集中。。。:2006/11/09(木) 10:25:56.28 0
あの艶々ねっとりと輝く唇に吸い付かれるさまを想像しておっきした

582 :名無し募集中。。。:2006/11/09(木) 10:27:32.07 0
まーさは有閑マダムがデフォなんだな

583 :名無し募集中。。。:2006/11/09(木) 11:41:35.16 O
ウン、ウン!

584 :名無し募集中。。。:2006/11/09(木) 12:09:12.33 0
悪の花道

放課後、手紙で呼び出された俺は校舎裏の人気の無いところで立っていた。
手紙はくれたのはこの学園の名物三人組だった。
リーダーの雅、知恵の桃子、体力のま〜さ
この3人はイケメンとみたらすぐに声を掛けものにしてしまうという。
彼女たちは雅→ミヤビージョ 桃子→モモビッチ ま〜さ→マーシャという通り名があり
男たちのハートを盗む泥棒、転じてドロンボーとよばれていた。
ドロンボー一味が現れリーダーのミヤビージョがいった
「あんたは今日からあたしたちの奴隷よ!」
「何ばかなこと言ってんだよ!」
「あたしたちの怖さがわかってないらしいね!マーシャ!やっておしまい!」
「ふが〜!」マーシャはその自慢の体力で俺を羽交締めにし股間をまさぐる。
気持ちいい!
「次はモモビッチやっておやり!」
「はい!またせたわね!今週の目玉!」
モモビッチはかばんの中から小ビンを取り出すと自分で「ローション!ローション!」
と変な声で叫びながら近づいてきた。
「全国の女子中学生諸君も待望のこの技!ローションプレイよ!あんた耐えられる?」
そういって服を脱がされベタベタとローションを塗られた!でもこれも気持ちいい!
マーシャはちんこを握り、モモビッチは乳首を吸い、最後にミヤビージョが俺につばをたらしてきた!
体中に快感の渦がおそってきたがここで負けたら奴隷にされる!
俺は最後の力を振り絞り、ポケットの中からライターを出しモモビッチのスカートに火をつけた
すると火はすぐに3人に燃え移った!
慌てて燃える制服を脱ぐ3人。
下着姿になった3人は「おぼえてなさいよ〜!」

こんな対決がしたいです。




585 :名無し募集中。。。:2006/11/09(木) 12:14:18.42 0
その三人におしおきしたいです

586 :名無し募集中。。。:2006/11/09(木) 12:20:10.84 0
ポチっとな

587 :名無し募集中。。。:2006/11/09(木) 12:21:25.09 0
可愛い悪役3人衆だぜ

588 :名無し募集中。。。:2006/11/09(木) 12:21:45.63 0
あばれはっちゃくでそんなシーンがあったなぁ
火をつけるんじゃなくて後ろから万個タッチして
女子がひるんだ隙に逃げるんだけど

子供心にドキドキしたなぁ

589 :名無し募集中。。。:2006/11/09(木) 12:41:28.23 0
「ローション!ローション!」
アホス!

590 :名無し募集中。。。:2006/11/09(木) 13:37:18.96 O


591 :名無し募集中。。。:2006/11/09(木) 14:39:47.53 O
ほ!

592 :名無し募集中。。。:2006/11/09(木) 14:40:19.94 0
ここって長いの上げていいの?
大体200行ぐらいになりそうなんだけど

593 :名無し募集中。。。:2006/11/09(木) 14:45:24.01 0
ばっちこーい♪

594 :名無し募集中。。。:2006/11/09(木) 14:47:28.40 0
リア消に上げようかと思ったけどこっちのほうが雰囲気いいんだよね
いま校正してるから夜上げる

595 :名無し募集中。。。:2006/11/09(木) 14:49:10.02 0
じゃ おまちしてまーす

596 :名無し募集中。。。:2006/11/09(木) 16:09:40.80 O
マダムまーさ、来ないかなぁ…

597 :名無し募集中。。。:2006/11/09(木) 16:09:41.43 0


598 :名無し募集中。。。:2006/11/09(木) 17:07:45.57 0


599 :名無し募集中。。。:2006/11/09(木) 18:07:51.32 O
保全

600 :名無し募集中。。。:2006/11/09(木) 18:20:05.41 0
>>584
バカバカしさにワロタw
次回作も期待してるよ!

601 :名無し募集中。。。:2006/11/09(木) 19:20:34.23 0
誰かディープキスだけの小説を書いてください

602 :名無し募集中。。。:2006/11/09(木) 19:21:31.57 0
茉麻以外で

603 :名無し募集中。。。:2006/11/09(木) 19:23:02.47 0
千奈美以外で

604 :名無し募集中。。。:2006/11/09(木) 19:35:47.39 0
渋谷哲平で

605 :名無し募集中。。。:2006/11/09(木) 19:37:37.71 0
ウェンツで

606 :名無し募集中。。。:2006/11/09(木) 19:44:57.49 0
ウェンツは天テレまでだなぁ

607 :名無し募集中。。。:2006/11/09(木) 20:30:22.30 0


608 :( `◇´)<アフォバッカヤデ:2006/11/09(木) 20:59:23.88 0
>>69 名前:猫大好き ◆rcbDannyZ. [sage] 投稿日:2006/11/08(水) 23:46:39 ID:???
>>嗣永プロとしみずのおっさんで何かレズもの描いてくださいm(_ _)m

http://page.freett.com/afoba/img/rezu.png

609 :名無し募集中。。。:2006/11/09(木) 21:02:17.91 0
猫大好き ◆rcbDannyZ

ぶっ殺してぇ

610 :名無し募集中。。。:2006/11/09(木) 21:27:41.43 0
有原栞菜と岡井千聖が同時に告白してきたら
http://ex11.2ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1162885719/

職人さん、こっちにも降臨よろしくです

611 :名無し募集中。。。:2006/11/09(木) 21:32:20.80 0
岡井ヲタがうざいからやだ

612 :名無し募集中。。。:2006/11/09(木) 21:53:36.25 0
茉麻さんと食わず嫌い王で対戦したいです
僕の大好物は茉麻さんのおっぱい、おまんまん、お尻の穴、おしっこ
茉麻さんの大好物は僕のおちんちん、精液、唾液、チンカスです
それでは実食していただきましょう

613 :名無し募集中。。。:2006/11/09(木) 22:07:53.86 0
おまえの嫌いそうなものが見当たらないのだが

614 :名無し募集中。。。:2006/11/09(木) 22:19:54.00 0
移住者うざいな

615 :名無し募集中。。。:2006/11/09(木) 22:31:36.14 0
「清水。今日はゆっくりだったんだな。」
平岡は、下足箱の陰から、薄暗がりの渡り廊下を突っ切って歩いてくる小さな人影を認めると、
駐輪場に停めた、自分の自転車のハンドルにもたれ掛かりながら、その姿に向かって声を掛けた。

えんじのスカーフの紺色のセーラー服の上下に、赤いタータンチェックの裏地を施したウールのダッフルコートを羽織い、
白いソックス、焦げ茶のローファー履き、黒革の手提げ鞄に、学校指定のナイロンバッグを右手に提げ持った佐紀は、その声に気づくと、
金色の細やかな産毛の光るやわらかな頬にかかる、頭のちょうど真ん中から二つに分けて下ろした黒髪を左右に揺らしながら、
小走りに足を速め、声の主のほうへ駆け寄って、「ごめん、ちょっと部活長引いちゃって・・・。」と言い訳した。

「随分熱心なんだな、最近。」停めた自転車を引き寄せながら、彼が少し不満気に言うと、

彼女は、駐輪場にぎっしり停まった自転車の中から、自分の自転車を探し出し、制服のスカートのポケットの中に入った自転車の鍵を取り出して、
ロックした前輪のほうに屈み込みながら、「ううん、違うんだ。この間辞めちゃった2年の子が合唱部の部室に挨拶に来たから、送り出してたんだ。
私、一応キャプテンだからね。」と答え、「とりあえず、歩きながら話そうよ。」と自転車の前かごに手提げ鞄を押し込み、スタンドを外し、ハンドルを押して歩き出した。
平岡も、ユニフォームやシューズの入った大きなスポーツバッグを、前かごに乗せ、その後から歩いて彼女に並びかけた。
構内に敷き詰められた細かな砂利を踏みしめ、校門のほうへ自転車を押して歩いて行きながら、彼女は、小さな口元をもたもたと動かす独特の喋り方で続けた。
「平岡君も知ってるでしょ?、舞波。彼女なの、辞めちゃったの。家の事情で引っ越しちゃうんだって、深くは聞けなかったけど・・・。」
と、少し下がり気味の濃い眉の下から覗く、長い睫毛を伏せ気味にした。

616 :名無し募集中。。。:2006/11/09(木) 22:33:29.95 0
「そうなんだ。おまえ石村と結構仲良かったもんな。・・・家の事情か、なんかつらい話だな。」
紫色に染まる鰯雲たなびく秋空を照らす、寂しげな夕日を浴びて、長い影法師引きずり、部活終わりの甘い疲れに包まれて、二人はしばらく黙ったまま、
寄り添って歩いて行った。

もともと幼馴染みで、共に同じ中学校に通ううち、お互いのどちらから言うでも無く、付き合い始めた二人はいつも、お互いの部活動の終わりを待って、
校舎の脇の自転車置場で落ち会い、共に帰る時間を、少しでも多く過ごすために、自転車を押して行く道すがら、取り留めのない話をするのが常だった。

「今日さ、ちょっと寄り道して行こうよ。」
平岡は、痩せてはいるが、がっちりとしたスポーツマン然とした肩をすくめて、思いついたように突然、佐紀のほうへ顔を傾けながら少しおどけた。

「駄目だよそんなの、遅くなったら家の人に怒られちゃうよ。」
佐紀は、両の手を真下に突っ張って、その小さく頼りなげに見える姿には似ぬ、意外に強い物腰で、彼に抗議した。

彼は、それを軽く受け流すように、彼女のほうに大柄な身体を屈めながら、
「いいだろ?、なんか最近、お前元気無さげだしさ。気晴らしにさ。な。」と言った。

自分のことを思って、とそう言われると、無碍にも出来ず、彼女のほうとても、少しでも一緒に居て話したいと思わぬ風でもなし、
委細仕方ないと言う風に、こくりと頷き、彼の言に従った。

校門を出て、駅前に向かうほうと反対の、柊の、濃いやにがかった緑の葉を生垣風に剪定した屋敷が並ぶ住宅街を真っ直ぐ抜けると、
比較的最近に拡張工事のされた広い幹線道路に突き当たる。
二人はそこを右に折れ、交通量の多い賑やかな通りを、脇から追い過ぎる車に気を払う道々、互いに言葉を交わしながら進んだ。
しばらく行くと、近ごろこの地域にも勢力を張りだした郊外型の大型小売店舗の入り口が正面に見えてきた。
そしてその頃には、日も暮れ始め、道沿いに立てられた、外灯も徐々にともりだし、周りの黒々とした建物の影が大きく迫って来る様子で、
二人の頭上には水彩絵具を薄く引いたように、高くなるにつれて琥珀色からほの青く移りゆく、秋の星空が姿を現し始めていた。


617 :名無し募集中。。。:2006/11/09(木) 22:35:54.03 0
エントランスに向かって緩やかに上る赤茶けたレンガブロック敷きの舗道を通ると、その脇には背丈ほどの金木犀が植えられており、
通り過ぎるほどに、その花の香がこの季節、いつにも増して甘く切なく漂っていた。
二人は、入口の駐車場を抜けて、施設の敷地に入り、奥にある駐輪場に自転車を止め、荷物を置いたまま、鍵の付いたキーホルダーを
ちゃらちゃらまわしながら歩いて建物に入った。

「腹へったな、まずなんか食べようよ。」と平岡が促して、
3階建ての建物の、吹き抜けになった1階の両側に並ぶファストフード店の内の一つに入り、二人はあれこれ楽しく迷いながら、
お互いに相手のメニューを選びあい、ソフトドリンク、ハンバーガー等を買い求め、席を探して並んで座った。
二人落ち着いて、他愛の無い、教室での出来事などを話しながら食べるうちにも、佐紀はテーブルに両肘を付いた手で顎の辺りを支え、長い睫毛をしばたかせ、
しきりに首を動かす仕草で、目の前で早口で喋る彼の横顔をしっかりと見つめていた。
しばらくして、ひとしきり聞き役に回っていた彼女が、「もうさあ、さっきから部活の話ばっかりだよ、つまんないよ。」
と言葉の内身とはうらはらの転がるような弾んだ声で混ぜ返すと、
「そうだな、じゃゲームでもしていこうよ。」
と、平岡は飲み物を総て乗り終わらないうちに切り上げ、テーブルの上のカップを取り上げ、彼女を前に通し、
店の奥の並びのゲームアーケードに並んで向かって行った。

アーケードに入ると、平岡は、入り口近くに座る、クレーンゲームの前に立ち、
自分の分のドリンクのカップを持たせた佐紀を後ろにして、学生服のズボンのポケットを探り、小銭をゲーム台の硬貨投入口に放り込んだ。
「なあ、清水。お前どれ欲しい?」彼は後ろに居る彼女のほうには振り返らず、奇妙な音と色とりどりの電飾の点滅とともに、
左右に動くロボットアームに目を凝らし、軽く尋ねた。

618 :名無し募集中。。。:2006/11/09(木) 22:37:17.59 0
「ううんと、その奥のピンクのブタさんのぬいぐるみ。」
と彼女は、両手にドリンクのカップを持ったまま爪先立ちで、望みの品を顎先でそれと差し示しながら、彼の背中に答えかけた。

「なんだ、そんなんで良いのか?、もっとでかいの取ってやるよ。」彼は振り返りざま、拍子抜けした顔を向けた。

「いいの、それ集めてるから。」と彼女が照れたように微笑むと、彼はまたゲーム台のほうに向き直り、

「そっか、じゃそれ狙う。」といって真剣な顔でゲームを続けた。

操作者の意の裡に神経質に動くロボットアームは、はたして器用に狙いの品を掴み上げ、端にある取り出し口に繋がる穴に
獲物を落とし入れようとした瞬間、するりとそれを脇に取り落としてしまった。

「・・・ああっ、何だよ、せっかく上手く掴んだのに最後の最後に落ちてやがんの。」
と、残念そうに振り返りながら、「ダメだなあ。お前やる?」と彼女に持たせたカップを受け取る次第に手を差し出した。

「へーったくそ。いいもん、自分で取るからねー。」と彼女はちょっと顎を突き出すような仕草で彼のことをからかって、
手に持ったカップを彼に手渡し、替わってゲームを続けた。
しかし、何度か試みたものの、結局のところ彼女のほうもこれに関しては上首尾とはいかず、

彼に「お前だって、随分へたくそだなあ。」と逆にやり返される始末で、

仕方なく「もう、がっがり、他行こう。」とばかりに、そこは諦め、いろいろとほかのゲームに移って楽しむうち、
やがてそれにも飽き、どちらからとも無く休憩しようと言い出した。

619 :名無し募集中。。。:2006/11/09(木) 22:38:15.74 0
ゲームアーケードとショッピングエリアの間の通路を抜け、二人は施設の中庭に向かった。
郊外に建つこの商業施設の建物の全体は、大きくコの字型に配され、コの字の奥まった中心とその両端にそれぞれ入口を構えており、
その両翼に抱えられるように作られた、芝生張りの中庭には、電飾を施された低い植木が並び、建物に沿って左右並んで背高のパームツリーが植えられていた。
その中庭を十字に貫くように通された、レンガ貼りの通路の交差する真ん中に、芝生の円い島から大きなモニュメントが立っていた。
全施設の中心に建つ、そのモニュメントは西部劇風の見張り塔を模してか、偽木組みの意匠の直方体が芝生の上に曲線を描いて上方に伸びており、
根元には洞穴を刳ったような入口が四方にあって、中が空洞になって、人が入れる仕組みになっている。
そして、そのうろの中にしつらえてある木製のベンチに、二人は並んで腰掛けた。
すっかり日も暮れ、ちらちらと星が冷たく明滅する、晩秋の高く澄んだ夜空に見下ろされながら、二人は、おもむろに話し始めた。

「あーあ、受験、受験で毎日つまんないよ。」
両手を頭の後ろに組んで、足を前に投げ出し、さして感情のこもらぬ、間延びした声で平岡が言い放つと、

「平岡君はやっぱ、○○高校受けるつもりなの。」
佐紀は制服の襟に緩く結んだ、スカーフの端を弄りながら、小首を傾げ気味、上目使いに彼のほうを覗き込んだ。

「ああ、やっぱバスケやりたいからな。あそこはこの辺りで一番強い学校だから。」
問いを発する彼女のほうへは目を遣らず、彼は前を向いたまま答えた。
「おまえはどうするんだよ、○○女学院いくの?合唱部の先輩に誘われてるんだろ?」

「うん、一応ね、受けるつもり。・・・でも、お互い違う高校通うんじゃこんな風に一緒に帰ったり出来なくなっちゃうね。」
両手をベンチの縁に突っ張るようについて、上体を前に屈め気味、首をすくめ、つまらなそうに両足をぶらぶらさせて、
駐車場を出て目の前を通り過ぎる、外灯の明かりを映してぬめるように光る車のボディを目で追いながら彼女は小さく呟いた。

620 :名無し募集中。。。:2006/11/09(木) 22:39:16.55 0
「うーん、どうだろう。まあ今まで通りって訳にも行かないだろうけど・・・。でも電話とかいっぱいするからさ。」
押し黙る隣の彼女の気配を察してか彼は話題を変えるようにまた続ける。
「うん、ちょっと冷えてきたな。ああもう11月か・・・。あっ、そういや清水、今月お前の誕生日あるんだっけ?」
冷たい風が、表の街路樹の枯れ落ち葉を舞い上がらせ、まだマフラーもしていない制服の襟元を吹き抜けて、今がその季節であることを思い出させる。

「うん、もうすぐ。22日。」と言うと、ふと彼女は何か思いついたように瞳の中にいたずらっぽい光を浮かべ、
「何かプレゼント買ってくれる?」と冗談めかしに、彼のほうに顔を突き出して微笑んだ。

出し抜けな彼女に面食らい「ええっプレゼント?!、何がいいの?」と彼は思わず口走った。

「指輪。とか言っちゃってね。」笑ったまま上を向き彼女はいたずらっぽく体をくねらせた。

「指輪かあ・・・。」彼はちょっと考えて、思い切ったように「分かった。買ってやるよ。さあ、付いて来なよ。」
と彼女の右腕をつかみ、建物のほうに歩みだした。

ちょっとした冗談のつもりで、何がなんだか分からぬまま引っ張られる仕儀となって彼女は「えっ、ちょっとどうすんの?!」と慌てた。

「いいからさ、行ってみようよ。」そう言って彼はちらと左腕にはめた時計を見遣り、「急がないと閉まっちゃうよ、お店。」
と、突然大股ずんずん歩き始めた。

背の高い彼の大股の歩みは早く、佐紀は付いて行くのに精一杯で、思わぬことに「ちょ、ちょっと待ってよ平岡君、待ってってば。」
と彼の手をほどき、立ち止まろうとした。
しかし彼はそれを顧みず、なおも彼女の手を引き「いいか、さあ走るよ!」と宣言した。

621 :名無し募集中。。。:2006/11/09(木) 22:39:51.29 0
ふいにぐいと引き寄せられ、彼女は今まで自分がしっかりと寄って立っていた精神の地平がふわり揺らいだ気がした。
彼女は身の内から湧き起こるいまだ知らぬ衝動に突き動かされ、ままよと、自ら体を力強く押し出し、彼について走り始めた。
ローファーの靴音響かせ、フェルトのダッフルコートの裾はためかせ、ただ手を引く彼を頼みに、飛ぶように身を躍らせ、
きらきら点滅する電飾を施された植木の並ぶ、中庭の芝生を突っ切り、柔らかな明かりの漏れる建物の玄関に飛び込み、ファストフード店の並びを駆け抜け、
ゲームアーケードを駆け抜け、ショッピングエリアを駆け抜けた。
疾走するにつれ速くなる鼓動とともにショッピングエリアやゲームアーケードの雑多な光と音が突然溶けだし、混じりあい、
前髪を巻き上げて額や頬に抜ける風とともにめくるめく渦となって流れ去った。
今や、この郊外の、無関心で、個性のないショッピングモールが、彼ら二人の、どこか臆病で遠慮がちな恋愛の首都となった。

彼らは、革靴の底がタイル貼りのフロアを叩く音を派手に立てて、ショッピングエリアの突き当たりを曲がってすぐ左にあるジュエリーコーナーに駆け込んだ。

「ほんとにいいの。」魔法のような熱に浮かされ、付いて来た彼女は、一瞬われに返り心配そうにこう問いかけた。

「ああ大丈夫、今日お袋に参考書買うからって3,000円貰ってきたの思い出したからさ。安物の代にしかならないけど。」
簡単に答える彼に向かって、

「そんなの駄目、駄目、平岡くん怒られちゃうよ。」と彼女は駄々っ子の様にかぶりを振った。

「いいんだよ、誕生日プレゼントだし、さっきブタのぬいぐるみも取れなかったしさ。」尚も口を挟もうとする彼女を制して、
「それに、高校上がったら、今みたいに会えなくなるけど、絶対に佐紀を忘れないって証にさ。」と、彼は普段言いなれぬ、歯の浮くような甘い台詞を気取った。

622 :名無し募集中。。。:2006/11/09(木) 22:40:30.07 0
.

623 :名無し募集中。。。:2006/11/09(木) 22:40:58.57 0
「とにかく選ぼうよ」大した利益を落とさぬ客と見て取ってか、至極事務的に対応する店員を尻目に、二人はガラスのディスプレイケースを覗き込んだ。
ケースのなかに仕込まれた商品の見栄えを良くする為の蛍光灯の光に下から照らされ、疾走の余韻の残る、汗の滲む彼女の紅潮した顔は、華やかに輝いていた。
「じゃ、いい?、これにするよ。」彼女はケースの一番端にあった、小さなガラスのイミテーションのリングを指差した。
「これでいいの?、わかった、じゃ、これお願いします。」ちょっと胸張り気味、彼が言うと、こちらに視線を向ける手間もなし、
「こちらで御座いますね。」と店員が確認する。続いてさも面倒げな「ラッピングはいかが致しましょう?」との紋切り型の問いに、
「いや、結構です。」と、手を前に突き出す、断りの仕草で彼が答える。

閉店前のそそくさとした態度の店員から、商品の入った包みを受け取るや、彼女は粗末な中身に見合わぬ、大仰なフェルトのケースに入ったリングを取り出し、
左手の薬指に嵌め、その手を自慢げに、彼の目の前に差し出したかと思うと、すぐに引っ込め、嬉しそうに身をよじった。

「せっかくの誕生プレゼントなのに、安物でごめんな。」頭を掻きつつ、申し訳なげに彼が言うと、

「いいの、私にとっては、今、一番大事な宝物。世界で一番・・・。」指輪をしていない反対のほうの手で指輪を嵌めた薬指を包み込みながら、
噛み締めるように彼女は呟いた。

624 :名無し募集中。。。:2006/11/09(木) 22:41:52.13 0
早くも点けられたクリスマス向けの照明の、泡のような、はかない光に包まれて、頭上に差し上げた、薬指に指輪をはめた左手を仰ぎ見ながら、
制服のスカートをひらめかせ、嬉しそうにその場で、こまの如くにくるくる回る彼女を眺めているうち、
彼は、愛の甘美な予感に痺れ、思わず彼女のほうにつかと歩み寄り、その肩をこちら向きに引き寄せ、彼女の顔をまじまじと覗き込んだ。
彼女は一瞬驚いたように、血管の透き通る、白く細い頚筋をそらせたが、すぐに向き直り、静かな強い意思を秘めた瞳で彼の顔を見つめ返した。
彼もまた何も言わず、ただ彼女の瞳だけを凝視し続けた。
すると、彼女は潤んだ漆黒の瞳の裡に、恐れとも、期待ともつかぬ、感情のほむらを火花のように一瞬閃めかせ、刹那、
つやのある長い睫毛をのせた瞼を閉じ、彼の接吻の意を受け入れた・・・。

この世界は頭上に輝く星空のように深遠で、過去の意味や、未来の価値など我々が推し量る術も無い。
しかし、我々の過去や未来の総てを賭しても代え難い、永遠の現在をただ恋愛だけが、我々に与えてくれるのだ。

・・・そして今、永遠の時は、海原に浮かぶ小舟のような寄る辺ない二人を、青春の淡い光で静かに包んでいる。


あと20年遅く生まれて佐紀ちゃんとこんな青春したかったよお・・・orz

店長・・・もうプレーはいいんです・・・
もう次の朝日なんて浴びなくていいですからせめてこの夢が醒めないくらい強くて痺れる甘い酒を僕に下さい

625 :名無し募集中。。。:2006/11/09(木) 22:42:34.46 0
やっと終わった・・・

626 :名無し募集中。。。:2006/11/09(木) 22:44:47.59 0
長いなー

627 :名無し募集中。。。:2006/11/09(木) 22:45:09.85 0
長くてごめん
短くまとめようと思ったが佐紀ちゃん想うと妄想が止まんなかった

628 :名無し募集中。。。:2006/11/09(木) 22:45:18.06 0
小説スレでやってくれ

629 :名無し募集中。。。:2006/11/09(木) 22:45:18.49 0
>>624
力作乙 佐紀ちゃんのさわやか路線って何か新鮮
>>なおも彼女の手を引き「いいか、さあ走るよ!」と宣言した。
白いTOKYO思い出した



630 :名無し募集中。。。:2006/11/09(木) 22:49:54.88 0
ちょっとここには長いんじゃ?


631 :名無し募集中。。。:2006/11/09(木) 22:52:12.53 0
俺と同じくらいの年の作家さんだ…
読んでて共感できる部分が多くて涙腺が緩んじゃったよ

632 :名無し募集中。。。:2006/11/09(木) 22:52:13.87 0
変態紳士の俺には眩し過ぎる文章だな

633 :名無し募集中。。。:2006/11/09(木) 22:52:43.24 0
( ゚д゚)ポカーン

634 :名無し募集中。。。:2006/11/09(木) 22:56:55.79 0
店長!店長ー!!

635 :名無し募集中。。。:2006/11/09(木) 22:58:05.47 0
>>627
それわかるw
ネタはいっぱいあるんだけど1〜2レスにまとめるのが難しいんだよなw

人妻まぁさってまだ需要ある?
昨日・今日と気分転換にまあさで書いたんだけど?

>>600
これこそ両巨頭の降臨までのつなぎで書いたんだけどw





636 :名無し募集中。。。:2006/11/09(木) 23:00:08.04 0
まーさ!まーさ!

637 :名無し募集中。。。:2006/11/09(木) 23:05:29.03 0
Berryz妄想劇場
http://ex11.2ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1163080714/

638 :名無し募集中。。。:2006/11/09(木) 23:13:12.85 0
一応>>592で断わりいれてたんだけどやっぱりスレ違いだったみたいね
ご迷惑かけました多分もう書かないので皆さん安心してください

>>629ご慧眼
白いTOKYO さぼり 図書室待機辺りにインスパイヤされて書いてみました


639 :名無し募集中。。。:2006/11/09(木) 23:26:36.68 0
>>638
大丈夫!また書きなよ!
まあ長文うんぬんはどこでもいわれるしね
それにこの作品は受験編・プレゼント編・買い物編みたいに書けばよかったかも?

640 :名無し募集中。。。:2006/11/09(木) 23:27:55.51 0
頁/総頁打っといてくれたら長いの嫌な人は読みとばせるよ

641 :名無し募集中。。。:2006/11/09(木) 23:34:16.82 0
一気に投下せねばいいんじゃね?

642 :名無し募集中。。。:2006/11/10(金) 00:23:09.45 0
妄想日記〜まあさ人妻天国・表〜

今日はクラスメートのりさこちゃんの家に来ている
もちろん初めてだ。
彼女の部屋でいろんなことを話していると彼女のお母さんのまあささんが飲み物を持って入ってきた。
す、すごい!大きく胸元を開けたブラウスからは白いブラがみえている!
僕は息をのんだ。そのときのお母さんの目が光ったように見えた。
そして出て行った後、僕はりさこにトイレに行ってくると告げ部屋を出た。
そして母・まあささんを探した。
キッチンに立つ彼女の後姿を見て驚いたミニのスカートに下着の線がくっきりと浮かび上がっている!
「あら!どうしたの?」
「あっ!ト、トイレはどこかなって?」
するとまあささんは僕の手をひいてくれた。
二人でトイレに入ると彼女はいった
僕のまえにしゃがんむと「はじめて?」
うなづくと優しく口に含んでくれた!暖かい感触がちんぽに走る!
しばらくするとまあささんは自分で下着を下ろし後ろを向いた。
そして僕のちんぽを導いてくれた。
僕はちんぽが締め付けられるようなとてもいい気持ちになりながら一生懸命腰を突いた。
「ああっ!あっ!いいわ!あっ!そこ!」
1分とたたずに射精してしまった。
「どう?よかった?」
そういったまあささんの顔はとても綺麗だった。


これでどうだろうか?


643 :名無し募集中。。。:2006/11/10(金) 00:24:19.92 0
妄想日記〜まあさ人妻天国・裏〜

今日は娘のりさこが初めて男の子の友達をつれてきたの!
まあ親の目から見てもうちの娘はとても可愛いから当然いい男を連れてきたわ!
その男の子は礼儀正しくてはきはきしててもうなんだかすごくほしくなったの!
それであたしはりさこの部屋に飲み物を運ぶときわざと胸元をあけて挑発したのね。
そのあとあたしはキッチンで洗い物をしてたんだけど、彼がきたの。
「あら!どうしたの?」
「あの?トイレはどこですか?」
そんなのいちいち聞かなくてもわかるはずなんだけどあたしは彼の手を引いて案内したわ。
もちろんわたしもトイレにはいったんだけど!
扉を閉めるとあたしは彼の前にしゃがみこんだわ。
彼はその時にはもうこの後の展開がわかったらしく緊張してふるえていたの。
「・・・初めて?  」
「・・・はい!   」
ひざまずいたあたしはかれのちんぽをまず口にふくんだの。
かれのちんぽがどんどん硬さをましていくのがわかったわ。
我慢できなくなったあたしは下着を脱ぐと彼にお尻を突き出したの!
そして後ろ手にちんぽをあたしの中にみちびいたわ!
「ああっ!あっ!いい!ああっ!はぁ!」
彼のぎごちない腰の振り方はとても新鮮だったわ!
だけど彼ったらあっというまにいっちゃたのよ。


身支度をすませてトイレを出るとりさこが!
「なんでママと一緒に入ってんの?」

こんな感じで。
ネタとしては表・裏どっち?

644 :名無し募集中。。。:2006/11/10(金) 00:25:59.35 0
長いの書ける人はリア小スレとか行ったら喜ばれるんじゃないのかな
そういうモンでもないのかもしらんが

645 :名無し募集中。。。:2006/11/10(金) 00:36:58.60 0
あそこは頭おかしい批評家気取りが偉そうにしてるからやだ

646 :名無し募集中。。。:2006/11/10(金) 00:43:38.86 0
みなさんご助言ありがとう
最初リア消にとも思ったんだがあそこは固定の馴れ合いで雰囲気悪かったからここに上げた
流れがあるんで分割できんかったがまあ実際こんだけ一気に上げられたらうんざりして誰も読まんわな反省してる

647 :名無し募集中:2006/11/10(金) 00:49:37.92 0
http://anime.geocities.jp/tawara_supreme1/photo/20061029A_09.jpg

648 :名無し募集中。。。:2006/11/10(金) 00:56:37.11 0
>>642
俺は表の方でお願いします
でも裏の最後梨沙子に見られちゃうってとこは捨てがたいな(*´Д`)ハァハァ


649 :名無し募集中。。。:2006/11/10(金) 02:19:14.59 0
:::::::::::::::::::::::::::::..
::::::\:☆ノノハ クゥ〜ン
::::::ミゝ从 ’w’)つ
::::::⊂__つノ
マイハマン巡回中!

650 :名無し募集中。。。:2006/11/10(金) 03:16:11.52 0
ほほほ

651 :名無し募集中。。。:2006/11/10(金) 03:51:45.38 0
>>642-643
2つの視点おもしれーw

652 :名無し募集中。。。:2006/11/10(金) 05:17:17.24 0


653 :名無し募集中。。。:2006/11/10(金) 05:42:23.29 O


654 :名無し募集中。。。:2006/11/10(金) 06:25:47.44 O
マダムまーさ、いいよ!

655 :名無し募集中。。。:2006/11/10(金) 07:52:44.75 0
>>645

それでこちらに流れてこられてもね・・・

656 :名無し募集中。。。:2006/11/10(金) 08:10:18.54 0
>>646
よし!それじゃ早速純情キャプテンの次回作よろしく

657 :名無し募集中。。。:2006/11/10(金) 08:14:06.87 0
青春ぴーちっち期待age

658 :名無し募集中。。。:2006/11/10(金) 08:25:05.14 0
ちなみに>>645のようなことはないよ
稚拙な作品に寛容ではないがね

身の程もわきまえなかったので結果叩かれたやつが
>>645のようによそで言いふらすという傾向はある

659 :名無し募集中。。。:2006/11/10(金) 08:35:37.95 0
>>658
おれは向こうのスレを知らんのだがそんなに空気悪いの?
ここは確かに職人さんのレベルが高いからそんなことはないかもしれんが・・
実際3行〜30行くらいにひとつの物語を完成させるのだから
みんな才能あると思う。

660 :名無し募集中。。。:2006/11/10(金) 09:07:50.48 0
>>659
http://www.geocities.jp/riasho_kids/thread/1129270451.html
この辺見てみるといいよ
最近はおとなしいけどまだ偉そうにしてるキチガイはいるような気配がある

661 :名無し募集中。。。:2006/11/10(金) 09:34:11.19 0
>>660
サンクス!

確かにみんなでネタを楽しもうという雰囲気とはちょっとちがうかもね
それを考えるとこのスレは奇跡に近いね!

青春さん、2曹さん仕事忙しいのかな?

662 :名無し募集中。。。:2006/11/10(金) 09:40:57.18 0
>>656
ありがとうでもやはりここはあくまでも「イメクラ」なんでこういうスタイルはダメかと・・・
読むのを敬遠される長すぎるのはただ荒らしてんのと同じなんで皆が楽しくやってる空気を壊すのは忍びない
かといって30行くらいにまとめる才能はないのでおとなしくガヤに徹しますでは皆さんの快作期待してます

663 :名無し募集中。。。:2006/11/10(金) 09:48:42.79 0
part1の最初のころなんて5行程度の設定希望のみなのに
それだけで妄想が広がる。
特にちんこロボットという謎のキーワードがワロスw

664 :名無し募集中。。。:2006/11/10(金) 10:08:07.85 0
>>633
チンコロボット ナツカシス
この頃はチンコロボットって言葉見るたびみどり茶吹いてた
4 :名無し募集中。。。:2006/08/24(木) 13:15:53.67 O
鉄腕アトムに扮した佐紀ちゃんがチンコロボット役の僕と
死闘をクリ広げる設定でお願いします
26 :名無し募集中。。。:2006/08/24(木) 16:57:08.78 0
>4
遅レスだがチンコロボットってなんだよ
29 :名無し募集中。。。:2006/08/24(木) 17:12:08.29 O
兄の仇を討つためチンコロボットに勝負を挑む
ウランちゃんに扮した菅谷梨沙子ちゃん
でお願いします
31 :名無し募集中。。。:2006/08/24(木) 17:17:14.77 0
熊井は私が担当しているクラスで一番優秀な成績を修めていて特に理数系科目に強い
そんな熊井に私は物理の研究素材を与えることにした。
「熊井、これがチンコロボットだ」
「すご〜い。触ってみてもいいですか?」
でお願いします
33 :イケメン ◆IKEMENyusE :2006/08/24(木) 17:20:55.73 O
キーワード・チンコロボット
35 :名無し募集中。。。:2006/08/24(木) 17:28:52.13 O
義母という設定の須藤茉麻ちゃんに
「○○君のチンコロボットはH型?それともK型かな?う〜ん、もしかしてZ型??」
「中学にZ型はまだ早いわ!ちょっとお義母さんにみせなさい!」
と言われてチューチュートレイン
でお願いします

665 :名無し募集中。。。:2006/11/10(金) 11:08:16.43 0
チンコロボット懐かしギガワロスwwww
マジ最高だなww

666 :名無し募集中。。。:2006/11/10(金) 11:20:21.67 0
>>664
このチンコロボット書いた人って今このスレにはいないのかな?

>>665
チンコロボットって言葉の響きが最高だよなw

667 :名無し募集中。。。:2006/11/10(金) 11:51:24.92 0
このスレってどの作家さんがどのメンバーを書くとか決まってんの?


668 :名無し募集中。。。:2006/11/10(金) 11:59:57.07 0
決まっちゃいないが普通妄想は推しでするだろ

669 :名無し募集中。。。:2006/11/10(金) 12:04:46.08 0
妄想日記〜家庭教師の誘惑〜

俺には今日から家庭教師がつくことになった。
家庭教師といっても幼馴染の雅にテスト前に勉強を教わるだけだ・・
学校が終わって雅がやって来た。私立の女子校に通っているためうちの学校の女子の制服と違い
なんか緊張する。
それに雅とはここ半年ほど会っていなかったのでなおさらだ!
メガネを掛けた雅は机にむかった俺の後ろのベッドに腰を下ろした。
「なんかさぁ〜!久しぶりにこの部屋にはいった!かわんないねぇ〜!」
「あっ!やっぱここにまだえっちな本かくしてる!!」
「こら!やめろよ!」
「ほ〜ら!ほら!こっちだよ〜!」
そういって俺の大事なエロ本を奪い取ろうとするが雅は逃げようと体をのけぞらせた。
その反動で俺は雅を押し倒す形になってしまった。
笑っていた雅の顔が瞬時にまじめな顔になった。
「この部屋にあたしの他に女の子入れたことある?」
「えっ!そ、そんなのあるわけ無いだろう!」
雅は俺の腰に腕を回してきた。
「なんか変な雰囲気になっちゃったね?」
そういった瞬間おれは雅の唇をうばった。
怒るかと思ったがだまって目を閉じている。
「いいよ・・・しても・・・」


こんな感じで
う〜む!雅はどうしてもこの路線になるなぁ・・・


670 :名無し募集中。。。:2006/11/10(金) 12:08:44.04 0
>>664をUPしたあと改めて気づいた チンコロボットって言葉も笑えるけど
スレ立って間もない内にわずか4時間でこれだけ笑えるネタが集まってくるのも凄い
ベリヲタの瞑想力は凄い
自分は職人さんほど能力ないからスレ落ち防止で協力させていただくよ

671 :名無し募集中。。。:2006/11/10(金) 13:14:25.66 0
みやびちゃんいいよ雅ちゃん

672 :名無し募集中。。。:2006/11/10(金) 14:29:28.33 0
::::::::::::::::::::::::::::.
::::::.\:★ノノハ のにゅ♥
::::::.ミゝ从*´∇`)つ  
::::::⊂__つノ
のにゅのにゅマン巡回中!

673 :名無し募集中。。。:2006/11/10(金) 15:46:54.15 O
俺はいまだにヤマイモが忘れられません

674 :名無し募集中。。。:2006/11/10(金) 15:53:10.63 0
ヤマイモ!!!!!!!!!!!!!!!!
やっぱ結構皆初期からいんのなwww
最近職人さんも忙しそうだから賑やかし程度に俺も書いてみようかな

675 :名無し募集中。。。:2006/11/10(金) 15:55:19.95 0
俺は山芋ってやつか?

>>674
そうだ!待ってるよ!

676 :名無し募集中。。。:2006/11/10(金) 16:36:59.67 0
俺はこれが衝撃的だったなw
>>31
会社で笑いをこらえるのに必死だったw

677 :名無し募集中。。。:2006/11/10(金) 17:30:36.12 0
妄想日記〜咥えちゃうぞぉ!@〜

俺は仕事の打合せを終え車に戻ると二人の婦人警官がチョークでチェックをしている。
一人はとても小柄で可愛い感じ、こちらが先輩のようだ。
もう一人は背が高くすらっとしてまるでモデルのようだ。
「あ!すいません!すぐに出ますんで!」
「これはあなたの車ですか?ちょっとこちらへきてもらえますか?」
小柄な先輩の方がそう言ったので俺は二人について歩道を越えたところにある神社の境内に入った。
「友理奈どうする?」
「あ〜!佐紀先輩したいんでしょう?wwあたしは別にかまいませんよ!w」
一体なんの話をしているのかわからずボーっとしていると小柄な先輩が言った
「はい!それじゃちんぽこ出してください!」事務的に言う。
「はぁ〜?何言ってんですか?」
すると今度は背の高い後輩が後ろに回り俺の手を取り手錠をはめる!
「はい!無許可の危険物所持ですねぇ?あなたを逮捕します。」


678 :名無し募集中。。。:2006/11/10(金) 17:31:35.59 0
妄想日記〜咥えちゃうぞぉ!A〜

もう何がなんだかわからなくなって来た。
そして先輩の佐紀が俺のズボンを下ろし始めた!
驚いてふにゃふにゃになっているちんぽこを見て
優しくつかむとしごき出した・・・あっ!そんな!あっという間に勃起する・・
すると友理奈が「きゃはは!なんか可愛い! あっ!ずるいあたしも!」と言って佐紀の横に入ってきた。
「ねぇ?あなたこんな凶器を隠し持っていたんじゃただで帰すわけには行かないわねぇ?」
後輩の友里菜は自分の制服を脱ぎ始めた。
「ちょっと!友理奈!あたしが先よ!」
佐紀はスカートをめくった。そこは下着を着けずパンストだけだ!そこはパンストごしにキラキラと濡れ光っていた!
そして自分でパンストを裂くとおもむろに俺に乗りいれた・・・!
「あん!あん!あん!あんたも!腰を動かしなさい!あん!」
俺は言われたとおりに振る、しかしとても気持ちよくてあまりもちそうにない!「あたしも〜!」
今度は友理奈が俺の顔に跨った!
あそこからあふれ出るジューシーな液体に溺れそうになる!
終わりは一瞬にして訪れた。
佐紀は俺を起こして抱きしめると激しく唇をつけ舌を絡ませてきた!
そのとき佐紀のあそこがきゅっ!と締まった!
俺の精液が大量に佐紀へ流れ込むのがわかる。
一瞬の静寂の後、二人は夕陽をうけてきらきらと輝いた顔をこちらへ向けるとにっこり微笑みこう言った。
「おつとめご苦労様!あなたを尺放します!」

こんな婦警さんが俺の町にこないかなぁ・・・!









679 :名無し募集中。。。:2006/11/10(金) 17:34:25.03 0
婦警ってなんかしらんが手錠奪い取って逆に監禁して犯したくなる

680 :名無し募集中。。。:2006/11/10(金) 18:11:07.01 O
熊井ちゃんのガオーってやつとベリじゃないけど愛理のくせに!愛理のくせに!も忘れられません

681 :名無し募集中。。。:2006/11/10(金) 18:19:02.07 O
いいね婦警さん チンコロボットが反応したw

682 :名無し募集中。。。:2006/11/10(金) 19:14:21.63 O


683 :名無し募集中。。。:2006/11/10(金) 20:09:45.27 0
保守を兼ねて 名作復刻版
>>673-675
459 :名無し募集中。。。:2006/08/30(水) 22:24:06.31 0
オレは山芋
今日は佐紀ちゃんの食卓に並んでいる

佐紀ちゃん 「うわー、白くてネバネバしてるぅ」
佐紀ママ 「こら、食べ物で遊んでないで早く食べちゃいなさい」
佐紀ちゃん 「だってとろろあんまし好きじゃないんだもん、あー、お口の中にゅるにゅるぅ」

数分後

佐紀ちゃん 「あっ、あっ!お口の周りがかゆーい!」
オレ 「ふっふっふっ、それはぼくの仕業だよ佐紀ちゃん!」
佐紀ちゃん 「あなたはさっき食べた山芋!」
オレ 「ぼくをもてあそんだお返しだ!」
佐紀ちゃん 「そんなぁ〜・・・、かゆいよぉ〜」
オレ 「そんなに痒いかい?かゆみに効くお薬が一つだけあるんだけどな」
佐紀ちゃん 「かゆいよ、かゆいよ、お薬ちょうだいぃ・・・」
オレ 「ほら、ぼくの芋から出る魔法のとろろを飲むんだよ」
佐紀ちゃん 「うぇー、とろろ嫌いなんだってばー」
オレ 「じゃあ一生お口の周りがかゆい少女として過ごせばいいさ!」
佐紀ちゃん 「ぅぅ・・・とほほ・・・」
観念したのかオレの芋に恐る恐る手を伸ばす佐紀ちゃん・・・

でお願いします

684 :名無し募集中。。。:2006/11/10(金) 20:42:11.60 0
やっぱりキャプヲタって凄いわwww

685 :名無し募集中。。。:2006/11/10(金) 20:52:19.34 0
真・妄想日記〜布栗教授の痴件簿〜

午後の講義を終え事務室に戻ると助手の佐紀がコーヒーを淹れて待っていてくれた。
「教授!お疲れ様です!今日はもう終わりですよね?何か予定あります?」
「ありがとう、そうだなひさしぶりに古書店街でも行ってぶらついてくるよ。」
「・・・あのぉ?ちょっと相談があるんですが?」
「なんだい?いってごらん?」
「あたし・・男の人と付き合ったことないんです・・・」
「本当かね?君みたいな可愛い娘が?」
「・・・はい。」
「それで?私にどうして欲しいんだね?」
「教授にはまあささんて綺麗な奥さんもいるし、りさこちゃんて可愛い娘さんもいるじゃないですか?」
「それで?」
「あたしを愛人にどうですか?」
「はぁ〜?何をばかなこと言ってるんだね!大の大人をからかうのはやめなさい!」
「あたし!実体験は無いけど本やDVDを見て勉強しました。証拠を見せます!」
佐紀はそう言って服を脱ぎ裸になると私に抱きついた!
私の頭の中でいろんな思いが駆け巡ったが、ついに観念した!
佐紀は私のネクタイをほどき、Yシャツのボタンをはずし始めた。
確かに初めてとは思えない手際の良さだ。努力家の彼女のことだ、相当がんばって勉強したのだろう。
火のついた二人は狂ったようにお互いを求め合った。
そして彼女を机の上に座らせると私の愚息をねじ込んだ!
「ああぁっ!痛っ!はぁ〜!でも!なんかぁ!いいぃ!」
「う〜む!佐紀!これは名器だ!」
佐紀のまだ使われていなかった秘部は私の精気を吸い尽くすかのようにしめつけた!
情事が終ってもしばらくの間、二人は抱き合ったままときをすごした。
「・・・教授?どうでしたか?あたし?」


つづけ!

686 :名無し募集中。。。:2006/11/10(金) 21:05:24.24 0
助手の佐紀…
グレーのスーツ&白いブラウスで七三分けの佐紀ちゃんを瞑想して萌えた

687 :名無し募集中。。。:2006/11/10(金) 21:49:31.94 0
wktk

688 :名無し募集中。。。:2006/11/10(金) 22:30:50.28 0
ひなたはポカポカあったかい 澄んだ空気に落ち葉が浮かぶ
今日は午前授業だったから 時計はまだまだお昼すぎ   
「ちがう道から帰ってみよっかぁ?」 なんて桃子が言って   
僕らはちょっと遠まわり 2人で歩くのは初めての道
くだらない話で笑いながら トロトロ歩いているうちに
でっかい公園の前に出た ここらじゃ一番大きいところだ  
「ね、ね、遊んでこぉ?」って 桃子が僕の腕をつかむ
そうだね それもいいね 時間はまだまだたくさんある  
公園の入り口をまたぐとすぐ 小さな丸太小屋が見えた
「遊具貸し出し」って看板を 僕が読み終わるよりも早く
桃子が中に飛び込んでゆく 「なんか借りてくるねぇ〜!」
僕はクスクス笑いながら ベンチに座って桃子を待つんだ  
ふと妙な気配に振り返ると 桃子が神妙な顔して立ってた
僕にラケットを差し出す 手にはバトミントンのシャトル
「勝負の時がきたのよ… や り ま し ょ う」
なんだか芝居がかってるなぁ 今そこで借りたんじゃないの?
桃子がベンチにカバンを置いて ブレザーをたたみ始めて
どうやら勝負の時らしい 僕も思わずカバンを投げ捨てる
「いくよぉ〜? …たぁ!!」 なんて声が華麗に響き
それと同時にシャトルは消えた 出た!魔球!
桃子が恥ずかしそうに笑いながら 足もとのシャトルを拾う
「なしなし、今のなしねぇ?」 こうして勝負は始まった
僕はゆるーく打ち返すけど 桃子はそのたび「とぉ!」とか
「もらったぁ!」とか ほとんど全部空振りしてる
「あぁ〜ん ずるいよぉ〜」なんて 誰が?僕が!? 
思わずケラケラ笑ってしまう 桃子もつられて笑い出す
「うふふ〜 …楽しいねぇ!」 ほんとだね、そうだね
僕も楽しくてしょうがない 時間はまだまだたくさんあるのだ 


でお願いします 熟女

689 :名無し募集中。。。:2006/11/10(金) 22:33:13.03 0
キャプヲタの尋常でない妄想力については
内閣府からも無形文化財に指定すべきだとの声が挙がっているという

690 :名無し募集中。。。:2006/11/10(金) 22:37:58.07 0
青春桃子ktkr

691 :名無し募集中。。。:2006/11/10(金) 22:45:11.78 0
自分は2等陸曹であります。
自分は清水1尉殿に呼ばれたので、1尉殿のお部屋を訪ねたのであります。
「1尉殿、何かご用でありますか?」
「うん、あのね、そろそろ忘年会の出し物考えようと思って。2曹なんか良い芸ない?」
「それなら自分にお任せをっ!」
「キャっ!あっ!2曹なにすんのっ!あっ!んあぁっ!」
自分は1尉殿の左側に座ると1尉殿のパンツに右手を突っ込み、中指を前に、親指を後の穴に入れたのであります!
「1尉殿っ!腹話術をするでありますよっ!」
「あれ?・・・生理が・・・遅れて・・・いるよってばかぁっ!そんなの出来るわけないでしょうっ!」
「1尉殿ぉ、途中までのっておいてそれはないでありますよぉ・・・」
自分が指を動かしながら言うと、1尉殿は正面から自分に抱きつかれたのであります。
「また明日考えよう。2曹がそんなことするからぁ・・・佐紀がまんできなくなっちゃったじゃない・・・」
「いっ、1尉殿ぉっ!」
1尉殿が濡れた瞳で見つめられるので、自分もがまんできなくなってしまったのであります!
自分は指を引き抜き、1尉殿を一気に裸に剥いて、1尉殿の熱く火照った内部にぃっ!
「あぁっ!1尉殿ぉっ!精液が遅れて出てくれませんっ!あっ!出るぅっ!」
「2曹ぉっ!いいよっ!いっぱい・・・いっぱい出してぇっ!んあぁっ!」
「はぁ・・・1尉殿、忘年会は自分と白黒ショーするでありますか?」
「あんっ!だめよぉっ!持ち時間10分よ。2曹じゃ時間余っちゃうもんっ!」
・・・1尉殿・・・

でお願いしたいのであります!
親指は洗わずお持ち帰りしたいのであります!

692 :名無し募集中。。。:2006/11/10(金) 22:57:56.97 0
教育実習生が来て一週間が経った。
なんてことはない大学生なんだけど、なぜかクラスの女子に人気がある。
雅も普段は授業が終わった後に質問なんかしに行かないのに、教育実習生には質問に行ったりしている。
僕はそれが面白くなくて、でも面と向かって文句も言えなくてただイライラしていた。
質問を終えて帰ってくる雅が僕に「なぁに?」と笑顔を向けてくるけど、僕はそっぽを向いてしまう。
その様子が可笑しかったのか、くすくす笑う雅。
すれ違う時にリンスのいい匂いがしたけど、それも僕にとっては不安の種になる。

放課後の教室で二人きりになると、からかうように雅が
「今日さぁ、怒ってたよね?」と言ってくる。
僕は少しむっとして「怒ってないよ、いつだよ?」と答える。
拗ねたような口調が我ながら情けない。
雅は口元にちょっと意地悪な笑みを浮かべて僕の隣に座る。そして
「怒ってたよ、ほら、授業終わった後に」と言って体を寄せてくる。
ああ、またあの匂いだ。それは僕の鼻をくすぐって、泣きそうになるくらい愛しい。

「教育実習の先生と話してたから?」
そう言って綺麗な形をした唇に微笑を浮かべて僕を見る雅。
「ただ授業でわかんないところがあって、聞いてただけなんだけどなぁ」
その艶やかな唇をじっと見ていると、思わずキスしそうになってしまうから、僕は慌てて目を逸らす。
沈黙に耐えかねて、僕は馬鹿正直に「…いつもは、行かないのに?」なんて言ってしまう。
何を言ってるんだろう。軽蔑されるだろうか、そんな考えが一瞬頭をよぎる。

ふと、右肩に温かい重みを感じる。
右肩を見ると、いつのまにか雅が座っていた椅子を近づけてきて僕に寄りかかっていた。
そして、そのままの姿勢で、顔だけ僕の方に向けて僕を見上げながら
「やきもち、焼いてくれたんだ?」
と言って、嬉しそうに笑う。

693 :名無し募集中。。。:2006/11/10(金) 22:58:53.88 0
肩に触れる温かさと僕を包む雅の匂いだけでも、僕は十分くらくらしているのに、
雅は吐息が耳元にかかるような距離で「ごめんね」なんて囁く。
僕は雅の匂いと耳をくすぐる吐息に、僕はもうただただ赤くなって黙っているだけ。
それなのに、さらに雅は僕の手を取って「ねえ?今どきどきしてる?」なんて聞いてくる。
僕は黙って頷く事しか出来ない。顔が熱い、こんな顔、雅に見られたくない。
するとくすりと笑った雅が「私もだよ」なんて言って、握った僕の手を雅の胸に押し当てる。
手の甲から伝わる柔らかさと雅の鼓動に、僕の頭は痺れてもう何も考えられなくなってしまって、
好きだっていう気持ちでいっぱいで、雅にそれを伝えようと雅の顔を見ると
僕を誘うように唇が半分開かれていて、僕は気が付くと夢中でその唇を貪っていたんだ。

放課後の教室で、いつの間にか掴んでいた雅の肩から手を離して、僕は呼吸を整えていた。
さっきまでの行為はまるで何か夢を見ているようで、でも、唇に残る雅の匂いは夢じゃない事を示していて
僕はなぜだか泣きそうになってしまっていた。
雅はそんな僕をみて、またくすりと笑って「ごめんね」と言い、僕の頭を抱き寄せた。
僕は雅の胸の中でまどろみながら(かなわないなぁ)なんて、ぼんやりと思っていた。

なんていう、たまには積極的な雅ちゃんはいかがですか?

694 :名無し募集中。。。:2006/11/10(金) 23:04:15.17 0
10分ちょっとの間に職人3連続とか何の奇跡だこれは

695 :名無し募集中。。。:2006/11/10(金) 23:04:29.64 O
>>691
10分持たないってw

696 :名無し募集中。。。:2006/11/10(金) 23:09:13.93 0
>>694
30分じゃん
でも職人たちの週末力を見た

697 :名無し募集中。。。:2006/11/10(金) 23:14:01.59 O
何なのこの豪華ラインナップは

698 :名無し募集中。。。:2006/11/10(金) 23:25:08.33 0
贅沢な時間

699 :名無し募集中。。。:2006/11/10(金) 23:32:38.06 0
プレミアムなウィークエンド

700 :名無し募集中。。。:2006/11/10(金) 23:34:01.44 0
ではおやすみ

701 :名無し募集中。。。:2006/11/10(金) 23:40:31.34 O
>>青春桃子さん
いつもありがとうございます!

>>2曹さん
生理が…遅れて…ワロタw

>>692>>693
イイ!

702 :名無し募集中。。。:2006/11/10(金) 23:47:25.91 0
>>688
あーこっちまで楽しくなってきたぁ

703 :名無し募集中。。。:2006/11/10(金) 23:49:48.71 0
デートから帰ってきてこのスレでニヤニヤする俺
悪いが青春桃子さんのネタはリアルに参考にさせてもらっている

704 :>>642-643にヒントをもらって:2006/11/10(金) 23:54:29.85 0
やっぱりな、むくれてこっちを向いてくれない。
「あのー、雅さん?」
人差し指で髪をくるくるしながら、こちらをじろりと睨む。
「…何ですか」
凄んでるつもりなんだろうけど、拗ねているみたいで可愛いとしか思えない。
僕は照れ隠しで頭をかきながら、雅ちゃんに歩み寄る。
近づく僕を見てびくりと肩を震わせるけど、それでも僕を睨むのをやめない雅ちゃん。
僕は怯えさせないように、怒らせないように、椅子に座る雅ちゃんの前でひざまずく。
そして、雅ちゃんの手を両手で包み、ゆっくりと撫でながら話しかける。
「お願い。ね?いいでしょ?」
雅ちゃんは空いた手で髪をかきあげてそっぽを向く。頬がほんのりと赤くなっているのを僕は見逃さない。

僕はやさしく雅ちゃんの手の甲に口付けをしたり、指をさすったりする。
「ふぅ」
熱っぽい溜息をつく雅ちゃんを見て、僕はもっと体を寄せて、撫でる箇所を手の甲から二の腕に
二の腕から背中にと徐々に移していく。
最初は体を堅くしていた雅ちゃんも、僕に体を預けてきて、だらんと伸ばしていた腕を僕の背中に伸ばしてくる。
僕はゆっくりと雅ちゃんの背中を撫でながら、「ね、お願い、たまには?ね?」といって、おでこをくっつけてお願いをする。
おでこをくっつけたまま、僕らはしばらく抱き合って相手の温かさを感じている。
そしてしばらくすると、雅ちゃんが赤い顔のまま「でも、でもぉ…」といって伏目がちで言ってくる。
僕は黙って雅ちゃんの答えを待つ。
「その…男の人を誘うとか…よくわかんないし…」
そういって、ぎゅっと僕に抱きついてくる。胸にかかる吐息が熱い。
僕は背中をぽんぽんと優しく叩いて「大丈夫だよ、細かい内容は僕が書いてあげるから、雅ちゃんはその通りにすればいいんだよ。」と答える。
雅ちゃんは僕に抱きついたまま「……うん、分かった。やってみる」といって、顔を上げる。
「ありがとう、嬉しいよ」僕はにっこり笑って雅ちゃんにキスをする。
僕は雅ちゃんの気が変わらないうちに台本を渡して説明を始める、「まず、シチュエーションは教育実習生が来ているんだ、それでね…」

なんていう、私の脳内はいかがですか?


705 :名無し募集中。。。:2006/11/11(土) 00:10:43.25 0
人のふんどしで勝負するのはいかがなものかと

706 :名無し募集中。。。:2006/11/11(土) 00:20:49.14 0
いかがですかの人キタ━━(゚∀゚)━━ !!

707 :名無し募集中。。。:2006/11/11(土) 00:35:32.26 0
僕は千奈美と別れて佐紀ちゃんとつきあうことにした。
「というわけで千奈美ごめん!」
「いいよ・・・○○君が幸せになるんだったら」
と言いながらも涙が頬を伝っている。
「最後だから・・・おちんちん見せてよ」
「え」
「そしたら別れてあげる」
「そうか・・・じゃあ・・・はい」
ちんこを出さずには済まないような雰囲気になったので僕はちんこを出した。
「ちゃんと見せて」
千奈美はズボンとパンツをずらしてぱくんと食らいつき、つたないフェラをはじめた。
「あ〜ぁ・・・○○君とセックス・・・したかったな・・・」
千奈美はひっくひっくしゃくりあげながら懸命にしゃぶる。
その様子がかわいくて切なくて。
千奈美のフェラはくすぐったいだけであんまり気持ちよくなかったけど、やっぱり僕は千奈美と離れられないと思った。
「千奈美・・・やっぱ佐紀とつきあうのやめる!今すぐにやろう!」
僕は千奈美に抱きついた。千奈美はにやりと笑い、
「うるせぇ包茎バ〜カ!!てめぇなんかこれで自分でシコってろ!!」
僕はいきり立ったちんこをナサケなく露出させたまま千奈美の後姿を見送った。
むなしいのでその場で千奈美のくれた梨沙子の写真集でシコシコ・・・

秋雨が降りそうだからこういう寂しいプレイをお願いします。

708 :名無し募集中。。。:2006/11/11(土) 00:38:31.88 0
毎日が週末だったらいいのにと思う

709 :名無し募集中。。。:2006/11/11(土) 01:00:51.94 O
職人さん乙

710 :名無し募集中。。。:2006/11/11(土) 01:12:17.61 0
全世界78億3488万人のバンジージャンパーの皆さんこんばんわ
世界バンジージャンプ協会(WBJA)創設者にして初代会長の通称バンジーキングです
バンキンちゃんって呼んでね
本日は佐賀県にお住まいのジャンプネーム『バンジージャンプ大好きっ子』さんから寄せられた質問にお答えします
「板金さんみなさんこんにちわ」
はいこんにちわ
「今、佐賀県でナウなヤングにバカ受けなバンジーは、自家用飛行機から飛び降りるエアバンジーです。
 ところが週刊少年バンジージャンプの先週号には、これはバンジージャンプじゃないと書いてありました。
 バイキンさんはどう思いますか?」
おいおい、俺はバイキンマンじゃないぞ、ハーヒフーヘホー
えっと、この質問には興味深い点がいくつかあるよね
まずは「エアバンジー」という言葉
これは我がWBJAでは「ロープを使わずに高いところから飛び降りた演技をして楽しむもの」と定義されてるんだ
エアギター、エアセックス、エアバンジー
これを「世界三大エアネス」と呼ぶんだぞ
ここ、試験に出るから覚えておくように
次に週刊少年バンジージャンプ
これは創刊号から今週発売の最終号まで、全国書店で絶賛大量発売中だぞ!
そして最後に飛行機からのバンジー
これはバンジージャンプとは呼べないね
なぜなら安全が確保されてないからさ
まず高度が乱れると地面にドーン!内臓グッチャーだ
そして無事にジャンプオフできても降りるのが難しい
飛行機にもバランスを崩すという危険を冒させてしまう
そういうわけでWJBAでは禁止しているのさ
いいかい、よい子のみんなは真似すんなよ
今からどれだけ危険か俺が実証してやるからよく見てるんだよ
って思ったけど俺、世界中の航空会社から出入り禁止になってるんだよね



っちゅうわけだからマイハマン、俺を乗せて飛んでくれ!!!!!!               ・・・・・だめ?

711 :名無し募集中。。。:2006/11/11(土) 01:59:48.41 0
ho

712 :名無し募集中。。。:2006/11/11(土) 02:28:30.24 0
ちな!ちなこ!

713 :名無し募集中。。。:2006/11/11(土) 03:21:16.47 O
保全

714 :名無し募集中。。。:2006/11/11(土) 03:23:36.39 0
:::::::::::::::::::::::::::::..
::::::\:☆ノノハ クゥ〜ン
::::::ミゝ从 ’w’)つ
::::::⊂__つノ
マイハlン巡回中!
    l
    l
    l
    l
    Y
    l


715 :名無し募集中。。。:2006/11/11(土) 04:42:30.04 0
::::::::::::::::::::::::::::.
::::::.\:★ノノハ のにゅ♥
::::::.ミゝ从*´∇`)つ  
::::::⊂__つノ
のにゅのにゅマン巡回中!

716 :名無し募集中。。。:2006/11/11(土) 05:05:51.14 0
おーどん

717 :名無し募集中。。。:2006/11/11(土) 06:57:35.26 0
::::::::::::::::::::::::::::.
::::::.\:★ノノハ のにゅ?
::::::.ミゝ从*´∇`)つ  
::::::⊂__つノ
のにゅのにゅマン巡回中!

718 :名無し募集中。。。:2006/11/11(土) 08:16:33.97 0
青春さん、2曹さん、いかがですかの人さん乙です!

昨日みなさんが来るのを待って一人で書き続けたかいがあったw
しかし御三方が連発でくるなんてw
こんなに続けて来るなんて初期のスレを彷彿させる!

719 :名無し募集中。。。:2006/11/11(土) 08:17:29.91 0


720 :名無し募集中。。。:2006/11/11(土) 08:19:44.60 0
>>688
青春さん!あんた本当は桃子と付き合ってんじゃないのぉ?
なんか最近青春さんの作品読むとイケメンのあんたと桃子が頭の中に浮かんでくるよぉ!
青春さん!あんたの脳をワシにくれ!

721 :名無し募集中。。。:2006/11/11(土) 08:55:43.78 O


722 :名無し募集中。。。:2006/11/11(土) 10:11:10.24 O
2倍!2倍!

723 :名無し募集中。。。:2006/11/11(土) 10:32:27.84 0
高見山がいるな

724 :名無し募集中。。。:2006/11/11(土) 11:00:32.69 O
>>723
年が知れるよ

725 :名無し募集中。。。:2006/11/11(土) 11:30:18.32 0
私の名前はベリーズ戦隊のベリーズレッドこと佐紀よ!
今日は仲間の一人ベリーズイエローのまあさと街をパトロール!
「ねぇ〜!佐紀ィ〜!もうお腹ぺこぺこだよぉ〜」
「そうねぇ〜そろそろお昼にしようか?」
お店に入ろうと路地を曲がると、ビルとビルの間の小道に大きな犬が座っていた。
「うわぁ〜!大きいワンちゃんねぇ〜よしよしいい子だね〜」
まあさより少し小さい感じだが、私よりは大きい!付いてるのを見たら雄だった。
私はポケットから携帯武装として常に持ち歩いているバターを取り出した。
バターを手に付けてワンちゃんの前に出すと、くんくんと匂いをかぎそして舐め始めた。
その舌技に私はなんとなく興奮してしまった。
ふと後ろを見るとまあさは犬をじっと見据えて、G(自慰)スティックを使いオナッている!
私も負けずにスカートとパンティーを下ろし、あそこにバターを塗りつけた。
すでに熱くなって濡れているあそこにバターを付けるとすぐに溶けて芳醇な香りを漂わせている。
「さぁ〜ワンちゃんこっちにおいで?いいものあげる・・・」
ワンちゃんは私を押し倒して懸命に舐める!舐める!舐める!舐めるぅ〜!
「あ〜ん!いいわ!ワンちゃん!すごくうまいわぁ〜!」
「佐紀!次はあたしよねぇ〜!まだバター残ってる?」
そう言うや否やまあさは私からバターを奪い自分の股間に塗り、隣に横たわった。
「さぁ!ワンちゃん!次はこっちよ!ほ〜ら!おいで!」
しかしワンちゃんは私から離れようとしない。気に入られたのかな?
「もう!佐紀のばかッ!自分だけ気持ちよくなって!あん!」
まあさは怒って自分の指を舐めながら、オナっていた。
週末の昼下り、行きかう人々の視線を感じながら私は絶頂を迎えていた。


えっ? もちろん私が犬だが?


726 :名無し募集中。。。:2006/11/11(土) 12:05:12.21 0
キャプヲタの変態力はとどまるところを知らないな

727 :名無し募集中。。。:2006/11/11(土) 12:26:29.98 O
面白いがイメクラとほとんど関係ねぇw

728 :名無し募集中。。。:2006/11/11(土) 12:28:21.87 O
>>727>>710の事ね

729 :名無し募集中。。。:2006/11/11(土) 12:43:08.15 0
俺はずっと妄想日記シリーズでキャプネタを書いてきたが、最近になってまあさや雅も書いて
なんだか迷走しているような気がしていたが、やっとわかった!
俺のネタにはエロはあっても変態さが足りない!
それで心機一転>>725を書いたがまだまだ!
そういうわけで変態紳士諸氏が待っている本当の変態妄想を
書き上げるため修行してきます。
次回作に乞うご期待!

730 :名無し募集中。。。:2006/11/11(土) 13:38:38.69 O
>>729
よりパワーアップした次回作待ってるよ!

731 :名無し募集中。。。:2006/11/11(土) 14:09:20.65 0


732 :名無し募集中。。。:2006/11/11(土) 15:03:55.54 0
:::::::::::::::::::::::::::::..
::::::\:☆ノノハ クゥ〜ン
::::::ミゝ从 ’w’)つ
::::::⊂__つノ
マイハマン巡回中!

733 :名無し募集中。。。:2006/11/11(土) 16:10:16.53 O


734 :名無し募集中。。。:2006/11/11(土) 17:12:47.71 O


735 :名無し募集中。。。:2006/11/11(土) 17:18:51.46 O
>>729
期待してるよ!

736 :名無し募集中。。。:2006/11/11(土) 18:26:14.46 O


737 :名無し募集中。。。:2006/11/11(土) 18:28:10.60 0
佐紀ちゃん全部入ったよ、ものすごい異物感でしょ?
http://ex11.2ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1163234124/

738 :名無し募集中。。。:2006/11/11(土) 19:17:27.86 0
wktk

739 :名無し募集中。。。:2006/11/11(土) 20:00:40.08 0
保全だこのやろう

740 :名無し募集中。。。:2006/11/11(土) 20:49:17.53 O
イメージクラブ

741 :名無し募集中。。。:2006/11/11(土) 21:00:05.35 O
マダムまーさ…

742 :名無し募集中。。。:2006/11/11(土) 21:16:00.50 0
雅様の部屋に入ったら見ず知らずの男が首輪と鎖をつけられて全裸で四つんばいになっていました。
「いいところに来た、キミも脱ぎなさい」と雅様に言われたので僕も脱いだら、
「あなたたち二人でしゃぶり合いなさい」
雅様に厳しく命令され、逆らうわけにはいかなかったので僕と首輪男はシックスナインの体勢でお互いにちんこをしゃぶりあいました。
やってるうちに夢中になってしまってそれはそれで気持ちよかったのですが、雅様は言いつけに従って屈辱の男色行為をしている僕たちに見向きもせずにつまらなそうにペディキュアを塗っています。
誇り高き美少女である雅様は自分にしか興味がないのでしょう。
雅様の態度がどうしても許せなくて、僕と首輪男は一つの目的に向かって瞬時に意気投合し、協力して雅様を羽交い絞めにしました。
首輪男は雅様がまとっている薄手のシャツを引き裂きました。
蚊に刺された跡のような僅かな膨らみに、乳首だけがポヨンと大きい、とても変態心をくすぐられるおっぱいが現れました。
雅様みたいな美少女とみすぼらしいおっぱいの組み合わせは相性が非常に良いのです。
首輪男は乳首を歯で軽く噛みながら巧みな舌使いでレロレロしました。
「んふっ・・・」雅様は頭をのけ反らせて、とても気持ちよさそうです。
おっぱいは首輪男に任せて、おまんこは僕がいただきます。
スカートをずり下ろすとピンクとパープルのストライプの派手なパンツが現れたのですが、そのパンツに、なんと、指の太さぐらいの丸い穴が開いているのです。
穴の周りは煮しめたみたいに黄ばんでいます。
穴に真っ直ぐ指を入れてみたら、くにゅんと膣口に入りました。
「ひっ」雅様が小さく声を漏らしました。
くちゅくちゅ・・・僕は指を出し入れしました。
「あ・・・あん・・・はあん・・・」
「やっぱりな。いつでも自分で出来るように開けてるんだろ。ほれ、自分でして見せな」
僕は指を抜いて、雅様の顎を握って蔑みました。

743 :名無し募集中。。。:2006/11/11(土) 21:16:40.27 0
「あなたたちはこれをオナニー用の穴だと思ってるみたいだけど、違うの。これはこうするためのものです!」
しゃあっ!!突然、穴から強烈アンモニア臭の黄金色の液体が水鉄砲のように飛び出して僕たちの顔を打ちました。
「熱っ!ひぃ!」
ものすごい熱さに僕たちが怯んでいる隙に雅様はサッと逃げてしまいました。
なんてことでしょう、客である僕たちを置いてです。
仕方ないので雅様のおしっこを記念品としてスポイトで集めて壜に収めて(おしっこの一部はスポイトでちんこの穴から膀胱に流し込もうとしたけど駄目だったので、肛門から腸内に入れました)、まだ時間があったけど帰ることにしました。
手持ち無沙汰だったので首輪男も鎖で引っ張って連れて行くことにしました。
店の出入り口に雅様が立っていて、笑顔で「ありがとうございました。また来てくださいね」と言ってくれました。
どうしてだかわからないけど、僕はまた来ようと誓いました。

744 :名無し募集中。。。:2006/11/11(土) 21:33:27.43 0
なんということでしょうw

745 :名無し募集中。。。:2006/11/11(土) 22:05:32.57 O
何と表現してよいのか分からんがオモロイw

746 :名無し募集中。。。:2006/11/11(土) 22:25:55.72 0
これは新しいな

747 :名無し募集中。。。:2006/11/11(土) 23:09:09.90 O


748 :名無し募集中。。。:2006/11/11(土) 23:45:31.58 0
しゅ

749 :名無し募集中。。。:2006/11/12(日) 00:37:55.44 0
:::::::::::::::::::::::::::::..
::::::\:☆ノノハ クゥ〜ン
::::::ミゝ从 ’w’)つ
::::::⊂__つノ
マイハマン巡回中!

750 :名無し募集中。。。:2006/11/12(日) 00:55:02.57 O
寝る保

751 :名無し募集中。。。:2006/11/12(日) 01:51:48.92 0
:::::::::::::::::::::::::::::..
::::::\:☆ノノハ クゥ〜ン
::::::ミゝ从 ’w’)つ
::::::⊂__つノ
マイハマン巡回中!

752 :名無し募集中。。。:2006/11/12(日) 02:09:15.27 0
俺はかつてカリスマバンジージャンパーと呼ばれた男
今はただの負け犬さ
WBJAを設立して週刊少年バンジージャンプを創刊したまでは良かった
だがその週刊少年バンジージャンプがコケたのさ
不人気漫画は10週で打ち切るという方針で完璧だぜ、と思ったんだけどまさか8号で廃刊になるとは思わなんだ
おかげで俺は一日に5回の不渡りを出して負債4億を抱えて破産さ
おっと4億って円じゃないぜ、ドルだアメリカドルだ
ちゅうわけで俺は富を失い、バンジージャンプ界に打ち立てた名声まで失い、バンジースピリットまで失ってしまったのさ
もはや俺は飛ぶ気力すら残っていない抜け殻さ
まあ最底辺にまで落ちぶれたわけだから飛び降りようにも下はないんだけどな
んで俺は今夜のディナーを調達しようと残飯を漁っているわけだ
お、焼きそばが一本だけ残ってるじゃないか・・・と思ったら輪ゴムか・・・・
輪ゴム・・・・懐かしいぜ・・・・・
貧しい家に生まれた俺にとっての唯一のおもちゃが拾った一本の輪ゴムだったのさ
幼き俺はその輪ゴムを一日中伸ばして遊んでいたものさ
で、ある日、バンジージャンプというものを知った俺は、その友である輪ゴムに命を託し、飛んでみた・・・
それが俺とバンジーの出会いさ
なんてことを懐かしんでいると、一人の少女が俺を睨んでいる
ゴミ漁りなんかしている俺を軽蔑してるんだろうな、って思っていたが、違うのさ
「ちょっと、あんた何勝手に人の縄張り荒らしてるのよ!」


そんな出会いから始まるロマンスをお願いします
指名はオフコースの勿論ピーチッチで

753 :名無し募集中。。。:2006/11/12(日) 03:31:08.57 0
真夜中のジャンパー

754 :名無し募集中。。。:2006/11/12(日) 04:55:46.20 0
もはやイメクラ関係ないなwww
面白いけどw

755 :名無し募集中。。。:2006/11/12(日) 05:08:30.29 O
berryz工房に関しても最後の最後以外はほとんど関係ないw

756 :名無し募集中。。。:2006/11/12(日) 07:31:26.85 0
:::::::::::::::::::::::::::::..
::::::\:☆ノノハ クゥ〜ン
::::::ミゝ从 ’w’)つ
::::::⊂__つノ
マイハマン巡回中!

757 :名無し募集中。。。:2006/11/12(日) 08:54:34.29 O
2倍!2倍!

758 :名無し募集中。。。:2006/11/12(日) 10:12:55.74 O


759 :名無し募集中。。。:2006/11/12(日) 11:11:22.30 O


760 :名無し募集中。。。:2006/11/12(日) 12:26:05.58 0


761 :名無し募集中。。。:2006/11/12(日) 13:20:32.79 0
::::::::::::::::::::::::::::.
::::::.\:★ノノハ のにゅ♥
::::::.ミゝ从*´∇`)つ  
::::::⊂__つノ
のにゅのにゅマン巡回中!

762 :名無し募集中。。。:2006/11/12(日) 14:31:28.07 0
フフフ

763 :名無し募集中。。。:2006/11/12(日) 15:27:16.87 0
さて

764 :名無し募集中。。。:2006/11/12(日) 16:26:40.09 0
川#`・_・リ<なに膨らませてるのよ!変態!

765 :名無し募集中。。。:2006/11/12(日) 17:45:12.54 0
そ、そんな・・・・・
イメージ膨らませただけなのに

766 :名無し募集中。。。:2006/11/12(日) 17:58:37.72 0
イ・マ・ジ・ネー・ション!
さあ大〜きく 膨らま〜せて〜!だん!だん!だん!

767 :名無し募集中。。。:2006/11/12(日) 18:02:58.95 0
大きな〇〇でもてなして♪

768 :名無し募集中。。。:2006/11/12(日) 18:56:04.02 O
職人さん降臨待ち保全

769 :名無し募集中。。。:2006/11/12(日) 19:11:09.13 0
僕は昔チョットは売れたロックグループのギタリストだったさ
リーダーだったけど直ぐにシンセ担当にリーダーの座を奪われた・・
犬を題材にした本を出筆して飛ぶように売れた
しかしグループ活動が低迷して僕はフリーになったんだ
仕方なかった・・・・
数年後に再結成し細々とライブハウスで活動再開
「ライブ出来てよかった」と呟く僕・・・

そんな僕に「お疲れさま〜」と楽屋で冷たいオシボリ持って来てから始まる
甘い一時をお願いします
指名は嗣永桃子ちゃんで

770 :名無し募集中。。。:2006/11/12(日) 19:23:09.27 0
職人さん大阪遠征かな?age

771 :名無し募集中。。。:2006/11/12(日) 20:08:35.98 0
:::::::::::::::::::::::::::::..
::::::\:☆ノノハ クゥ〜ン
::::::ミゝ从 ’w’)つ
::::::⊂__つノ
マイハマン巡回中!

772 :名無し募集中。。。:2006/11/12(日) 21:05:36.10 0
    ☆ノノハ クゥ〜ン
     从 ’w’)
    ∬(つ=||||,___
     旦(⌒)\_/
  マイハマン食事中


773 :名無し募集中。。。:2006/11/12(日) 21:57:40.24 O


774 :名無し募集中。。。:2006/11/12(日) 22:23:16.27 0
プッ!

775 :名無し募集中。。。:2006/11/12(日) 22:23:28.07 0
木根尚登がいるな

776 :名無し募集中。。。:2006/11/12(日) 22:34:02.55 0
雨はやまない レンガの花壇を芯まで冷やす
黒板には汚い字で でっかく「自習!」
そのちょっと下には ちっちゃい字で「ラッキー」
まるで休み時間みたいに 教室は騒がしい
僕がほおづえつきながら なんとなく外を見ていたら
「よいしょぉ〜」 桃子がイスごとやってきた
「ねぇねぇねぇねぇねぇ 聞いて聞いてぇ〜」
僕の肩をべしべし叩いて 桃子は勝手に話しだす
「いまぁ 友達にあたらしい占い教わったんだけどさぁ」
ぐちゃぐちゃになった中庭を 傘をさした誰かが
小走りに横切ってゆくのを ボーッと目で追いながら
僕はボンヤリ聞いている うれしそうな桃子の声 
「これって………なんだってぇ〜 しかも………なのぉ!」
桃子はやぶったノートに 夢中でなにやら書きながら
「ねっ? すごいでしょ〜」 へー そーなんだー   
「………ねぇちょっとぉ〜 ちゃんと聞いてたぁ?」
え、聞いてた聞いてた ちゃんと聞いてたよ
「じゃあ 何のハナシしてたか言ってみてぇ〜?」
いや、なんか占いの…なんて 僕はごまかすんだけど
「ホラぁ、やっぱりぃ〜」 すっかり桃子は怒ってる
ほっぺたふくらませて 「ひどぉ〜い …ウリウリ!」
シャーペンの背中でブスブス 僕の肩を突いてくる
僕は桃子に謝りながら チラッとノートに目をやった
そこにはびっしり 僕と桃子の名前や 生年月日や
謎の計算式や たくさんのハートマークが書かれていて
それからでっかい文字で 「相性→98%!運命!!」
そのまわりでは特に念入りに ハートマークが踊ってたんだ


でお願いします 人妻

777 :名無し募集中。。。:2006/11/12(日) 22:36:17.82 0
ネ申が来てた

778 :名無し募集中。。。:2006/11/12(日) 22:39:42.38 0
あーわかるわかるよーいいなー

779 :名無し募集中。。。:2006/11/12(日) 22:48:21.65 0
>>776
この世の中不公平だ!
こんな経験したかったよ〜!

780 :名無し募集中。。。:2006/11/12(日) 22:53:38.40 0
>>776
1行目を読むと正に文芸作品!
そして毎回、高品質なストーリー!
青春さん、あんた本をだすべきだ!



781 :名無し募集中。。。:2006/11/12(日) 22:56:38.36 O
青春桃子さん乙です!
ありがとうございます!

782 :名無し募集中。。。:2006/11/12(日) 23:38:17.59 O
出版は大掛かりかも知れないがせめてブログはどうだ?

783 :名無し募集中。。。:2006/11/13(月) 00:22:31.66 0
お邪魔するよ。時期早々ですが・・・
「よーし、来年のおせちはあたしも作る!」
「…へ?」
そんなあいつの一言から始まった。
クリスマス気分も早々に抜け、あいつの次のターゲットは正月。
しかもおせちかよ…。

どへたでもないが別に得意でもないあいつの料理。
おせちくらいは素直なものが食べたい。
あいつのことだからきっと悪戯心を発揮しておかしな御節が出てくるに決まってる。そして俺に食わせる気だ…。

「今から気合いれなくてもいいんじゃないか?」
「だめ!今から気合入れないと!」
「正月くらいゆっくりしろよ。すぐ仕事だろ?」
「いいの!つくりたいの!!」
「なんでまた…」
「ぇ…っと…もぉ、お兄ちゃんには関係ないでしょ??」
「…食べる身になってくれ…」
「…!なによそれ〜!失礼じゃない??」
「変なの作らないでくれよ?頼むから…」
「もぉ〜、絶対びっくりさせてやるから〜!」
なんだかな…
おまわず本音いってあいつのやる気にはっぱかけちまったかな…
騒がしい正月になりそうだ。

やはり雅は妹で頼むよ、マスター

784 :名無し募集中。。。:2006/11/13(月) 00:33:11.88 0
青春桃子キテタ━(゚∀゚)━ !!
妹みやび再びキテタ━(゚∀゚)━ !!

785 :名無し募集中。。。:2006/11/13(月) 00:49:17.25 O
実は青春桃子の人はプロの作家なんじゃないかと思えて来た

未亡人

786 :名無し募集中。。。:2006/11/13(月) 01:30:05.66 0
     |  保 全 中  |
       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     ノノハヽ☆ クゥ〜ン♪
    ( ’w ’从   テクテク…
    _( ⊂ i
.   └ ー-J


787 :名無し募集中。。。:2006/11/13(月) 02:16:37.90 0
ももちもみやびちゃんも可愛くて死ぬわ

788 :名無し募集中。。。:2006/11/13(月) 03:14:11.88 0
:::::::::::::::::::::::::::::..
::::::\:☆ノノハ クゥ〜ン
::::::ミゝ从 ’w’)つ
::::::⊂__つノ
マイハマン巡回中!


789 :名無し募集中。。。:2006/11/13(月) 04:58:54.29 O


790 :名無し募集中。。。:2006/11/13(月) 06:39:10.59 0


791 :名無し募集中。。。:2006/11/13(月) 07:08:18.90 O
おもわずだな、夏焼

間違いも可愛いぞ

792 :名無し募集中。。。:2006/11/13(月) 07:14:20.08 O
社会人のみやびちゃんの設定か
いいですね

793 :名無し募集中。。。:2006/11/13(月) 08:25:55.60 O
WKTK

794 :名無し募集中。。。:2006/11/13(月) 09:58:57.78 O


795 :名無し募集中。。。:2006/11/13(月) 10:43:00.34 O


796 :名無し募集中。。。:2006/11/13(月) 12:08:19.57 0


797 :名無し募集中。。。:2006/11/13(月) 12:15:54.03 0
        
    ☆ノノハ
   __リ*‘ -‘*リ  _____   
  |l (つ⌒/⌒0 |  |||||
  ||_| ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄|
  || |┌─┐|        |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

798 :名無し募集中。。。:2006/11/13(月) 12:45:19.88 0
このスレ魔力ありすぎ

799 :名無し募集中。。。:2006/11/13(月) 12:49:06.77 0
前の隣の幼なじ雅ってのもまだみたい

800 :名無し募集中。。。:2006/11/13(月) 12:49:20.65 0
このスレは職人さんと読者がいい関係を築いてるね
落ちそうで落とさない優秀な保全班
そこを見計らって新作をあげる神職人たち
変態紳士の名はだてじゃない?

801 :名無し募集中。。。:2006/11/13(月) 12:50:40.94 0
>>799
どれのこと?

802 :783:2006/11/13(月) 12:58:58.96 O
783で投下させてもらった新参です
今までロムでしたが思わず書かせていただきました。
駄文ではありましたがまた投下したいと思います。よろしくお願いします

803 :名無し募集中。。。:2006/11/13(月) 13:01:52.93 0
>>802さん乙です!
新作期待してますよ!

804 :名無し募集中。。。:2006/11/13(月) 13:26:36.88 0
自分は2等陸曹であります。
自分が売店でエロ本を見ながらズボンの中でこっそりオナっていると、突然腕を掴まれたのであります!
「ほんっとにどうしようもない奴だなぁ貴様わっ!ちょっと来いっ!」
「あぁっ!くっ、熊井1尉殿ぉっ!自分もうちょっとなのでありますっ!お願いですっ!放して下さいぃっ!」
自分は熊井1尉殿に引きずられ、警務隊詰め所の1室に連れて行かれたのであります。
「駐屯地内の風紀が乱れますっ!ああいうことは謹んで欲しいわっ!」
「休憩時間に何処で何をしようと自分の勝手でありますっ!自分の貴重な憩いの時間が・・・」
熊井1尉殿が自分を睨んでお説教されるので、自分つい言い返してしまったであります。
すると熊井1尉殿は自分の隣にお座りになり、身を擦り付けて来られたのであります!
「もう・・・人前でオナニーするくらいなら、言ってくれればいいのにぃ・・・ねえ2曹、久しぶりに・・・」
「くっ、熊井1尉殿ぉっ!そっちの方がよほど風紀が乱れると思いますぅっ!あっ!あぁっ!」
焦って口答えする自分の股間で、跪いた熊井1尉殿がっ!あぁっ!熊井1尉殿ぉっ!上手すぎますぅっ!
「熊井1尉殿ぉっ!自分今日は清水1尉殿にお許し頂いてないのでありますぅっ!
 熊井1尉殿とすることは、風紀以前に人としての倫理がぁっ!あぁっ!でっ、出ちゃうでありますぅっ!」
「んんっ!まだ出しちゃだめっ!・・・あとで佐紀ちゃんにはいっしょに謝ってあげるから・・・ねっ!」
熊井1尉殿が下だけを脱いで椅子に座る自分を跨がれたのでありますっ!
「んっ!・・・あっ!んあっ!・・・2曹ぉっ!久しぶりにいっぱい出してねぇっ!あっ!んあぁっ!」
「あぁっ!熊井1尉殿ぉっ!夜の分も取っておかないと、自分怒られちゃいますぅっ!」
「だから佐紀ちゃんには謝ってあげるってばぁっ!あぁっ!2曹お願いっ!イクっ!イクから出してぇっ!んあぁっ!」
「熊井1尉殿ぉっ!それでは遠慮なくっ!・・・あぁっ!出るぅっ!」

で、久しぶりに熊井1尉殿にお願いしたいのであります!
笑うところがない?いやいや、自分抜きに来てるのでありますよっ!

805 :名無し募集中。。。:2006/11/13(月) 13:31:56.43 0
二曹、待ちたまえ!わたしは清水陸将だがきみかね?うちの娘とつきあっているのは?
ところで今、君は警務隊の熊井一尉と部屋から出てきたようだが?
どういうことだね?

806 :名無し募集中。。。:2006/11/13(月) 13:32:30.20 0
>>801
前スレかな
主人公は社会人のやつ

807 :名無し募集中。。。:2006/11/13(月) 13:35:49.61 O
2曹━━━━(゜∀゜)━━━━ッ!!

808 :名無し募集中。。。:2006/11/13(月) 13:39:43.17 0
>>805
こっ、これはお父様陸将閣下っ!
駐屯地内オナニーを注意されていたのでありますっ!

809 :名無し募集中。。。:2006/11/13(月) 13:41:45.95 0
>>808
駐屯地内オナニーワロスwwwwwww

810 :名無し募集中。。。:2006/11/13(月) 13:44:59.52 0
2曹最高wwwww
熊井1尉のキャラが確定してきたwww
>>いっしょに謝ってあげるから
ばらしちゃうのかよ!

811 :名無し募集中。。。:2006/11/13(月) 13:48:02.13 0
二曹キタ━━━━(゜∀゜)━━━━ッ!!
つぎは清水一尉と熊井一尉の対決ですかw

812 :名無し募集中。。。:2006/11/13(月) 13:49:12.79 0
陸将閣下この変態二曹をどっかに飛ばしてください!

813 :名無し募集中。。。:2006/11/13(月) 14:25:48.66 0
あぁっ!お父様陸将閣下ぁっ!そんなにしたら自分はぁっ!あぁっ!・・・
すっごく飛んでるのでありますぅ・・・

814 :名無し募集中。。。:2006/11/13(月) 14:28:24.55 0
どんなプレーだよwwww

815 :名無し募集中。。。:2006/11/13(月) 14:34:17.69 O
2曹さんの文で勃起した

816 :名無し募集中。。。:2006/11/13(月) 16:14:24.14 0
::::::::::::::::::::::::::::.
::::::.\:★ノノハ のにゅ♥
::::::.ミゝ从*´∇`)つ  
::::::⊂__つノ
のにゅのにゅマン巡回中!

817 :名無し募集中。。。:2006/11/13(月) 17:33:18.70 O


818 :名無し募集中。。。:2006/11/13(月) 17:34:52.18 O


819 :名無し募集中。。。:2006/11/13(月) 18:03:46.82 0
自分は2等陸曹であります。
自分は清水1尉殿のブレーンとして、1尉殿の同期の麻雀大会に来ているのでありますが・・・
清水1尉殿は白発中でチーするし、字牌が3枚あると国士狙いだしで・・・とにかく無茶苦茶なのでありますっ!
そのくせ自分が口出しすると怒るのでありますぅ・・・
「リーチっ!」
「いっ、1尉殿ぉっ!」
リーチをかけようとした1尉殿を自分慌てて止めたのでありますっ!
「1尉殿っ!フリテンでありますぅっ!それにもう1尉殿は千点切ってるのでリーチ出来ませんっ!」
自分が小声で耳打ちすると、1尉殿は自分に飛び掛り自分の千点棒を掴まれたのであります!
「リーチっ!」
「ロンっ!」
1尉殿が自分の千点棒でリーチをかけて捨てた4萬で、対面の夏焼1尉に振り込んでしまったのでありますっ!
「リーチタンピンっ!・・・あぁんっ!裏も乗っっちゃったぁっ!マンガーンっ!」
よっ、よりによって1尉殿が親の時にぃ・・・
「佐紀ちゃんが箱ったからおしまいねっ!そして・・・」
夏焼1尉殿が場に置かれたままの自分の千点棒に手を伸ばされたのでありますっ!
「このリー棒もみやのものぉっ!2曹、佐紀ちゃんの借金分働いてもらうわよっ!」
「あぁっ!そんなぁっ!1尉殿っ、1尉殿ぉっ!」
「ごめんねっ!ごめんね2曹ぉっ!」
清水1尉殿に助けを求める自分を、夏焼1尉殿は楽しそうに引きずって部屋を出られたのであります。

820 :名無し募集中。。。:2006/11/13(月) 18:04:27.26 0
「あの、夏焼1尉殿・・・自分お部屋の掃除とかすればいいのでありますか?・・・」
「もう2曹ったらとぼけちゃってぇ・・・こっちに決まってるでしょうっ!」
夏焼1尉殿の部屋に着いて自分が聞くと、夏焼1尉殿はベッドに寝そべって自分を手招きされたのであります!
「佐紀ちゃんマイナス32だったから、3回出すまで帰さないわよっ!」
「なっ、夏焼1尉殿ぉ・・・自分このあと清水1尉殿とも・・・回数減らして頂けませんか?・・・」
「うーん・・・じゃあみやを3回いかせてくれたらいいよっ!」
「ほっ、ほんとでありますねっ!自分がんばっちゃうでありますよぉっ!」
「キャっ!あぁんっ!乱暴にしないでぇっ!あっ!2曹ぉっ!あん、いやぁんっ!乳首噛んじゃだめぇっ!あっ!」
清水1尉殿の同期の皆さんは何故揃っておっぱいが小さ・・・まっ、まあそれはいいとして、自分が乳首を攻めると
小さい分だけ神経の密度が高いのか、夏焼1尉殿は体をくねらせて喜んでおられるのであります!
自分は乳首を舐めながら、右手で夏焼1尉殿の太腿を割り、早くも濡れ始めている部分を指で掻き回したのであります。
「夏焼1尉殿ぉ、クチュクチュえっちな音がしてるでありますよぉっ!ほぉらっ!」
「あぁんっ!ばかぁっ!・・・ねえ2曹・・・舐めて・・・」
「よっ、よろこんでぇっ!」
自分は夏焼1尉殿の両足を広げ、その間に腹這いになって更に両手で大きく広げたのであります!
「夏焼1尉殿っ!イーピンの暗刻を発見でありますっ!どのイーピンから舐めるでありますか?」
「1番上のイーピン舐めて・・・あっ!真ん中には指・・・うっ、後は触っちゃだめぇっ!あぁんっ!いやぁんっ!」
自分のイーピン暗刻攻めに、夏焼1尉殿はもうイーシャンテンなのでありますっ!

821 :名無し募集中。。。:2006/11/13(月) 18:05:54.46 0
「夏焼1尉殿ぉ、そろそろ和了してもらうでありますよぉっ!」
「あっ!んあぁっ!2曹ぉっ!2本は、2本はだめぇっ!おっ、お尻もだめぇっ!んあぁっ!」
自分が中指と人差し指で真ん中のイーピンを攻め、親指で上のイーピンを転がしながら後のイーピンを舐めると
夏焼1尉殿は体を大きく反らせてピクピクし始めたのでありますっ!
「んあっ!2曹ぉっ!イクっ!みやもう・・・イクぅっ!あっ!んあぁっ!・・・」
夏焼1尉殿がいってしまわれたので、自分は指を抜いて自分のリーチ棒を合わせたのであります!
「あっ!2曹待ってっ!んあっ!あぁっ!・・・いったばっかりだから待ってよぉ・・・んあぁっ!まだだってばぁっ!」
「連続で和了しないと意味がないのでありますっ!夏焼1尉殿ぉっ!いっぱい振り込むので和了って下さいねっ!」
「んあぁっ!2曹ぉっ!みやもうリーチぃっ!はっ、白振り込んでぇっ!んあぁっ!いっちゃうぅっ!」
「夏焼1尉殿ぉっ!奥にっ、奥に白を振り込むでありますぅっ!あぁっ!出るぅっ!んあっ!」
「んあぁっ!イクぅっ!・・・白ぅ中に発で・・・大三元んんっ!・・・んあっ!・・・」
「はぁ・・・役満ですから・・・自分お役ご免でありますか?・・・」
自分が夏焼1尉殿に体を重ねて休みながら聞くと、夏焼1尉殿が自分を抱きしめ、足まで絡められたのであります。
「まだっ!みやまだ2回しかいってないもんっ!」
そう言って夏焼1尉殿は体を横に回転させ自分の上になられたのでありますっ!
「もう1回がんばってねぇっ!んあっ!出したばっかりなのにもう硬いよぉっ!あぁんっ!2曹いいよぉっ!」
「あぁっ!回数を間違えたでありますぅっ!なっ、夏焼1尉殿ぉっ!今度は自分がリーチでありますぅっ!」

でお願いしたいのであります!
ああしまったぁっ!自分慌ててフリチンだったでありますぅっ!

822 :名無し募集中。。。:2006/11/13(月) 18:11:52.99 0
ついに夏焼1尉きたあああああああ

823 :名無し募集中。。。:2006/11/13(月) 18:13:07.31 0
出た〜!本命の夏焼1尉殿ぉ〜

824 :名無し募集中。。。:2006/11/13(月) 18:15:01.09 0
正直麻雀はわからんがこれはイメージできるwww
しかし毎回毎回二曹ウラヤマシスw

825 :名無し募集中。。。:2006/11/13(月) 18:16:07.15 0
2曹さん向こうもお願いしますよ。・゚・(ノД`)・゚・。:*゚

826 :名無し募集中。。。:2006/11/13(月) 18:22:37.94 0
あのぉ〜ここはどこのなんという部隊でしょうか?
体験入隊して華麗なるWAC(婦人自衛官)の3人に
鍛えられたいw


827 :名無し募集中。。。:2006/11/13(月) 18:26:16.08 0
嗣永三佐の富士大演習編はまだ〜?

828 :名無し募集中。。。:2006/11/13(月) 18:39:49.80 0
まいはああああああああああああああああああああヽ(`Д´)ノああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああヽ(`Д´)ノああああああああああああああああああああああ

829 :名無し募集中。。。:2006/11/13(月) 18:42:24.31 0
あ、流れ星だ・・・
さほど広くない店内なのにどういう造りになっているのか不思議なのですが、流れ星を追いかけて僕は何マイル走ったことでしょう。
流れ星だと思っていたのは小さい少女の目から流れ落ちるキラキラした涙なのでした。
「どうしたの?」
僕はこれ以上出せないような優しい甘ったるい声を作って少女に一歩近づきました。
少女はわっと僕の胸に飛び込んできました。
「私・・・ちっちゃ・・・ぐすっ・・・」
嗚咽で途切れ途切れで何を言っているのかわかりませんが、心を打たれずにはいられません。
僕は少女の頭を撫で撫でしました。
ナデナデ、ナデナデ・・・。
ナデナデ、ナデナデ・・・僕はずっとナデナデしました。
ひと撫でするたびに髪のジョリジョリ感が手からちんこに伝わって気持ち良いのですあ〜ん。
初めは少女に触ってもらったり咥えてもらったりしてほしかったのですが、終いにはジョリジョリ感さえあれば他はいらなくなりました。
うくっ!ついに僕はパンツの中で精液を漏らしてしまいましたが、ピタピタくっつく気持ち悪さに耐えながら撫で続けました。
その時の僕は少女の頭を撫でるために生きていたのです。
おまんこよりもおっぱいよりもお尻よりも太腿よりも脇よりも足の指よりも、頭なのです。
こうして静かに時が過ぎ行き、無情にもお別れの時間がやって来ました。
まだまだナデナデし足りなかったのですが、もう金がないので少女の頭から手を離しました。
少女の髪はすっかりぐしゃぐしゃになっていたけど、その乱れた姿は、やってもいない激しい絡みの名残を僕に連想させていっそう魅惑的でした。
店を出てから気づいたのですが、佐紀ちゃん(辛うじて名前だけは聞き出せたのです)の髪の匂いが僕の全身にすっかり染み込んでいました。
オナニーをしたら佐紀ちゃんの匂いの精液が出るのでびっくりです。
佐紀ちゃんの匂いは一週間香り続け、僕はそれだけで幸せでした。
あの店は奥が深い。
ぼくはまた行こうと誓いました。

830 :名無し募集中。。。:2006/11/13(月) 18:42:57.48 0
びしゃっ!
天井からベトベトして臭い液体が落ちてきて僕は濡れ鼠です。
びっくりして見上げたら、友理奈様が涎を垂らしておりました。
「かわいいちんこ」
友理奈様はちんこをつまんで僕をひょいと持ち上げて、ちんこをひねってクルクル回しました。
「痛いよう」
ちんこがねじ切れそうです。
こんな粗末なものでも千切れてしまったら僕にとっては一大事です。
「助けてください」
「私を満足させられたら許してあげる」
友理奈様はちんこを離して、僕をポトンと落としました。
悪いことなんかしてないのに、店に来ただけなのに、何を許してもらわないといけないのかわからないのですが、相手は友理奈様です。
逆らわないほうが身のためです。
ということで、僕は死力を尽くして友理奈様を突いて突いて突きまくりましたが、
「ダメダメ、奥に届かない」
そう言われましても僕は小男で、身長に比例してモノも短いのです。
しょうがないので僕は友理奈様のおまんこを広げて己の全身をズズリズズリと頭から沈めました。
「あ、奥まで届いたよ」
友理奈様の体内で聞く友理奈様の声はくぐもっていて柔らかで、温かみがあります。
僕は今でも友理奈様の中で暮らしています。
実生活はあんなに虚しかったのに、ここは母の胎内のように穏やかです。

と思っていると、れれっ!、にゅうっと腕がのびて、僕の足首をむんずとつかんでものすごい力で引っ張ります。
「母っていったらあたしでしょ!あたしに入れてやる〜っ!」
茉麻さんの声です・・・。

寒くなってきましたので、こういう温かそうなのをお願いします。

831 :名無し募集中。。。:2006/11/13(月) 19:03:57.50 0
なんか新しいタイプの作品だなw
>>742と同じ職人さんかな?

832 :名無し募集中。。。:2006/11/13(月) 19:45:19.41 0
あれはキン肉マンの6巻だっただろうか
超人オリンピック決勝でキン肉マンに破れたロビンマスクは自棄になり、敵対する組織に属してまでキン肉マンと戦ったよな
だが、ロビンはリベンジを果たせず、試合中のキン肉マンを始末しようと飛行機で特攻してきたイワオからキン肉マンを守り、グランドキャニオンに消えていった・・・
当時はまだ死んだ超人が当然のように生き返ることがなかったから、あれはショックだった
しかしロビンは死んでいなかった!
バラクーダと名乗り、キン肉マン打倒のためにウォーズマンを鍛え上げて再び現れたのだ!!!
あの時の感動を俺はまだ忘れていないさ
ところで、なんでこんな話を始めたかというと、バンジージャンプ界から消えた俺がバラクーダとして復活するためのウォーズマンを見つけたのだ!
あのウォーズマンが孤高のロボ超人であったように、俺のウォーズマンもポツーンと孤立しているのだ
また、俺のウォーズマンはコーホーじゃなくてアバババという呼吸音を放つ
そして笑う、笑う、イヒヒと笑うのだ
欠点までウォーズマンそっくりだぜ
ウォーズマンは30分以上戦えなかったが、俺のウォーズマンは3分以上覚えていられないのさ
だが、幸か不幸かバンジージャンプは刹那の肉体芸術であり、3分もかかることなど有り得ないのだ
というわけで、俺は今からウォーズマンを鍛えてやるのさ!
手取り足取り乳揉み股舐め珍しゃぶらせで俺の持つバンジーテクニックとバンジースピリットと精子を叩き込んでやるぜ!!!!!


指名は当たり前田のゆきどんじゃなくてりーちゃんで

833 :名無し募集中。。。:2006/11/13(月) 19:48:30.58 0
来たよw
バンジーwwww
バンジージャンプの文字がでるまでなんの話かわからんw

834 :名無し募集中。。。:2006/11/13(月) 19:49:32.55 0
どう考えても作者は30過ぎのおっさんですありがとうございました

835 :名無し募集中。。。:2006/11/13(月) 19:54:14.63 0
バンジー次も頼むぞw

836 :名無し募集中。。。:2006/11/13(月) 20:01:08.24 0
帰ってきた妄想日記@〜佐紀ちゃんと遊ぼぉ!〜

今日、姪っ子の佐紀ちゃんがあそびにきたよ!
それで僕たちはいつものように部屋でいろんなことをしたんだ!
「ねぇ佐紀ちゃん?おっぱい見せて?」
「え〜いやだよ!佐紀のまだ小さいもん!」
「大丈夫だよぉ〜おじちゃんが大きくしてあげるからぁ〜」
「それじゃ見せてあげるからおじちゃんのぉちんちんも見せてくれるぅ?」
こうして二人は裸になったんだ!
僕がまだまだ小さい膨らみかけの佐紀ちゃんのおっぱいをもむと小さく声をもらす。
「あん!おじちゃん!なんか変な気分だよぉ〜!」
「佐紀ちゃん?おじちゃんのも触っておくれよぉ!もうこんなにはれてるよぉ!」
僕は佐紀ちゃんの手をとるとちんちんに添えたんだ!
そして恐る恐るちんちんをもみ始めた佐紀ちゃんのまんこへ指をすべらせたのさ!
うっすらと生えかかった佐紀ちゃんのまんこは綺麗だったなぁ〜!
「佐紀ちゃん?おじちゃんねぇ〜もう我慢できないよぉ〜!いれるよぉ〜!」
「あ〜ん!いたいよぉ!おじちゃ〜ん!うぇ〜ん!うぇ〜ん!」
「佐紀ちゃん!いくよぉ〜!」
僕は佐紀ちゃんのおっぱいにどっぷりと出しちゃった!
相変わらず佐紀ちゃんは泣きさけんでいる。
「佐紀ちゃん?おじちゃんのことママには言わないでね?いいね?」

不肖、変態侍ふぐりちんこの助帰ってまいりました!

837 :名無し募集中。。。:2006/11/13(月) 20:01:39.41 0
新・妄想日記A〜飲み会編〜

今夜の飲み会はなんだか変な感じだ。独身は俺(22歳 会社員)だけ、まあ既婚者ばかりだから期待もしていなかったが・・
仕事、家庭といった内容の会話に俺は少しうんざりしながらトイレにたつ     
用を済ませ出るとそこには俺の隣に座っていたまあささん(34歳 主婦)がいた。
「トイレですか?」俺がそう尋ねると「ねぇこのまま二人でどっか行かない?」
最初は冗談だと思った。しかも相当酔ってるみたいだ。
見た目はおとなしそうでそんな事を言うとはおもえなかったが・・
「なんかさぁ〜つまんないんだよねぇ〜!家族とか仕事の話とかさぁ〜!」
結局、勢いにのり二人で店を出てしまった。
ちょっと酔いを醒まそうと思った俺は近くの公園に彼女を連れて行った。二人で並んでベンチに腰掛けると、まあささんが言った。
「〇〇君は結婚しないの?」
「いや別にしないとかそういう訳じゃないんですけど・・・相手がいないもんで・・」
「そ〜お!じゃあエッチは好き?」
「えっ!なんですって?」驚いて声を上げてしまったが、
まあささんはまじめのようだ。
「彼女いないんだったら・・・どうしてるの?・・」
「・・・・」
「してあげようか・」
まあささんはそういっておれの前に膝まづきズボンを下ろし始めた。
ちんぷぉを握りながらまあささんは俺を見上げて言った。
「こんな事されたことある?」
その瞬間すごい勢いでちんぷぉをしゃぶり始めた。「うっ!あっ!まあささん!あっ!」
「どう!ジュポッ!気持ちいい?ジュポッ!」
「じゃ一回だしちゃって!ジュポッ!ジュポッ!」
俺はたまらず、まあささんの上気した顔に熱い汁を撒き散らした!
まあささんはうっとりした目で俺を見上げながら言った
「次はあたしの番ねぇ?」
今夜は長い夜になりそうだ・・・

こんな設定でどうでしょうか?まあさ奥様は、ほろ酔いモードでお願いします。


838 :名無し募集中。。。:2006/11/13(月) 20:02:13.19 0
新・妄想日記B〜ある作家の苦悩〜

夕暮れどき、強い風が窓をたたく。
私はペンを置くとため息をつく。
新作を書けなくなってどれくらいだろう。
私は雑誌にエロ記事を書くことを生業としている。
当然記事を書けなければその日の糧にも困る事になる。
ふと背後に視線を感じ振り返るとそこには最愛のダッチワイフ”ラブリーエンジェル佐紀”がクローゼットからこちらを見つめている。
「・・・ごめん、佐紀・・今日は君を抱く気にはなれないんだ・・・」物を言わぬ佐紀は黙ってこちらを見ている。
書斎兼、私と佐紀の愛の部屋である洋室のフローリングの床はこれまでの佐紀との営みによる
ザーメンでコーティングされたように輝いている。
私は佐紀のそばに行くと軽くおでこにキスした。
「・・・したいのかい?佐紀?」
だが佐紀は相変わらず一点を見つめている。その時玄関のチャイムが鳴る。
「ごめんください!先生!原稿を頂きに参りました!」
編集部の佐紀さんだ。私の佐紀のオリジナルだ。
彼女は勝手に部屋に上がりこんできた。
「わぁ〜!すご〜い!うわっ!床が何かベトベトしてるぅ〜!」
「先生!原稿できましたか?」「い、いやまだなんだ・・・」
「え〜!だって締切日は今日ですよ!早くマダムまあさの続編を!」
「だけど全然進まないんだ・・・」
「あれ?先生!これどうやって使うんですか?」佐紀は”佐紀”を取り出してきた。
私が説明すると、「先生!ちょっとやってみてくださいよ?そうすれば何かアイディアが浮かぶかも?」
そんな言葉に私は笑いながら冗談半分に”佐紀”と行為を始めた。すると私のほうが本気になってきた。
突然後ろから本物の佐紀が抱き着いてきた。全裸だ!「先生・・私も仲間に入れて・・」
私は佐紀に後ろから挿入する。「はぁ〜あ〜!ん!ん!あん!」
二人の佐紀を交互に攻めながら私はすっと胸のつかえが降りたような気がした。
相変わらず窓を叩く風は強く、僕らの嬌声をもかき消すかのようだ。

イメクラBerryz工房の小説が出ると聞いたんですけど
これも載せてもらえないでしょうか?


839 :名無し募集中。。。:2006/11/13(月) 20:02:44.66 0
新・妄想日記@〜B
とりあえず修行の成果です。
感想でもいただければうれしいです。

新・妄想日記C〜E
現在執筆中 ご期待下さい!

840 :名無し募集中。。。:2006/11/13(月) 20:12:24.33 0
変態侍www
時代劇ネタも待ってるよ

841 :名無し募集中。。。:2006/11/13(月) 20:38:16.26 O
異種格闘技の様相だなw

842 :名無し募集中。。。:2006/11/13(月) 20:54:39.19 0
凄い投稿ラッシュだw
職人さん達乙です

843 :名無し募集中。。。:2006/11/13(月) 20:55:18.63 0
まったくホントにひどい雨 こんな日曜は最低だ
本当だったら今ごろ デートに行ってたはずなのに
キ、キスだって何回も できたかもしれないのに…
なのに雨がやまないから しょうがなく勉強会
「じゃあさぁ〜 うちで勉強しよっかぁ?」なんて
言いだしっぺのはずなのに ベッドの上で人形抱えて
寝っころがって肘ついて マンガ読んでる人がいます   
僕はちっちゃいテーブルに 何冊も教科書ひろげて
悶々としながら単語の暗記 せっかくの日曜日なのに!
ふと顔を上げると ページをめくる桃子は真剣そのもの
その横顔はとてもきれいで くちびるはとても柔らかそうで
思わずボーッと見つめていたら 突然、1階から大きな声
ちょっと買い物いってきまーす ゆっくりしてってねー
僕は大きな声で挨拶する 桃子もムクッと起き上がって
「いってらっしゃぁ〜い!」 玄関の閉まる音が響く     
桃子はパタンとマンガを閉じて ベッドに座りなおすと
「うふふ〜 お母さん行っちゃったぁ!」 なんて
でかい人形を抱えながら ニヤニヤした目で僕を見る 
「………ね〜え ちゅー、したいなぁ〜」 えー!?
ギュッと抱きしめた人形に グイグイ顔を押しつけながら
「するのヤだぁ?」なんて 桃子は僕に聞いてくる
心の中では します!します!いや…させてください!!
でも僕は 「別に…いいけど?」なんて言ったりしながら
目を閉じる桃子に近付いて そのくちびるにキスをした
やっとキスが終わるころには おぼえた単語はぜんぶ飛んでた
桃子がベッドに倒れ込んで 恥ずかしそうな声で言う  
「うはぁ〜 …ふっふっふ… きょう雨でよかったぁ!」
まったく素晴らしい雨だよね こんな日曜は最高ですよ
  

でお願いします 義母

844 :名無し募集中。。。:2006/11/13(月) 20:56:21.88 0
コレ書き始めた時はまだギリギリ日曜だったんですが
今日はもう月曜日…しかも快晴… 店長、申し訳ないです

>>785
僕はただの変態ですよ〜

845 :名無し募集中。。。:2006/11/13(月) 20:56:34.64 0
義母wwwなんかおもしれー

846 :名無し募集中。。。:2006/11/13(月) 21:06:29.46 0
桃子ハァ━━━━━━ ;´Д` ━━━━━━ン!!!!

847 :名無し募集中。。。:2006/11/13(月) 21:21:15.37 0
>>821
真ん中のイーピン・上のイーピン
自分のリーチ棒を合わせたのであります!
いっぱい振り込むので和了って下さいねっ
奥に白を振り込むでありますぅっ

他の追随を許さぬ素晴らしい表現力!

ああしまったぁっ!自分慌ててフリチンだったでありますぅっ!

さらにオチまでつけて笑いをとる二曹氏はまさに神だ!


848 :名無し募集中。。。:2006/11/13(月) 21:43:02.89 0
青春さんもキテタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!
職人さんラッシュマジで凄いなw

849 :名無し募集中。。。:2006/11/13(月) 21:46:57.34 0
青春さんは最後の一言の威力が強力だよなw

850 :名無し募集中。。。:2006/11/13(月) 22:02:02.00 0
スレ始まって以来の1000レスいくかな

851 :名無し募集中。。。:2006/11/13(月) 22:06:22.26 0
青春さんの桃子作品たち

新作にふれるたびに ふと昔のことを思い出す

もし熊井ちゃんが超高級ソープ嬢だったらスレでの桃子とその客たちを


あの店での桃子はこんな接客をしていたのかもしれないなあと
しんみりする そんな秋の夜長だ

852 :名無し募集中。。。:2006/11/13(月) 22:08:03.02 0
>>850
もちろんだ!
いまの職人さんのレベルとそれを待つ読者がいる限り!

853 :名無し募集中。。。:2006/11/13(月) 22:08:56.57 O
布栗さん乙です!
前は時代劇専門かと思ってましたがそんな事はなかった…
という訳で人妻まぁさがよかったです!

854 :名無し募集中。。。:2006/11/13(月) 22:16:31.17 0
新・妄想日記C〜雅が癒します〜

今日も幼馴染の雅がやって来た
彼女にはテスト期間中、勉強を教わっている。
だが約半年ぶりに会う雅はなんだかあか抜けてこっちがどきどきする。
昨日はなんだかワケわからずぼーっとしている間に時間がすぎた。
「なあに?じっと見て?」
「えっ?あ〜雅なんか綺麗になったと思って・・・」
「ちょっとぉ〜!やめてよぉ〜!照れるじゃん!」
そういって雅は顔を赤くするとメガネをはずした。メガネを掛けない雅はさらに美しい。
雅は俺の机の隣に椅子を動かして座った。
「ところでもう解けた?こんなので迷ってたらだめよ!」
雅が乗り出してくる。いい匂いがする。なんだか懐かしい香りだ!
「ねぇ!〇〇君!どうしたの?今日なんか変だよ?」
それは雅のせいだと喉まで出かかかった言葉を飲み込んだ。
「ねぇ?話変わるけど好きな人できた?」突然、聞いてくる。
「いや、まだだけど・・・雅は?」
「う〜ん みやはねぇ〜そうだなぁ〜」
「なんだよ!どっちだよ?」
「いないって言ったら?」
「別に・・・お、おいそこはだめだ!」
雅が開けた机の引き出しにはエロ本が詰まっていた・・
「あ〜!ここにも隠してるぅ〜!ちょっとみせてね?」
俺はもう知らん顔をして参考書に視線を戻した。
「・・・〇〇君もいつかはこういうことするの?」
俺が目をやると男女がさかさまになってお互いのものを舐めあっているページを開いている!
俺はだまって本をつかむと引き出しにしまった。
「今度のテストで成績あがったらみやがやったげるよ?」雅が微笑んでいる。
俺の耳はおかしくなったのだろうか?

こんな感じで
変態侍といえど雅は汚せん!

855 :名無し募集中。。。:2006/11/13(月) 22:27:31.97 O
みやびちゃん


ハァ━━━;´Д`━━━ン

856 :名無し募集中。。。:2006/11/13(月) 22:32:32.11 0
ちょちょちょty
眼鏡かけた桃子がイーピンでくまいちょーって
うわわぁぁぁぁぁぁぁ


職人さん達ごちそうさまでしたw

857 :名無し募集中。。。:2006/11/13(月) 22:37:37.71 O
みやびちゃんみやびちゃん!

858 :名無し募集中。。。:2006/11/13(月) 22:43:46.46 O
指名の少ない千奈美でネタを書きたいけど文章能力が無いので書けない

859 :名無し募集中。。。:2006/11/13(月) 22:48:44.95 0
>>858
大丈夫!part1の初期みたいに最初は希望設定だけ書けばいい

860 :名無し募集中。。。:2006/11/13(月) 23:10:57.59 0
>>858
そうそう、職人さんは希望設定を細かく書いているだけ
小説じゃなきゃ書いちゃいけないなんて、そんな心の狭い住人はここにはいないよ
とゆーわけで、「一緒に歩いているときに、胸の大きな女性とすれ違って
ガン見していたら拗ねてしまった雅様のご機嫌を取るプレイ」でお願いします。

861 :名無し募集中。。。:2006/11/13(月) 23:14:08.75 0
>>860
いいよ!いいよ!
この短いセンテンスにすべてが凝縮されているw
長文よりインパクトあるよw

862 :名無し募集中。。。:2006/11/13(月) 23:15:09.26 0
新・妄想日記D〜ドロンボーの逆襲〜

「いいわね!モモビッチ!マ〜シャ!今日こそはあたしらの怖さをおもいしらせてやるよ!」
「おぉ〜!」
またこの3人だ・・・俺がいったい何をしたというんだろう?
「マ〜シャ!あんたからよ!やっておしまい!」
「ふが〜!ミヤビージョ様のために!ミヤビージョ様のために!」
マ〜シャが俺に馬乗りになる。そしてとんでもない速さでズボンをおろす。
俺のぴょこちんが顔を出す。
「モモビッチ!あんたの番だよ!」
「今週の目玉ぁ!」
モモビッチはかばんの中からオナホールをだすと「オナッホ!オナッホ!オナッホ!」と叫びながら
俺のぴょこちんに装着した。
「全国の女子中学生諸君!いくよ!そらポチッとな!」
「ウィ〜ン!ウィ〜ン!ウィ〜ン!」
あぁ〜!気持ちいい!
するとミヤビージョがそばに来て得意の唾たらし攻撃だ!
俺の口に糸を引くような唾液をかけてくる。
俺は快感のため朦朧としながらいった。
「ミヤビージョ様!」
そして果てた!
俺の分身たちは3人の娘の顔にべったりとはりついた!
「ちょっとぉ〜!出すときは言いなさいよぉ〜!」
「なによぉ〜!目に入ったよぉ〜!あぁ〜髪の毛にもついてるぅ!」
「ふが〜!おいしい!」

「あんたぁ! 覚えてなさいよぉ〜」


さてこの後の3人のお仕置きプレーはオプションですか?


863 :名無し募集中。。。:2006/11/13(月) 23:19:49.74 0
いやー凄まじい名作ラッシュ 仕事中トイレに入ってケイタイから保全した甲斐があったよ

864 :名無し募集中。。。:2006/11/13(月) 23:55:43.20 0
>>860
>>861
そうそうw
このスレって本来こういうことだもんな
単文だからこそ妄想できるというのもある。

865 :名無し募集中。。。:2006/11/13(月) 23:57:09.09 0
オナッホ!オナッホ!オナッホ!

わらたw
こんな可愛らしい悪党3人衆ならいつでもきてほしいな

866 :名無し募集中。。。:2006/11/14(火) 00:17:05.25 0
新・妄想日記E〜桃子の青春〜

「笑いたければ笑うがいいさ・・泣きたきゃ泣けばいいさ・・」
私の名前は桃子、いつも一人で生きてきた。両親はいない。
物心ついたときから厳しい社会での身の処し方は学んできた。
今日もその日の食事にありつくため、獲物を探す。
前から身なりのいい紳士が歩いてくる。
「おじさん!うちと遊ばない?今夜ひまなの・・」
「・・・・・」
「ねぇ〜安くしとくからさぁ〜?」
「いくらかね?」
「そうだなぁ〜おじさん格好いいから5千円にしとく!」
「5千円?どこまでできるんだね?」
「手コキだけだよ!でもプラス2千円なら口もOK!それ以上は・・・」
「いいだろう。どこでするのかね?」
「ついてきて!いい場所があるから!」
あたしは紳士を連れてやさに戻る。
「ここよ!」
「・・・橋の下かね?」
「いいから!早くおいでよぉ〜!」
ダンボールの上に紳士を横にするといつものように手でいじりまわした。
「う〜む!あっ!そ、そのネックレスはどうしたんだね?」
「これ?死んだママにもらったの・・別れた父からのプレゼントだって・・」
「そんなことよりさぁ!どうする口もしてほしい?」   「・・・うむ!」
なんだかさっきより硬くなった気がする!
そうだ!今夜の夕食はラーメンと餃子にしよっと!

私の名前は桃子、今日も街を往く・・・





867 :名無し募集中。。。:2006/11/14(火) 00:25:54.77 0
。・゚・(ノД`)・゚・。ももち・・・

868 :名無し募集中。。。:2006/11/14(火) 00:26:50.28 O
桃子…

869 :名無し募集中。。。:2006/11/14(火) 00:34:21.55 0
紳士…まさか…

870 :名無し募集中。。。:2006/11/14(火) 00:39:25.05 0
>>819-821
超絶ワロタwwwwwwwwwwハライタイwwwwwwwwwww

>イーピンの暗刻を発見でありますっ!
>白ぅ中に発で・・・大三元んんっ!

どういう思考回路持ったらこういうセリフ出てくるんだよwwwww天才wwwwwww

871 :名無し募集中。。。:2006/11/14(火) 01:09:48.48 0
みやびちゃん積極的派が多いな
消極的みやびちゃんも見たいな

872 :名無し募集中。。。:2006/11/14(火) 01:36:07.48 0
>>843
今思えば中学ん時はひねくれ者気取りだったけど・・・
本当はこんな事したかったんだよおお!!!

873 :名無し募集中。。。:2006/11/14(火) 02:34:53.45 0
深夜のほ

874 :名無し募集中。。。:2006/11/14(火) 04:08:05.10 0
またまたほ

875 :名無し募集中。。。:2006/11/14(火) 06:11:29.24 O
保全がてら

千奈美とカラオケに行き1時間「のにゅ」だけを歌ってもらうコースを予約しておきます

876 :名無し募集中。。。:2006/11/14(火) 06:48:48.73 O
愛理のくせに!愛理のくせに!
http://ex11.2ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1163380830/

877 :名無し募集中。。。:2006/11/14(火) 07:36:11.92 O


878 :名無し募集中。。。:2006/11/14(火) 08:36:16.24 O
しゅ

879 :名無し募集中。。。:2006/11/14(火) 08:59:43.52 O
今日は僕たちの高校の文化祭。
僕のクラスも喫茶店を出すことになった。ところが普通じゃつまらないと駄々をこねたのはクラスの人気者の嗣永桃子。
そして普通の喫茶店から『メイド喫茶』に変わってしまったのだ。
「ねぇねぇ。私かわいい?」メイド服を着た桃子はみんなに聞いている。褒められてまんざらでもないようだ。
「ねぇ。私おかしくないかな?」恥ずかしそうに僕の彼女、夏焼雅が聞いてくる。
「ヤバい。すんげぇかわいい」僕がそう言うと
「バカ…あんたもそのカッコにあってるよ」そう言って雅はみんなのところに行く。
ウェイターのカッコが似合うってどうなのかな、そう思いながら準備をする。
予想外にも、僕らのクラスの『メイド喫茶』は大好評となった。
放課後、後夜祭に出るのが面倒で屋上に逃げる。しばらくして
「ここでなにしてんのよ?」声のする方を見ると制服姿の雅が立っていた。
「おいおい。普通はメイド服で立ってて俺を驚かすもんだろ」
「ヤだよ。あんな恥ずかしいカッコ。二度としたくない」膨れて言う雅。
「俺はめちゃめちゃかわいいと思ったけどなぁ」そう言うと
「制服姿の私はかわいくないの?」赤くなって聞いてくる。
「なに着てても雅が一番

880 :名無し募集中。。。:2006/11/14(火) 09:23:51.44 O
メイドのももみやが見てぇ

881 :名無し募集中。。。:2006/11/14(火) 10:31:03.36 O


882 :名無し募集中。。。:2006/11/14(火) 11:36:01.00 O
メイド服の雅ちゃんならわがままもきいてしまいそう

883 :名無し募集中。。。:2006/11/14(火) 12:17:50.07 O


884 :名無し募集中。。。:2006/11/14(火) 13:12:46.31 0
自分は2等陸曹であります。
自分はレンジャー訓練を終え、2週間ぶりにお風呂に入ろうと大浴場に向かっているのであります。
「待ってよぉ、2曹ぉっ!」
清水1尉殿がお風呂セットと1枚の紙を持って自分を追いかけて来られたのであります。
「あんっ!2曹臭いわっ!」
「1尉殿だって結構きついでありますよ。」
「やぁんっ!もうっ!2曹のばかっ!・・・これだからレンジャー訓練ってキライなのっ!」
自分と1尉殿は腕を組んで、匂う体をくっつけながら大浴場まで歩いたのであります。
「1尉殿、自分男湯ですのでまた後程。」
「2曹っ!いいからこっち来てっ!」
大浴場の入り口で別れようとすると1尉殿は自分を女湯に連れこまれ
「清水小隊入浴中!邪魔したら銃殺!」と書かれた紙を入り口に貼られたのであります!
自分と清水1尉殿は汚れた服を脱ぎ捨て、顔と頭をさっさと洗うと、2人でお互いの体の洗いっこをはじめたのであります!
大量の垢と共に体の泡を流すと、自分と清水1尉殿は洗い場に寝転がったのであります。
「2曹・・・おちんちん剥くと真っ白だよ・・・くさっ!」
「1尉殿だってクリの皮のところがくさくさでありますっ!」
お互いの股間の酷い匂いを嗅いで顔を見合わせると、2人同時に洗いはじめたのであります。
「あっ!いっ、1尉殿ぉっ!あんまり強く洗うと出ちゃうでありますぅっ!あっ!」
「あっ!ごめんね・・・んあっ!2曹ぉっ!2曹も気を付けてぇっ!クリちゃん強く擦っちゃいやぁんっ!あっ!」
「いっ、1尉殿ぉっ!中も洗うでありますか?あぁっ!というよりお願いでありますっ!洗わせてくださいぃっ!」
自分はもうたまらず、1尉殿の手を払い除けて、1尉殿に洗い棒を突っ込んだのでありますっ!
「んあっ!あっ!・・・もう2曹ったらぁ・・・いいわっ!洗う前に思いっきり汚しましょっ!あっ!んあぁっ!」
「1尉殿ぉっ!出して落ち着いたらちゃんと洗いますのでっ!あぁっ!でっ、出るぅっ!んあぁっ!」
「あんっ!いっぱい溜めると大きいのが1匹出てくると思ってたのにぃっ!量が増えるだけなんだねっ!んあっ!」

でお願いしたいのであります!
1尉殿の恥かしい垢はこの小瓶で持ち帰らせていただきます!

885 :名無し募集中。。。:2006/11/14(火) 13:27:14.56 O
二曹さんキタ――――!読んでるだけで匂って来そうwww

886 :名無し募集中。。。:2006/11/14(火) 13:55:19.66 O
芳しき2曹クオリティw

887 :名無し募集中。。。:2006/11/14(火) 15:15:14.15 O


888 :名無し募集中。。。:2006/11/14(火) 16:05:54.21 O


889 :名無し募集中。。。:2006/11/14(火) 16:51:17.85 O


890 :名無し募集中。。。:2006/11/14(火) 18:01:59.76 0
:::::::::::::::::::::::::::::..
::::::\:☆ノノハ ヒハホーイ
::::::ミゝ川`・_・リつ
::::::⊂__つノ
シミハムマン巡回中!

891 :名無し募集中。。。:2006/11/14(火) 18:43:25.79 O


892 :名無し募集中。。。:2006/11/14(火) 19:37:27.71 O
ワクテカ

893 :名無し募集中。。。:2006/11/14(火) 20:21:18.25 0
州*‘ -‘リ

894 :名無し募集中。。。:2006/11/14(火) 21:13:14.83 O
>>879
途中で終わってる…
しかしよかった!

895 :名無し募集中。。。:2006/11/14(火) 21:17:14.07 0
女の子は断然、尻です。
尻の立派な娘ほど上等なのです。
というわけで気持ちよさそうな尻をしている茉麻さんを指名します。
前半は茉麻さんの尻肌に頬をスリスリ、ふかふかふわふわすべすべの感触を堪能します。
ちんこはすっかり勃起します。
後半突入の前にしばしの休憩時間。
濃密なディープキスで、ちんこからチロチロ汁が染み出ます。
いよいよ後半フィニッシュです。
おまんこなんかにゃ目もくれず、尻の割れ目をおっ広げて、もうぐっちゃぐちゃに舐めまくります。
肛門がウオノメみたいにポロンと取れちゃいそうなほど。
僕は当然その最中に射精しますが、茉麻さんにぶっかけるなんて無粋なことはいたしません。
紳士的にパンツを濡らして帰るのです。

今朝見た夢に半分脚色を加えたものですが、こんな店なら何度でも行くことを誓います。

896 :名無し募集中。。。:2006/11/14(火) 21:17:51.60 0
茉麻さんの尻の味が忘れられず、またまたご指名です。
まずは尻の割れ目を広げ、皮革をなめすように丁寧に舐めます。
肛門は唾をたっぷり垂らして特に念入りに舐めほぐします。
トイレットペーパーのカスとかがつまっていたらキレイに除去してあげます。
肛門がヒクヒクしだしたら、すぼめた口でぴったり塞いでちゅうちゅう吸います。
肛門のエキスを吸い取るのです。
腸内から色のついた臭い汁がぴゅっと出てきたら、すぐにやめます。
それ以上やったら臓物が危険ですから。
そこまでやったら尻の中はじゅくじゅくにとろけているはずですから、今度は外を攻めます。
僕はこの日のために舌を鍛えてきたのです。
すりがねで擦ったり、辛いものを塗りたくったり、重量物を引っぱったり・・・。
舌先にキュッと力を入れると、鋼鉄のように硬く、ヤスリのようにザラザラした、完璧に好戦的な舌に生まれ変わります。
舐めているというより、削り取っているといったほうが相応しいです。
「どうだい、俺の舌は」
「あはぁっ・・・すごい・・・いいよいいよ〜」
「おまんこも舐めてほしいかい?」
「あぁん・・・舐めて・・・ください・・・」
「いやだね」
「・・・意地悪・・・」
と言われるのは予想してましたが、意地悪してるのではないのですよ。
茉麻が好きだからこそおまんこは舐めないのです。
僕の舌の刺激は中学生のおまんこにはキツすぎるのです。
しばらく痙攣が止まらず、その日は仕事にならなくなっちゃいますから。
でも、僕だけのものになってしまえば問題ないのですね。
「俺とつきあってくれたら舐めてやってもいいけど」
「そんな・・・私はイメクラ嬢である前にアイドルなんです!特定の人とつきあうのはちょっと・・・」
と言いながらも目はギラギラ、口もとは緩んでヨダレがタラタラ。
「想像してごらん。俺のこの舌がクリトリスにチョンと触れて、先っちょでゆっくり円を描くように舐めて、そして・・・ちょっとじらした後・・・一気にペロペロペロペロペロペロペロペロ〜!!!!!」
「キャァーッ!!!!あぁ〜〜んっ!!あうっあうっ!!・・・ぐふ」
あれれ、想像だけでイっちゃいましたよ。気絶してる。
これだから中学生はかわいいのです。

897 :名無し募集中。。。:2006/11/14(火) 22:00:34.74 0
おいおい茉麻ヲタもキャプヲタに負けじとも劣らない変態紳士ぢゃないかwww

898 :名無し募集中。。。:2006/11/14(火) 22:01:19.97 0
:::::::::::::::::::::::::::::.
::::::.\:☆ノノハ クゥ〜ン
::::::.ミゝ从 ’w’)つ
::::::⊂__つノ
マイハマン巡回中!

899 :名無し募集中。。。:2006/11/14(火) 22:31:49.35 O
>>895->>896
新しいパターンだな
勃起した

900 :ふぐりちんこの助:2006/11/14(火) 22:46:12.24 0
都合で明日の夜以降まで新作上げれないんだけど
このスレまだあるかな?
もうすぐ1000だし常連さんや新たな職人さんも増えたようだし
一気にクライマックスなんて寂しいしw

901 :名無し募集中。。。:2006/11/14(火) 22:58:12.26 0
part8が立ってるんじゃないかな

902 :名無し募集中。。。:2006/11/14(火) 23:04:52.70 0
「そんながっかりすんなよ…」
「するよ〜…。せっかく気合入れてたのにぃ…。」
こいつが肩をおとしてがっかりしてるのには訳がある。
”元旦は親戚の家にお邪魔するから”である。
もろくもこいつのおせち計画は失敗に終わり、俺はホッと胸をなでおろしていた。
「いとこん家のおせちで我慢しような?」 (我慢どころか俺は大歓迎だが…)
ポンッ、としょぼくれてる妹の肩に手を添える。
「むぅぅ〜…」
いまだ納得できない表情をみせてふくれている。
「…なんでそんな作りたいんだ??今まで全然作る気なかったろ?」
と、俺が聞くとこいつはチラっと俺を横目で見てはすぐに視線を戻し
「お兄ちゃんに…」
「ん?」
明らかに落ち着きなく言葉を発している妹を不思議に見て
「食べて欲しかったから…」
もはや聞き取れないトーンでボソっと口を動かしている。
「何だよ??聞こえないぞ…?」
問い直そうと妹に耳を近づけると、耳打ちでこういった。
「…栗きんとんのお雑煮食べて欲しかったの」
「…は?」
「みやが考えたんだよ♪」
妹から飛ぶように離れる。
「中止になって正解だな。」
「なんですって〜?」
(栗きんとんの雑煮??)
想像しただけで寒気がしてきた…。 果たしてこいつはほんとにうまいと思ってたのだろうか。
?顔のこいつを見てるとわからなくなってきた…。
おそらくレシピはそれだけにとどまるまい。
呼んでくれてありがとう親戚。 危うく妹に殺されるところだった…。

で、頼むよマスター

903 :名無し募集中。。。:2006/11/14(火) 23:09:59.67 0
なんでだろう?雅ちゃんはこういうのがしっくりくるんだよなw
キャプやまあさじゃこうはいかんしw

904 :名無し募集中。。。:2006/11/14(火) 23:10:02.13 0
>>902
783の続きかな?とにかくGJです!

905 :名無し募集中。。。:2006/11/14(火) 23:17:12.85 0
>>900
保全班にまかせて執筆活動頑張って!

906 :名無し募集中。。。:2006/11/14(火) 23:23:48.39 0
オレは百戦錬磨の競馬の騎手。特に牝馬のレースに強くて平成の河内と呼ばれている。重賞レースともなれば有力馬の陣営から騎乗依頼が引く手あまただ。
ところが先週の女王杯では進路妨害に遭って惨敗、12月に行われる2歳女王を決める牝馬GTで必勝を期しているんだ。
こんなオレのところに3頭の陣営から騎乗依頼が来た。徳永厩舎のノニュノニュシティ、夏焼厩舎のミヤビキラキラ、須藤厩舎のピストンマーチャンだ。
ノニュノニュシティは黒光りする馬体と伸びやかな脚が魅力だがフケ(牝馬特有の発情期)明けで最近イマイチ元気がない。ミヤビキラキラは口向きが悪くハミのかかりが悪い。
最後に残ったピストンマーチャンは雄大な馬格にふっくらとした腹回り、パドックや厩舎周りの引き運動でゆったりと歩く姿は大物感満点。オレは迷わずマーチャンを指名した。
今日も夜が明け切らぬうちから調教開始。ウッドチップコースを駆け上がるマーチャンは迫力満点、絶好調だ。
コースでの調教を終えたら厩舎の裏山で秘密の調教だ。この秘密の調教欲しさに牝馬たちはレースで全力を尽くしてくれるから、オレは牝馬に強いという寸法だ。
マーチャンも既に分かっているのかオレの体に顔を摺り寄せ、顔をペロペロ舐めてきた。
周囲に人がいないのを確かめてオレはズボン下ろし、コース調教で使ったムチをオレの股間に付いた特大極太のムチに持ち替えて調教開始だ。
オレのチンコムチは同じ厩舎の牡馬で最近元気の無いテラダオーにも負けない自慢の一物だ。
オレは鞍上で体をずらし、マーチャンのゴール板目指してムチを振う。後方で脚を溜めていたのだが、マーチャンの息遣いが激しくなりオレも苦しくなってきた。
オレは心の中でつぶやいた。ここでイってはいけません、ゆっくりとゆっくりとイカなければなりません。
第4コーナー回ってオレの後方一気の追い込みにマーチャンがたまらずヒヒーンッと大きないななきを上げ、菊の季節にサクラが満開ーーー!でお願いします。

ヘルメット・ムチ・勝負服はこちらで準備するんで、馬名入りゼッケンをオプションで。
何、ゼッケンが無い?じゃゼッケンの代わりに裸にエプロンで。体位はもちろん騎乗位でお願いします。

907 :名無し募集中。。。:2006/11/14(火) 23:25:11.97 0
保守ばかりじゃつまらないので駄文を承知で書いてみました。
せいぜいご笑覧くださいませ。

908 :名無し募集中。。。:2006/11/14(火) 23:44:56.49 0
四位さん何してはるんですか?

909 :名無し募集中。。。:2006/11/14(火) 23:46:36.28 0
>>907
そうだ!それでいい!












910 :名無し募集中。。。:2006/11/14(火) 23:50:11.66 0
いくかな

911 :名無し募集中。。。:2006/11/15(水) 00:27:24.60 0
::::::::::::::::::::::::::::.
::::::.\:★ノノハ のにゅ?
::::::.ミゝ从*´∇`)つ  
::::::⊂__つノ
::::::\:☆ノノハ エンジョ〜イ 
::::::ミゝ川*^∇^)つ 
::::::⊂__つノ 

とっくまブラックガールズ巡回中!

912 :名無し募集中。。。:2006/11/15(水) 00:28:26.10 0


913 :名無し募集中。。。:2006/11/15(水) 01:03:18.18 0
しゅ!

914 :名無し募集中。。。:2006/11/15(水) 01:03:37.10 0


915 :名無し募集中。。。:2006/11/15(水) 01:06:03.24 O


916 :名無し募集中。。。:2006/11/15(水) 01:51:04.31 0
個人的にまあさでは抜けない
母性を感じてしまうので

917 :名無し募集中。。。:2006/11/15(水) 01:52:39.87 0
>>907
素晴らしい姿勢だ
みんな妄想書き殴っちゃおうぜ
その方が盛り上がる

918 :名無し募集中。。。:2006/11/15(水) 02:13:14.95 0
    ☆ノノハヽ
    从o゚ー゚从<とべ!
    / つノノハ 
   ( 从;’w’)つ<重いよ〜クゥ〜ン
___⊂__つノ________

マイハマン巡回不能!


919 :名無し募集中。。。:2006/11/15(水) 02:15:06.40 0
いいなこれw

920 :名無し募集中。。。:2006/11/15(水) 03:18:43.43 0
    ☆ノノハ クゥ〜ン
     从 ’w’)
    ∬(つ=||||,___
     旦(⌒)\_/
  マイハマン夜食中


921 :名無し募集中。。。:2006/11/15(水) 03:21:16.65 0
ノニュノニュシティ単勝でいこうと思います

922 :名無し募集中。。。:2006/11/15(水) 05:11:11.33 0


923 :名無し募集中。。。:2006/11/15(水) 06:13:01.26 O
マダムまぁぁぁさぁぁぁ

924 :名無し募集中。。。:2006/11/15(水) 07:33:25.16 0
::::::::::::::::::::::::::::.
::::::.\:★ノノハ のにゅ?
::::::.ミゝ从*´∇`)つ  
::::::⊂__つノ
::::::\:☆ノノハ エンジョ〜イ 
::::::ミゝ川*^∇^)つ 
::::::⊂__つノ 

とっくまブラックガールズ巡回中!

925 :名無し募集中。。。:2006/11/15(水) 08:30:21.54 O


926 :名無し募集中。。。:2006/11/15(水) 09:37:05.97 0
徳熊ブラックガールズがあんなところやそんなところの肌の色を比べあうのを
こっそり見守るプレイはできますか

927 :名無し募集中。。。:2006/11/15(水) 10:43:45.22 O


928 :名無し募集中。。。:2006/11/15(水) 11:40:00.76 O


929 :名無し募集中。。。:2006/11/15(水) 11:55:23.16 0
自分は2等陸曹であります。
「1尉殿ぉっ!あっ!・・・いっ、1尉殿ぉっ!」
「やっ!2曹放してぇっ!ねえ待って違うのっ!あっ!いやぁんっ!」
自分が清水1尉殿の部屋を尋ねると、全裸の1尉殿がまんぐり返しで自分を待っていて下さったのでありますっ!
しかし1尉殿が天井に向かって突き上げた部分に自分が喰らいつくと、1尉殿が自分をバシバシ叩いて止めたのであります。
「照れなくてもいいでありますよっ!恥かしがりやさんでありますねっ!1尉殿わっ!
 こんなえっちな格好で待っていて下さるなんて、自分感激でありますっ!1尉殿ぉっ!」
「あぁんっ!だから違うのぉっ!今お風呂上りの柔軟中なのっ!あっ!んあぁっ!」
「なぁんだそうだったのでありますか。じゃあ1尉殿は柔軟続けて下さい。自分は舐めてますからっ!」
「もうっ!2曹のばかっ!あぁんっ!目の前で広げて舐めないでっ!あっ!いやぁんっ!」
まんぐり返った1尉殿に見えるように自分が舐めると、1尉殿は真っ赤になって顔を横に向けられたのであります。
「1尉殿恥かしいでありますか?でもこれからもっと恥かしいとこを舐めるでありますよぉっ!」
「あっ!んあっ!お尻だめぇっ!あっ!クリちゃん剥いたら、あっ!イクぅっ!んあぁっ!」
1尉殿がまんぐり返ったままピクピク痙攣していってしまわれました。
自分は1尉殿のあまりの可愛さにがまんできず、服を脱ぎ捨て挿入しようと身構えたのでありますっ!
あ、あれ?・・・あぁっ!いってると思って油断していたら、1尉殿が今度は自分をちんぐり返されたのでありますっ!
「もうっ!待ってって言ったのに2曹のばかっ!仕返ししちゃうんだからっ!ぁんっ!んっ!・・・」
あぁっ!1尉殿が自分を手でしごきながら交互にタマキンをぉっ!
「いっ、1尉殿ぉっ!許して下さいぃっ!この体勢だと自分、自分に顔射しちゃいますぅっ!あっ!1尉殿ぉっ!」
「2曹問題です。このあと佐紀はどうするでしょう?1.許してえっち。2.アナルドリル舐め。どぉっちだ?」
「1でありますぅ・・・」
「ブッブーっ!正解はドリル舐めでぇすっ!2曹っ!覚悟しなさいっ!」
「あぁっ!1尉殿ぉっ!顔は、顔は止めて下さいぃっ!あっ!でっ、出るぅっ!」


930 :名無し募集中。。。:2006/11/15(水) 11:56:18.90 0

でお願いしたいのであります!
1尉殿の小さな手で手コキ・・・すいませんプレイ前にトイレ貸して欲しいのであります!

931 :名無し募集中。。。:2006/11/15(水) 12:00:27.29 O
ちんぐり返し…(笑)

932 :名無し募集中。。。:2006/11/15(水) 12:09:37.01 0
>顔は、顔は止めて下さいぃっ!

ほんとはうれしいんだろ2曹

933 :名無し募集中。。。:2006/11/15(水) 12:58:13.42 O
仕返し(・∀・)イイ!

934 :名無し募集中。。。:2006/11/15(水) 14:33:42.84 O
正直勃起した

935 :名無し募集中。。。:2006/11/15(水) 14:36:07.28 0
2年生の2学期になったとき、席替えで、徳永千奈美と隣の席になった。

徳永はとにかく元気でうるさい。給食はよく食べる。授業中はよく寝る。だか
ら育つんだろう、背は高いほうで、僕と同じくらいあった。棒みたいに細長く
てまっすぐな手足だけじゃなくて、顔も真っ黒だ。顔立ちはかわいいというか、
まあ感じはいい。いつもニコニコ笑ってるから。

僕は成績がいいほうだ。徳永はよくない。ときどき小声でわかんないことを聞
いてくるけど、英単語も漢字も読めないみたいだ。よほど馬鹿なのかと思った
けど、この間知恵の輪を貸したら、わりと要領よく解いていた。勘が働くほう
なんだろう。僕は徳永のことが少し、いや正直に言えば、かなり気になっていた。

ある日休み時間に徳永と話していたら、「お前ら仲いいなー」と冷やかされた。
ひどく動揺した。図星だったから。容赦なくはやし立てられて、自分の顔が赤
くなるのがわかった。

思わず「冗談じゃないよ、こんな馬鹿のどこがいいんだよ」と言ってしまった。
中間テストが返却されるときに見えた、徳永の点数までしゃべってしまった。
徳永の表情を見るゆとりはなかった。気がつくと、いつも笑ってるはずの徳永
が、仏頂面になっていた。

先生が来て授業が始まった。小声で徳永に謝ったが、「どうせうちは馬鹿です
よ」という返事しか返ってこなかった。泣いてるみたいな声だった。

936 :名無し募集中。。。:2006/11/15(水) 14:39:09.67 0
それから徳永とは話をしなくなった。わかんない答えを聞いてくることも、知
恵の輪に手を伸ばしてくることもなくなった。相変わらず徳永は他のクラスメ
イトとはにぎやかに騒いでいたけど、僕は声をかけられなかった。僕は正面か
ら徳永の顔を見られなかった。3年生になるとクラスも別々になった。

卒業式の数日前、偶然に徳永と自転車置き場で一緒になった。髪が伸びていた。
身長は僕のほうがずっと高くなってたけど、相変わらず手足が長かった。もう
じき卒業するんだ、という気楽さがあったのか、意外と素直に声が出た。「久
しぶり」。「ふふ、そだね」。

徳永は僕に、どこの高校へ行くのか聞いてきた。僕は学区内では一番の学校の
名を答えた。徳永はすごーい、やっぱり頭いーんだ、と言った。徳永はどこの
高校行くの、と聞いたら、言えない、うち馬鹿だもん、と言って照れくさそう
に笑った。こんな笑顔は見たことがなかった。胸が激しく痛んだ。

「徳永、僕あのとき…」。「あー別にいいし」。「…ごめん」。「うん」。会
話が途切れた。どうしようかと思ったけど、このとき言わなきゃ、言うチャン
スはないとわかっていた。「あのとき、ほんとに徳永のこと、す、好きだった
から。だから焦ってあんなこといって、ごめん」。

徳永はじっと僕の顔を見た。僕も徳永の顔を見た。すこしだけ、色が白くなっ
たのにそのとき気がついた。「ありがと。千奈美も好きだった」。「うん」。
「ね、手を出して」。「あ」。徳永は長い手を伸ばして、知恵の輪をくれた。

その日から、徳永には一度も会ってない。


すいませんこのお店初めてなんですが、こんなのでお願いしてもいいでしょうか。


937 :名無し募集中。。。:2006/11/15(水) 15:16:34.16 0
>>935-936
イイヨイイヨー

ラジオかなんかで言ってたクラスの隣の男の子の知恵の輪の話ッスね
なんか切ない

938 :名無し募集中。。。:2006/11/15(水) 15:48:14.96 0
まんぐり返しプレイを終えて清水1尉殿の部屋を出ると、突然背後から女性の声がしたのであります。
「2曹さん、ずいぶんお楽みだったみたいね?」
「うわぁぁぁ、夏焼1尉殿!これは・・・えっと変な事とか・・・じゃなくて、二人でただプレステ・・・」
「うふ。何も言わなくていいのよ、2曹。あなたは悪くないんだから。そう悪いのは・・・」
そう言いながら、ハバネロの・・・もとい鬼の形相の彼女は清水1尉殿の部屋に入っていったのであります。
「(ちょっと、清水1尉!私の彼氏食べたでしょ!)」部屋の中から夏焼1尉殿の怒号が聞こえる。
「(だってね、いいって言ってたじゃん!)」
「(あれはね、ちょっとぐらいならいいよっていう意味で、マンゴー返しとか上級プレイはダメなの!)」
「(マンゴーじゃくてマングリですぅ!どっちかと言うと自分がパイナップルじゃないのさ!)」
「(!!なによ、あんたこそ料理もできない汗だくピスタチオじゃないの!)」
話がズレ始めてるけど、愛する二人の罵り合いに耐えかねて、自分は勇気を出して入室したのであります。
「あ、国語の・・・でなくて2曹ぉ。あんたはどっちが好きなの?佐紀よね?佐紀たんよね?」「あ、あの・・・」
「ほら2曹が困ってるじゃない。清水1尉とは仕事の関係だけで私が好きなのよね?」「え、あの・・・」
「2曹には黙ってたけどね、本当はね、佐紀たんね、今でも処女なの!きゃっ!」
「ほっ、ほんとでありますかっ!自分と何度やっても未だ処女とは!もちろん清水1尉LOVEであります!」
「ねぇ、2曹ぉ〜。みーやはね、本当はね12歳なのよ」「なんとJSですか!夏焼1尉チューさせて下さい!」
そんな言葉の誘惑だけでなく、お二方は裸になって実力行使に出たのであります。
「あぁん2曹、みーやの小さな胸触っていいのよ」「うぅ、小学生並みのペッタンコ、この弾力!芸術です!」
「ほらぁ2曹、佐紀たんの締め付けキツイでしょー?」「くはぁー、この膣の狭さ、さすが処女であります!」
上は小ぶりの胸を恥らう可愛い夏焼1尉殿のペッタンパイズリ、下は運動神経抜群の清水1尉殿の強力吸引。
「極悪1尉コンビ、夢のマッスルドッキング!このままマットに昇天させてつかあさぁ〜〜〜い!!」

という、清水1尉に全て吸い取られても、すぐ夏焼1尉の超絶テクで回復する夢の永久機関でお願いします。

939 :名無し募集中。。。:2006/11/15(水) 16:15:06.06 0
おれのみやびをけがすなぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!

二曹さんイイヨ!イイヨ!

940 :名無し募集中。。。:2006/11/15(水) 17:20:25.98 0
新・妄想日記F〜真夜中のデート〜

「あ〜あ!今日は残業か」
PM4:50 週末のこの時間、社内のほとんどの者が帰り支度を始めている。
携帯のメール着信音が鳴る。同じ会社のひとつ年上の先輩、雅さんだ。
「今夜ご飯食べに行かない?」
俺は泣く泣く残業との返信をするとすぐに、「お仕事じゃしょうがないよね。がんばってね!」
俺と雅が付き合っていることは誰にも言っていない。

PM8:00 同じく残業で残っていた者も全員帰り広いオフィスの中は俺一人だ。

PM8:30 誰かがドアを小さく叩いている。こんな時間誰だろう?
「お疲れ様!」なんと雅が立っている。
「お腹空いたでしょ?お弁当作ってきたの。一緒にたべよ!」
俺はあまりの驚きと嬉しさに顔をゆるませながら応接室のソファーにすわり、弁当をひろげた。
「これ、雅が作ったの?」
「う〜んとねぇ!半分はお母さん、でも玉子焼きとウインナーはあたしがつくったんだよ!」
もう誰が作ろうが関係ない、今一緒にいるということがうれしいんだ!

PM9:20 楽しい時間はあっというまだ。
「それじゃお仕事の邪魔になるから帰るね?」
雅はそう言って立ち上がった。
俺は思わず雅の腕をつかんで引き寄せ抱きしめた。
「・・・どうしたの?」
二人の時間が止まる。



この設定でお願いします。
ええ!抱き合ったままで結構です!


941 :名無し募集中。。。:2006/11/15(水) 17:47:22.84 O
オレもこれから残業だ。しかしこんな展開は200%有り得ない(T_T)ウラヤマシス。

942 :名無し募集中。。。:2006/11/15(水) 17:48:16.27 0
センパイみやびktkr!

943 :名無し募集中。。。:2006/11/15(水) 17:50:03.47 0
社会人みやびちゃんは結構好きだな

944 :名無し募集中。。。:2006/11/15(水) 17:53:15.73 0
俺は10年前一度だけこんな経験がある10年前。・゚・(ノД`)・゚・。

945 :名無し募集中。。。:2006/11/15(水) 17:56:40.64 0
>>938
まさに悪の枢軸www

946 :名無し募集中。。。:2006/11/15(水) 18:47:54.83 0


947 :名無し募集中。。。:2006/11/15(水) 19:19:22.72 0
みやびちゃんみやびちゃん

948 :名無し募集中。。。:2006/11/15(水) 19:43:56.53 O
昨日は茉麻 今日は雅の指名が多いな

949 :名無し募集中。。。:2006/11/15(水) 20:02:38.81 0
ニセモノ2曹がいるな

950 :名無し募集中。。。:2006/11/15(水) 20:47:50.98 0
ニセモノなのか

951 :名無し募集中。。。:2006/11/15(水) 21:22:05.23 0
津波対策
ついに1000いくな

952 :名無し募集中。。。:2006/11/15(水) 21:44:23.51 0
「ただいま〜っ!」
「おかえりなさい!・・・あなた」
「会いたかったよ小学生妻りしゃこちゃ〜ん!仕事中もりしゃこのこと考えてずっと勃起してたんだい!さあやろう!」
「待って!ご飯食べてからじゃないと大変なことになっちゃうよ・・・あ〜!・・・あーあ・・・」
「うげえっ!なんじゃこりゃあああああ!!ちんこが!・・・ちんこがああっ!!」
「納豆です。あなたに食べてもらおうと思っておまんまんの中で醗酵させてたの。栄養満点だよ。はい、あ〜んして」
「あーん・・・んっ!すごい匂い!うまいっ!!」
「でしょ。日課のオナニーもしたからいろんなのが混ざってるよ」
「すごいよりしゃこ!りしゃこは銀河系一の奥さんだよ」
「えへへ。はい、あ〜ん」
「パクパク」
「ん・・・ひゃっ!・・・くはっ・・・あ〜ん、はぁっ、はぁっ・・・何これ!?気持ちいいよぉ〜」
「りしゃこ、それはクリトリスだよ」
「んんっ・・・クリ・・・ハァハァ、クリ・・・トリス・・・ん!?クリトリス!!・・・明日のおいしい夕食は・・・ハァハァ・・・栗と鶏の酢漬けを・・・あぁん、おまんまんで醗酵させるよぉ・・・これで決まりねっ!ああっ・・・」
小学生妻りしゃこちゃんとの団欒の一コマです。

人恋しい季節になってまいりましたのでこういうプレイをお願いいたします。

953 :名無し募集中。。。:2006/11/15(水) 21:45:02.59 0
「愛妻りしゃこ、さあ、寝る前のいつものを・・・」
「むふふふ・・・賢い主婦の布団選び!」
「わっ何だこの布団ふっかふかだ〜」
「えへへ、気持ちいいでしょ」
「気持ちいいけどふかふかすぎてセックスやりにくいなあ。って、え!?茉麻さん!?茉麻さんじゃないか!!」
「こんばんはー。私の上で存分に楽しんでくださいね」
「うわ、足が茉麻さんのおまんこに埋まる!」
ズボズボクチュクチュ
「ああん、いいよぉ・・・」

といった感じの特殊3Pを希望します。

954 :名無し募集中。。。:2006/11/15(水) 21:45:34.70 0
「あなたぁ」
「りしゃこ君、練習中はコーチと呼びたまえ」
「はいっ、コーチ!」
「よし。じゃあ、もう一回飛ぶぞ」
「はいっ、コーチ!」
小学生妻でありトランポリンの選手であるりしゃこと、夫でありトランポリンのコーチである僕は、茉麻布団の上でトランポリンセックスを楽しんでいるのです。
挿入したままぽんぽん飛び跳ねる快感たるや、想像を絶するものです。
「あはぁっ!」
「うあっすごい!入れてるだけで気持ちいい!」
「あんっ!着地の時は体がバラバラになりそう・・・跳ねてる時は・・・はぁん・・・ザーメンの海を泳いでるみたい・・・」
「うっ!出る!出る出る出る出る!・・・ああっ!!」
「すごいね、今日七回目だよ」
「ううん・・・さすがの俺も疲れたよ。今日の練習は終わり!」
「コーチ、お疲れ様。果物でもお召し上がりください」
「おっ、りしゃこ選手は気がきくねぇ。へえ、桃か。いただきます。うわ、すごいジューシー!!・・・んむむ、全身に淫らな力がみなぎるぞ!んむっ、ちんこが・・・ちんこが・・・シュバババババババ!!」
「あ〜あ、かわいそうに。あたしの恥垢を食べちゃった。これであなたもあたしのトリコだね」
「むむっ、何者?」
「あたしは最終兵器桃子。よろしくね」
・・・うわっ何なんだこのエロエロ少女は!でもこいつに手を出したら追加料金が・・・貧乏人の骨身にしみるぜ・・・
そんな僕の葛藤を小悪魔桃子は見透かしているようです。
「うふふ、今日のところはマケといてあげる。さ、いらっしゃい」
「うぉぉぉぉぉ、桃子ぉぉぉ!!」
(うふふふ、明日からゆっくりむしり取ってあげるからね)

955 :名無し募集中。。。:2006/11/15(水) 21:51:35.84 0
脅威のオールラウンダーあらわる

956 :名無し募集中。。。:2006/11/15(水) 21:54:23.21 O
クライマックス直前に大型新人がw

957 :名無し募集中。。。:2006/11/15(水) 22:01:08.79 O
小学生妻って(笑)
次はマダムまーさで、お願いします。

958 :名無し募集中。。。:2006/11/15(水) 22:03:28.82 0
なかなか変態度高いなw

959 :名無し募集中。。。:2006/11/15(水) 22:11:24.88 0
>>935-936
好きだ

960 :名無し募集中。。。:2006/11/15(水) 22:16:08.89 0
桃子の放尿プレーきぼんぬ

961 :名無し募集中。。。:2006/11/15(水) 22:56:05.38 0
新・妄想日記G〜危険な情事〜

「今夜うちに飯喰いにこいよ!」
上司の須藤課長が誘ってくれた。 
その日、得意先廻りを早めに切り上げ課長と一緒に自宅に向かった。
須藤課長にはまあささんという綺麗な奥さんがいる。一度しか会ったことは無いが
また会いたかった。
課長宅に着く。「ただいま!」
するとまあささんが玄関で迎えてくれた。
「あら!〇〇君久しぶり!元気?」俺に向かって微笑んでくれた。
夕食はみんなで食卓を囲んでの鍋だ。
「こんばんわ!」娘のりさこちゃんも顔を出す。こうして楽しい食事が始まった。
まあささんの料理はとてもおいしく、同時に酒も進む。
ふだんあまり飲まないというまあささんも杯を重ねている。
こんな家庭もいいなぁ!
食後、りさこちゃんも部屋に戻り3人で飲んでいた、課長はいつに無く上機嫌で飲んでいたが
突然横になり、いびきをかき始めた。
「最近いつもこうなの!飲んだらそのまま寝ちゃうの!」
そう言ってまあささんは笑った。
まあささんが後片付けをはじめたので、俺も食器を持って台所へ運ぶ。
「あら!いいのよ!ゆっくりしてて!」
洗い物をするまあささんはときおり肩をさすっている。
「肩どうかしたんですか?」 「えっ?あ〜最近こってねぇ〜!」
「じゃあ俺がマッサージしてあげますよ?得意ですから!」俺は何を言ってるのだろう。
俺は半ば強引にまあささんを椅子に座らせると後ろに立ち肩をもんだ。
まあささんの肩はもみながら段々と気分が盛り上がってきた。
酔いの勢いに乗って脇に手をいれ乳房のすぐそばまで指を伸ばした。
一瞬、まあささんの身体が震えるのがわかった。


962 :名無し募集中。。。:2006/11/15(水) 22:56:36.43 0
「ねぇ?変な事考えてない?」にやりと笑うまあささん。
俺は一瞬あせったが正直に「ご、ごめんなさい!つい調子に乗っちゃいました!」
「〇〇君は私みたいな人妻でもOKなんだ?」
「そんな!まあささんだからいいんですよ!」一瞬空気が固まる。
「もう、大きな声ださないで、うちの人起きちゃうでしょ?」
そう言うとまあささんは俺の手を引いて隣の和室に入った。
「静かにね!」まあささんは俺の腰に手をまわすと濃厚なキスをしてきた。
俺も夢中で彼女の唇を吸う。絡めてくる舌触りが心地いい。
手でスカートをまくりあげ下着の中に指を這わせると、そこは溢れんばかりに愛液が滴っている。
「あん〜!あ、あたしひさしぶりなの!あっ!」
まあささんの方は俺の股間をズボンの上からもんでいる。
俺が左手でシャツのボタンをはずすと、大きくそして形のよいおっぱいが現れた。
顔をうずめ舌を這わせると声を漏らす。
「ねぇ!も、もう我慢できない!いれて!お願い!」
俺は下着を下ろし自分のを出すと彼女を四つん這いにして尻を持ち上げた。
ズプっといれると、彼女は自分の下着を口に咥えこみ声を押し殺していた。
「あんっ!あんっ!あんっ!あ〜!もっとかき回してぇ!」
隣で寝ている自分の上司がいつ入ってくるかわからない緊張が欲望をさらに高める。
「まあささん!もうだめ!いくっ!」
「いいよ!だして!」
俺はまあささんの白い尻にどっぷりと精液をたらした。
まあささんはしばらく恍惚の表情をしていたがすぐに身支度を整えると
俺に言った。「またいらっしゃいねっ?」
そして普通のまあささんに戻り台所でまた洗い物を続けた。

上司にばれる恐怖、しかしまあささんの熟れた肉体、
俺はどうしたらいいのだろうか?

これでお願いします。
11月15日(水)PM16:10 薄曇りの都内某所 勤務中のオフィスにて ちんこの助


963 :名無し募集中。。。:2006/11/15(水) 23:01:50.07 0
まあさん大人気w

964 :名無し募集中。。。:2006/11/15(水) 23:31:11.70 0
>>962
ちんこの助さん 待ってたよ!
この作品読んだ所為でまーさの映像・動画を見るとヘンな気持ちになりそうだ


965 :名無し募集中。。。:2006/11/15(水) 23:34:34.92 0
>>964
http://hellogirls.myphotos.cc/files/data/hellogirls22960.jpg

966 :名無し募集中。。。:2006/11/15(水) 23:52:40.58 0
ヘンな気持ちになるくらい いいじゃんか!
よくこんなの探してきたなwww

967 :名無し募集中。。。:2006/11/15(水) 23:53:34.15 0
>>965
ハァ━━━━;´Д`━━━━ン !!

968 :名無し募集中。。。:2006/11/16(木) 00:27:55.43 O
ほしゅ!

969 :名無し募集中。。。:2006/11/16(木) 00:33:58.17 0
僕は走るのです 小さな手を引くのです
きょうがやっと 終わったと思ったら
あしたがもう すぐそこまで来ています
「ねぇ〜 …ここ立ち入り禁止だよぉ?」
言葉のわりに やけに楽しそうな桃子の声が 
僕のすぐうしろから この山に響きます
「うふふっ …こんなコトしていいのかなぁ〜!」
こまかい枝や おもたい夜をかきわけて
1歩踏み出すそのたびに ギュッ、と
桃子が僕の手を 強くにぎってきます
その手もだんだんと 冷たくなってきて
途中で僕は 思わず立ち止まりましたが 
「だいじょぶ!…こうやってぇ… じゃ〜ん!」
桃子はのばしたソデに 自分の手のひらを隠すと
その中に僕の手を グイッと引っぱり込みました
僕らは桃子の あたたかいソデの中で
しっかり手をつないで また山をのぼります
そうやってようやく たどり着いた目的地は
僕の大好きな場所 街を見下ろす電波塔です
「うわぁ…! ねぇ〜、すっごいキレイだよぉ!」
ここからしか見られない 夜の空と僕らの街を
僕と桃子はピッタリと くっついてながめます 
桃子はいつも僕に 「好きだよぉ〜」って
そう言ってくれます でも でも僕は桃子に
好きだ、なんて とても言えそうにないので
「なんかさぁ〜 恋人どうし、って感じするねぇ!」
この景色がそのかわりに なればいいなと思います


でお願いします 放尿

970 :名無し募集中。。。:2006/11/16(木) 00:35:11.38 0
店長、1号店以来の1000目前と聞きまして 微力ながら来店いたしました

>>960
一応最後は放尿にしてみたんですが…あ、ダメ?そりゃそうですよね…

971 :名無し募集中。。。:2006/11/16(木) 00:40:27.15 0
泣いた

あなたがたのおかげで1000いったよ
このスレの功労者だよ
これからもよろしくだよ

972 :名無し募集中。。。:2006/11/16(木) 00:45:57.88 0
>>969
ああああああああああああああああいいなあああああああ!!!!!
これだよこれこれたまらんよいやマジで

973 :名無し募集中。。。:2006/11/16(木) 00:51:42.32 0
新・妄想日記H〜宿敵再び!〜

拙者、ふぐりちんこの助と申す!
この度、おのれの未熟さを思い知ったため再び修行の旅にでることにいたした。
歩いていると背後に気配を感じる!
「そこに隠れているもの!何者だ!」
「さすがね!ちんこの助!」
「貴様は”手コキの佐紀”!」
久々の宿敵との再会に過ぎし日の対決を思い出した。
「ちんこの助!今日こそあんたをいかせてみせるわ!」
「貴様ごときに拙者の”ふぐり丸”は負けぬ!」
しかし佐紀は拙者に素早く足払いをかけ横にしてしまったのである。
佐紀はあらわになった一物をつかむと一心不乱にしごきだした!
「どう?気持ちいいでしょう?ちんこの助?」
「う〜む!腕をあげたな!しかしこれでどうだ!」
素早く体位を入れ替え拙者が上になり佐紀のまんこを舌先でかきまわした!
「あ〜ん!ずるいよぉ〜!ちんこの助ぇ〜!あん!あ〜!いくぅ〜!」
だが佐紀のほうも拙者のちんこから手を離すことなくしごき続けている。
しゅっ!しゅっ!しゅっ!
「うおぉ〜!わしもいくでござるぅ〜!」
同時に昇天したのだ。
「よし!相打ちだな?あともう少ししたら2回戦だ!」


あの店長?時間内は何回イッてもいいんですよね?






974 :名無し募集中。。。:2006/11/16(木) 01:07:22.84 0
今まで「荒らしもカスだけど必死になって反応してるヤツもカスだな」と思ってました
でも
万が一このスレが荒らされた際には全力で死ねとか反応してしまうかもしれない自分

975 :名無し募集中。。。:2006/11/16(木) 01:09:48.90 0
ふぐりありがとうふぐり
おれあなたのファンです

976 :名無し募集中。。。:2006/11/16(木) 02:08:41.07 O
>>969
雰囲気物というか何というかよく分からんけど
とにかく青春の人の書くこれ系の話がすげー好きです

977 :名無し募集中。。。:2006/11/16(木) 03:24:29.92 0
青春!桃子!

978 :名無し募集中。。。:2006/11/16(木) 03:56:59.64 0
青春桃子さんはプロだな

979 :名無し募集中。。。:2006/11/16(木) 04:51:59.31 0
「なんで?どーしてやめんの?」。徳永千奈美が急に質問してきた。

野球部を辞めようかな、と考えていた僕は、いつの間にか独り言でその考えを口に出してい
たらしい。僕は二年生の秋に一応エースナンバーをもらったが、もともと対して熱心なわけ
でも、才能があるわけでもなかった。高等部に進んでも野球を続けたのは、中等部でバッテ
リーを組んでいた須藤に誘われたからにすぎない。須藤のほうは捕手になるために生まれて
きたようなやつだ。しかも須藤とのバッテリーも風前の灯だった。一年生の熊井は、これま
た投手になるために生まれてきたとしか思えない長身と巨大な手と、あふれる才能の持ち主
だった。

「熊井ちゃんにエースを取られそうだから?」。あちゃー。熊井ちゃんだって。イケメンでも
ある熊井はすでに全校のスターで、二年と三年の女子から熊井ちゃん熊井ちゃんと騒がれて
るのは知っていた。でもまさか徳永までとは。「がんばんなよ。いま辞めちゃもったいない
よ?」。「がんばったってなー。才能ないもん」。「才能じゃないよ。努力と自信だよ」。「お前
が言っても説得力ねーよ。お前才能あるじゃん」。長い手足を驚くほど器用に素早く動かす徳
永は、バドミントンで県大会レヴェルの選手だった。いつも笑顔の彼女が才能の有無に悩ん
でいるようには思えなかった。

「違うね。どれだけ負けず嫌いかが勝負の分かれ目だよ。気合だよ気合」。「気合も才能のう
ちだよ」。「よし。それじゃ気合が入るように、千奈美のお守りをあげよう」。「え?なんだこ
の写真?」。徳永がくれたのは、赤ちゃんが左手を突き上げてガッツポーズしてる写真だった。
「これ、強がりな私。生後一ヶ月でもうガッツポーズしてんの。これ見たらぜったい負けち
ゃいけないって気合入るから」。「わけわかんないよ。これこそお前の負けず嫌いは生まれつ
きの才能だって証拠じゃん」。「まあそうだけど気にしないで」。「ってゆーか徳永だって熊井
のファンなんだろ?熊井ちゃんとか言ってさあ。熊井にこの写真あげれば?」。「ちょ、ちょ
っと変なこと言わないでよー」。徳永は地黒の顔を赤らめてどこかに行ってしまった。ひょっ
としてマジで熊井のこと好きなのかよ、と僕は寂しくなった。でも手元には徳永のくれたガ
ッツポーズの写真が残っていた。

980 :名無し募集中。。。:2006/11/16(木) 04:53:13.37 0
けっきょく僕は野球部を辞めなかった。写真のおかげで徳永に借りができたような気がした
からだ。しかし三年生になると、エースナンバーは予想通り熊井の背中に引っ越していった。
須藤と熊井の新しい黄金バッテリーは絶好調だった。それどころか、噂では熊井は徳永と付
き合い始めたらしい。徳永もあれで人気者だから、こちらも黄金カップルだ。熊井はガッツ
ポーズでも出したい気分だろう。僕にはなにもガッツポーズを出すようなことはなかった。

夏の県大会では須藤と熊井の活躍で、僕らは準々決勝に進んだ。でもそこが限界だった。熊
井ちゃんが毎回のように打ち込まれると、応援席からは女の子の悲鳴が絶えなかった。控え
の投手ですらなくなっていた僕は、最終回に代打に出た。最後の夏の、思い出の打席だ。応
援席を埋めていた熊井ちゃんファンの女の子たちはすっかり沈黙していた。応援団の絶叫だ
けがむなしく響いていた。僕は簡単に追い込まれて、思わず打席をはずした。そのときだ。

「がんばれーっ!打てー!」。ものすごい声が応援席から響いてきた。見なくてもわかる。徳
永の声だ。徳永が一人で、誰も期待していない僕の打席に声援を送ってくれていたんだ。「が
んばれー!あきらめるなー!」。僕は深呼吸して打席に入り、次の投球をフルスイングした。
最後の、最高の空振りだった。

夏休みの終わりごろ、街で徳永と熊井がデートしてるのに会った。噂は本当だったんだ。熊
井は先輩の僕にぎこちなく挨拶をした。徳永も、今まで見たことのない恥ずかしそうな笑顔
だった。僕は二人に向けて、大きく、力強くガッツポーズを送った。

その日から、徳永には一回も会っていない。でもあの写真はいまでもずっと僕のポケットに
ある。


すいません、また来ちゃいました。こんなのでお願いしてもいいでしょうか。

981 :名無し募集中。。。:2006/11/16(木) 05:39:39.28 O
ちなこヲタの俺のは涙がとまらない

982 :名無し募集中。。。:2006/11/16(木) 06:45:45.36 0
心が洗われた気分だ
今日一日気持ちよく仕事ができる

983 :名無し募集中。。。:2006/11/16(木) 07:06:51.38 O
店長そろそろ次のお店を立てて下さい

984 :名無し募集中。。。:2006/11/16(木) 08:22:42.05 0
    ☆ノノハヽ
    从o゚ー゚从<とべ!
    / つノノハ 
   ( 从;’w’)つ<重いよ〜クゥ〜ン
___⊂__つノ________


985 :名無し募集中。。。:2006/11/16(木) 10:16:24.87 0
本当に次もあるのだろうか・・
このスレに来ていらいまず最初に開くのがここだ
職人さん応援してます!

986 :名無し募集中。。。:2006/11/16(木) 11:06:57.68 0
妄想徒然草

秋   ふ   け   て

佐   紀   か   雅   か

選   べ   ぬ   夜   に

桃   子   で   流   す

精   子   か   な



           ちんこの助
           

987 :名無し募集中。。。:2006/11/16(木) 11:27:00.81 O
>>979>>980
やはりリア消ですな

こっちはもっと変態チックなほうがいい

内容は好き
才能ありそうだから長編にチャレンジしてもらいたいな


988 :名無し募集中。。。:2006/11/16(木) 11:28:02.30 O
ちんこの助さん…
風流なのに内容は(笑)

989 :名無し募集中。。。:2006/11/16(木) 12:20:44.25 0
>>979,980
俺は好きよ
変態も青春もエロも妄想を書き連ねるのがここだと思っているので・・・

990 :名無し募集中。。。:2006/11/16(木) 13:23:16.22 0
part7のMVPは誰だろう?
まあ青春さん、二曹さんの双璧で確定だろうけどw

991 :名無し募集中。。。:2006/11/16(木) 13:25:52.54 0
>>990
ベテラン勢は鉄壁だしむしろ新人王を誰かにあげたいねw

おや…店内BGMがByeByeまたねになったぞ

992 :名無し募集中。。。:2006/11/16(木) 13:27:52.66 0
あでぃおす
ばいばいちゃっちゃー

993 :名無し募集中。。。:2006/11/16(木) 13:42:50.85 0
まあ青春さん二曹さんは名誉店長ということで
いいんじゃないかなw

994 :名無し募集中。。。:2006/11/16(木) 13:44:33.13 0
そろそろ誰か締めの一作がほしいねw
ベテラン・新人さん関係なくどうぞ!

995 :名無し募集中。。。:2006/11/16(木) 13:49:07.19 0
スレタイどうしよう

996 :名無し募集中。。。:2006/11/16(木) 13:51:05.37 0
じゃあ埋め

997 :名無し募集中。。。:2006/11/16(木) 13:53:03.95 0
从´∇`从<アイスの量? 増えんの?

998 :名無し募集中。。。:2006/11/16(木) 13:53:11.40 0
イメクラBerryz工房 part8
http://ex11.2ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1163652742/

999 :名無し募集中。。。:2006/11/16(木) 13:56:15.93 O
マダム〜
まぁぁぁぁさぁぁぁぁ〜

1000 :名無し募集中。。。:2006/11/16(木) 13:58:31.62 0
1000なら無料優待券おまえらにプレゼント

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

297KB